アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「誰でもストイックに集団競技ができる」という点で「部活」は貴重だ。

投稿日:2018年9月1日 更新日:

■ここ数年、「部活」のイメージは、かなり悪くなってしまった。
長時間の練習が、勉強の妨げになる。
無理のある練習で、健康を害する。
中学生・高校生は好きなことを楽しむべきだ。
部活のような強制的な訓練をさせるべきではない。
どれも頷ける意見だ。

 

■中学、高校時代、私は部活をしていない。
私立の中学・高校で、割と部活が盛んだったにも関わらず。

そして今、それを心から後悔している。
もし中学生か高校生の子供がいれば、ぜひ部活を、それも本気の部活をさせてやりたいと思っている。

 現在の日本で、
 「技術的にそれほど高くない者が」、
 「本気で勝利を目指して」、
 「集団で」、
 「自分のある程度好きなスポーツや文化的な活動に」、
 打ち込むことができる場所が、
 生涯を通じて部活しかないからだ。

 

■もちろん、大人になっても本気でスポーツや芸術に打ち込むことはできる。
一人で楽器を練習することもできるし、物を作ることもできるし、武道に励むことだってできる。
また、ちょっと探せば各種クラブ活動だってあるから、集団競技をすることもできる。

しかし現実には、初心者でも入れるクラブが、本気で勝利や賞を目指して練習するだろうか。
本気で勝利や賞を目指す団体が、初心者を積極的に受け入れているだろうか。
仮にそういった団体が世の中にあるとしても、家の近場にあるだろうか。
競技には10種類から20種類くらいの選択肢があるだろうか。
かなり難しいように思う。

 

■仕事は部活に似ている部分があり、
「集団で」、ある意味「本気で」何かを目指す場合もあるが、
やはり多くの場合、好きでやっているわけではないだろう。

上記の条件、「技術的にそれほど高くない者が」「本気で」「集団で」
「自分のある程度好きなスポーツや芸術に打ち込む」というのを、
すべて満たす場所は、事実上、部活以外にないのである。

 

■本来、こういう機関が存在してもいいはずだ。
中高の部活のように、技術を問わず誰が入ってもいいけど、
本気で勝利や賞を目指して集団活動(スポーツとか音楽とか)を行なうクラブ。
そんな団体があったとしても、別に法律違反になるわけじゃない。
そういうのがあったらいいのになあ、と思う。

しかし、多くの中学校や高校には(大学にも)、部活動が、頼まなくても存在してくれている。

 

■前述のとおり、私は中高時代、クラブ活動をしていない。
だから「本気で」「集団で」何かに打ち込むという経験がない。
(そして、上記の部活イメージも実はあいまいである)

周りをみるとどうだろう。
多くの人にとって、部活経験は代えがたい思い出になっているように見える。
そこでできた仲間が、一生の友になっている人もいるだろう。
それはやはり、ややストイックに勝利を目指したからだ。

だからこそ、部活は多くの青春フィクションの舞台になってきたのだ。

 

■今、私は思う。
部活に入り、半ば強制的に鍛えてもらいしかった。
強制的に戦わせてほしかった。
強制的に上位を目指させてほしかった。
ついでに言えば先輩に服従したりしたかった。

こういう経験は、私にはおそらくもう一生できないのだ。

せめて子供には、厳しい部活経験をさせてやりたい。
そこで、仲間と一緒に毎日練習し、勝利を目指してほしい。
そう強く願っている。

もし日本から部活がなくなってしまったら…。

私は子供たちから、「ストイックになる機会」を奪わないでほしいと願っている。

-所感

執筆者:

関連記事

no image

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

■なんでも「の秋」をつけるとそれっぽくなるが、実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、秋が一番やりやすい。(「食慾」だけは分からん。春も夏も冬も「食慾の」、である) そしてスポーツも。 競技にもよるけ …

僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。

■最近、ニュース報道を視ないようにしている。 以前から、TVのニュース番組は視ていなかったのだが、「Yahoo!」オフィス版のトップペイヂは見ていたし、また、NHKのデイタ放送からニュースを視ていた。 …

人はなぜ文章のように文章を書くのか

■講演でも、演説でも、プレゼンテーションでもいい。自分が一人で誰かに向かってしゃべっているところを思い浮かべてほしい。 あなたは自分のおしゃべりに、矢印で注意書きや補足を付け加えたり、他の文へのリンク …

日本人にミドルネイムを!

■「センゴク」という、戦国時代を描いた漫画がある。いろいろと素晴らしい漫画なのだが、なかでも素晴らしいのは、既に多くの人が指摘している通り、「苗字-通称/官職名-諱(いみな)」表記を徹底したところだろ …

no image

今の将棋界には胡散臭さが足りない。

■「日本の伝統文化」として、華道や茶道、書道、あるいは落語や歌舞伎や能、相撲なんかと一緒に、「将棋」が扱われることがある。 前から思っていたのだが、この中だけ将棋だけ、ちょっと異質なのだ。 ■例えば、 …