アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

現代日本には大臣が多すぎる。普通の閣僚は”卿”を名乗れい。

投稿日:2018年10月9日 更新日:

■律令制下、大臣の定員は二名だった。
よく聞く、”左大臣”と”右大臣”という、あれである。
臨時職として”太政大臣”、”内大臣”、”准大臣”もあったが、多くても合計数名だ。
彼ら”大臣”は、(天皇以外には、)上に誰もいない、
政事の長、集団指導体制の一角だったのだ。

企業なら”役員”と言ったところだろうか。

■明治憲法下で、”大臣”は、現代と同じく、省のトップも兼ねることになった。
しかし、各大臣は”それぞれ別々に”、天皇を補佐する、という仕組みになっており、
各大臣は同格という扱いである。
内閣総理大臣はあくまで同格の中の首席という位置づけで、
各大臣の上司だったわけではない。
大臣の数も増えたが、10名前後だった。
やはりこの時代も、”大臣”は、(天皇以外には)上には誰もいない、
政事の長、集団指導体制の一角だったと言えよう。

企業で言うならさしずめ、”各部門の担当役員”あたりか。

■そして戦後憲法も明治憲法を引き継ぎ、”大臣”は省のトップである。
一方で、内閣総理大臣は明確に国務大臣の上司と定められている。

こうなると、もう、上には誰もいない、
政事の長、集団指導体制の一角、という感じではないし、
大臣の数も増えに増え20人近くになった。

企業で言うなら、
“役員待遇ではない部長”あたりではないだろうか。

現在では、”大臣”すら、
行政機構の中間管理職の一人なのだ。

■「末は博士か大臣か」
というのは明治初期の言葉だが、
当時の”大臣”というのは、昔でいう太政大臣、
今なら総理大臣一人のことであり、
だからこそ”大臣”は神童の目標たりえた。

この言葉は戦後まで残ったが、
今や完全に死後になっている。

そりゃそうだ。

今だって総理大臣になりたい子供はたまにいよう。
しかし、今も昔も、
「内閣府特命○☆#担当大臣」
になりたい子供なんていないんである。

(ついでにいうと、
戦後すぐまでの”博士”というのは
“学研まんがひみつシリーズ”に出てくるような
白髭白衣の偉い人だったのだと思われるし、
“大学教授”ともなれば”物凄く尊敬すべき大学者”というイメージだった。
が、博士ももはや高学歴貧困の代名詞のようになっており、
神童が目指すものではなくなっているし、
教授ですらだいぶ怪しい。
今では”末は医者かCEO”あたりを目指すはずだ)

■これ、私としては結構異和感がある。

やはり本来、”大臣”というのは、
「アラジン」で言うジェファー、
「カリオストロの城」で言うカリオストロ伯爵、
「ドラゴンクエストV」で言うグランバニアの大臣
のような、政治を一手に握る存在であるべきなのだ。
(例に挙げたのは悪い奴ばっかりだが…)

現在の大臣は彼らとは違う、
行政機構の中間管理職なのだが、
今なお、”大臣”という響きには魔力が残っている。

この勘違いが、日本政治の混乱の原因になっているのではあるまいか。

■さて、現在の”大臣”のうち、
律令基準で”大臣”と言えるのは
三権の長の一人・
内閣総理大臣だけであろう。

律令時代や明治初期にも”省”があり、
現在の大臣にあたる、”省のトップ”の肩書は、”卿”だった。
(大蔵卿とか)

ということで、ここに、
国務大臣は”卿”、
副大臣は”大輔”、
事務次官は”少輔”
とするデノミ政策を実行し、”大臣”のインフレ抑制を行うことを、
私は全国に提唱しておきたい。
(政務官は権大輔か)

-所感

執筆者:

関連記事

“平成7年”の前後、子供の世界にもあった、ちょっと不連続な変化について。

■すべての時代区分は、こじつけである。 社会全体として時代がいつ変わったなどというのはデータ等で証拠を示すことはできないし、結局は人それぞれ、見方によって変わる。 また、あるときを境に、時代にくっきり …

学問研究は、スポーツを見習って商業化せよ。

■前々回、前回と、 「現在、公共事業として税金で行われている学術研究(自然も社会も人文も)の大部分を”民営化”して、研究者たちが自分たちでスポンサーを募ったり、事業を収益化した …

no image

データベースの標準表示件数、少ないのは何とかならんのか。

■コンピューターについて全く知らないのに恐縮なのだが…。 インターネットを視ていると、、データベースのレコードの中から何かを一覧表示する機能がよくある。文字、数字等のみの場合も、サムネイル画像が表示さ …

「自作」・「自演」の勧め。自己肯定感を高めるために、「やった自分」を作れ。

■「自己肯定感」という言葉が、昨今、ちょっとした流行語になっている。 いわく、「自分をかけがえのない存在だと思う感情」ということで、この「自己肯定感」を高めるための方策として、「ありのままの自分を受け …

「超難関大学の授業は難しすぎて天才しかついていけない」説はガセ。

■時折、ウェブなどで、 「超難関大学ではその大学に合格するような人しか絶対に理解できないような難解な講義が行われており、普通の人はついていくこともできない」 というような言説を読むことがある。 さらに …