アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

原発事故の、誰も覚えていない、どうでもいいこと。

投稿日:2018年10月11日 更新日:

■平成23年3月12日15時半過ぎ。
前日の東北地方太平洋沖地震にともなう津波以降、
コントロール困難な状況にあった、福島第一原子力発電所1号機が、爆発した。
この時の緊迫感・恐怖感は、当時日本にいた人ならご記憶だろう。

その爆発を受け、17:00頃に予定されていた、
原子力安全・保安院の記者会見は急遽延期。
殺気立つ報道陣に対応していたのは、25歳くらいの男性だった。

彼はもともと記者会見で答える役ではない。
記者会見の司会として、質問者を指名する程度の役目だったはずだ。

少し、日焼けしていたような記憶がある。
「イケメン」と呼ばれるようなルックスだったはずだ。

 

■声の音程を1オクターブ高くし、
ものすごく早口になりながら、彼は会見の延期を告げる。
当然のことながら、会見場で待機していた記者から矢継ぎ早に質問が出る。

司会(ものすごく早口で)
「会見を予定していたんですがすみません
とりあえず今回の会見ちょっと延期させてください
情報をちゃんと集約してきますんで、もうしばらくお待ちくださいすみません」

記者「爆発に関しての情報収集?」

司会(ものすごく早口で)
「もちろんもちろんそのことです
大事なことですんで今官邸と調整しております」

記者「爆発はあったということでいいんですか」

司会(ものすごく早口で)
「はいそれはもう映像で流れていますんで
すみませんそれ以上の情報はなくてですね、
申し訳ないです」

そしてここで、視聴者が、国民が、
最も注目している質問が出るのだった。

記者「あの…、非常に深刻な状況ということでしょうか。」

 

■日焼けの若者は答える。

「もちろん絵的、ビジュアル的にもそうですし、
ちょっと状況がよくわからないのでそこの原因とかをですね
色々調べてまた来ますので」

以下、この男性に対して質問と応答が続くのだが…。

 

「絵的、ビジュアル的にも」-。

この時の、あたかも日本滅亡かというような事態とアンバランスな、
「ビジュアル的」という俗っぽい言葉で、

「前々日まで日常を謳歌していたチャラ男エリートが、
突如世界の終末に直面する」

という場面を見たようで、私は覚えているのだ。

-所感

執筆者:

関連記事

“平成7年”の前後、子供の世界にもあった、ちょっと不連続な変化について。

■すべての時代区分は、こじつけである。 社会全体として時代がいつ変わったなどというのはデータ等で証拠を示すことはできないし、結局は人それぞれ、見方によって変わる。 また、あるときを境に、時代にくっきり …

「にでもエリート」という不幸。

■かつて、「でもしか教師」という言葉があった。「教師に”でも”なるか」「教師に”しか”なれない」と言って教師になる人のことだ。教師が狭き門となって、かつ …

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …

「会社の文書」は公的機関が保存しては?

■私企業(会社とか)には いろんな文書があり、 その一部は法律によって 一定期間の保存が義務付けられている。 http://www.haradakaikei.net/document/contents …

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …