アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦

ガスパゴス携帯はじめました。

投稿日:2019年3月4日 更新日:

■三か月も前の話になるが、
二年間使っていたスマートフォウンをやめ、
フィーチャフォウン(ガラパゴス携帯)に戻した。
(厳密にはOSはアンドロイド系列で、
「4G」と表示されているので
ガラパゴス携帯ではないと思うのだが、
よく分からない)

京セラ製の「DIGNOケータイ2」
という機体である。
https://www.softbank.jp/mobile/products/keitai/digno-keitai2/

 

■この「DIGNOケータイ2」にも
もちろんメイル、キヤメラ、ウエブブラウザ、地図があり、
「ユーチューブ」もそのブラウザで一応視られる。

スマートフォウンが
(「便利」「楽しい」、ではなく、)
「必要な」場面といえば
「外で緊急の調べものをする」
ときだけど、これはこの機体でも問題なく果たせる。

 

■また、私もすでに
「ライン」というアプリケイションソフトウエアが
必要になっていたが、
この「DIGNOケータイ2」では
「ライン」も問題なく使える。

まあ私の場合、
その「ライン」ですら、
これを書いている三月三日時点で
最後にメッセイヂのやりとりが一月二八日だから、
ほとんど意味はないのだが…。

 

■この「DIGNOケータイ2」では、
他のアプリケイションソフトウエアは
導入できないのだが、
万事そんな調子で、
テクノロヂイや流行、コミュニケイションに
非常に弱い私は、
特に困るということがない。

唯一の欠点は、
キヤメラの画質が良くないことくらいだろうか。

 

■「機能が少ない」
「使いづらい」
というのは大事な機能だ。

人間、使える物があるとつい使ってしまうし、
見られるものはつい見てしまう。

これも使い古された言葉が、
自分にとって大事な時間か、
やはり考える必要があろう。

この手の話にも先達はいくらでもいる。
https://biz-journal.jp/2015/05/post_9970.html
https://medium.com/teppeinomori/d76b99c12c5

「じゃあ(私が今使っている、)
ラップトップコムピュータを使った時間は
無駄じゃないのか?」
という話にはなるのだが。

 

■そしてこれは
ほんとは教えたくないのだが、
ガラケーの最大の利点を挙げたい。

飲み会でガラケーはもてるんである。
それも老若男女から-。

乾杯から四〇分くらいして、
座が盛り上がったところで
若い店員が来る。
その店員に
「ねえ写真撮ってよ」
と言って、ポケットからガラケーを出した時、
あなたはもうヒーローだ。

これは断言してしまってよいのだが、
「おまえガラケーかよ!」
「懐かしー!」
「おい店員さんガラケーなんて見たことねえって顔してるぞ!!」
と、必ずなる
そしてうまくいけば五分くらいの間、
話題は「ガラケー時代の想い出」だ

いや、だからどうということはないのだが。
それに飲み会なんて滅多にないのだが…。

というわけで、
うまく根拠は示せなかったのだが、
私は、ガラケー導入を皆さまにも
強くお勧めしておきたい。


(実家で撮ったもの。
左から二番目の青いのが私の。
これが2019年の日本人の持ち物かよ…)

平成三一年三月四日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com

-作戦

執筆者:

関連記事

ExcelでSmartArtを使わずに組織図や分類表を作る。

■Excelで組織図や分類図を作る方法と言えばスマートアートを使ったり、セルを結合したりする方法が一般的だ。 ■が、下記のようにセル結合も、SmartArtも使わず、普通に一セルの中に一要素を書き込ん …

首掛けストラップでメモ帳とペンをくっつける。

■「メモ帳を持ち歩く」というのは、ぜひ身に着けたい習慣だ。 どんな状況でも、必要なことがあれば書き留める。これが優秀な仕事人の嗜みだろう。 だから私は常にメモ帳を持ち歩いている。 ペンを忘れて-。 ■ …

no image

またやりたいぜ被験者バイト。

■突然だが、私は学生が長期に渡っていわゆる「アルバイト」をすることに否定的である。 若い時にはもっとすべきこと、した方がよいことがたくさんある。(広い意味での「勉強」だ) もし、「ある学生が長期に渡っ …

no image

関西の貧乏学生はフェリーで上海行っとけ。

■大学生活の六年目、 二〇一〇(平成二十二)年の夏、船でひとり、上海に行った。 神戸から出ている「新鑑真号」に乗り、三泊四日だったかで、帰りは大阪への「蘇州号」に乗ったのだ。(これだと往復割引がなくて …

no image

かつて変人と呼ばれたかった男が語る、本当の変人像。

■世の中には、「変人と呼ばれたい」という願望を、心に秘めている若者がいる。 私も昔そうだった、と言えるかもしれない。 私は確かに「自称変人」みたいな、痛いところがあり、しかも実際喋り方とか仕草とかは、 …