アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

GAB(言語)はちっとも論理的じゃない。

投稿日:2019年6月14日 更新日:

■採用適正試験のひとつに、GAB(言語)がある。

三、四行の短い「本文」があり、
あとに、「設問」がついている。
その「設問」が、「本文」の内容と合致するかどうかを判断する、
というものだ。

昭和六十三年からあるようで、
本文が明らかにバブル頃に書かれた文章だったりするので、
もしかしたらその頃から変わっていないのかもしれない。

 

■例えばこんな問題になろうか。

(もっと良い例がいくらでもある
https://jyosiki.com/spi/tama_tyobun.html)

本文
「明日は運動会で、
天気予報によると、降水確率10%だ」

設問
「明日は運動会が開催され、晴れの予報である」

 

■この、
「明日は運動会が開催され、晴れの予報である」
が、本文の内容と照らし合わせて、
次のAからCのうちの
どれに当てはまるかを判断するわけだ。

A : 本文の内容から明らかに正しい、
または正しい内容が含まれている


B : 本文の内容から明らかに間違っている、
または間違った内容が含まれている


C : 本文の内容からは、
正しいか間違っているか判断できない

 

■…いや、いや、いや、
ちょっと待て、この選択肢はおかしくね?

「もれなくダブりなく」じゃない。
(こういうのをカシコ用語で「MECE」と言う)

「または正しい内容が含まれている」と
「または間違った内容が含まれている」が、
選択肢として並列に存在するのは変
じゃないか?

「正しい内容が含まれていて、
かつ間違った内容が含まれている」
についての物の判断がつかないからだ。
(その「判断がつかない」は、「C」とも異なる)

そもそも「A」の
「または正しい内容が含まれている」
があるのが、
選択肢としておかしい
どんな間違いのある文だって、
ひとつ正しい内容が含まれていれば、
「正しい内容が含まれている」のだ。

(少なくとも分かりにくく、
人によって判断に差が生まれてしまう悪問だとは思う)

 

■私はGAB(言語)「のような」試験は、
社会生活に最も必要な力である、
「読解力」を鍛える、良い課題になりうると考えている。

ベストセラーになった、新井紀子の
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」
の最終的な主張は、
「これからの教育で最も重要なのは、
“一に読解、二に読解”
ということだった。
(特にAIが単純な判断はできるようになる、
将来には、読解力がより重要になる。
しかしその読解力が、
今の多くの子供には決定的に欠けている、と-。)

「世界の名作文学はほとんど読んだ」
と豪語し、文学や文学者に関する著書が多い、
比較文学者の小谷野敦もまた、
文学作品を国語の教科書に使うのは反対で、
論理的で明晰な文章を読ませ、書くことを教えるべきだ」
としている。(「忘れられたベストセラー作家」)

だから(この「だから」は論理的ではありませんが)、
GAB(言語)「のような」物こそ
初等教育から訓練していくべきであろう。

しかし、現状の「GAB(言語)」は本当に適切だろうか。

試験は、出来る限り、
穴のないように作るべきである。

「GAB(言語)」、
ちょっと考え直した方がいいんじゃないの?

 

令和元年六月十四日
明瀬祐介(あかせゆうすけ)
acsusk@gmail.com

-所感

執筆者:

関連記事

学校の主要教科は全部検定試験でよい。

■前々回くらいから長々と、 「中学入試や大学入試の、“範囲を絞った上での難問奇問・スピード勝負・ノーミス狙い”での競争ってまじで意味ねえよな」 「そもそも効率考えるなら中高行か …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …

no image

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、大学生のときは少しやっていた。 さらに一〇年以上前の「グランディア」、「ドラゴンクエストV」、「サクラ大戦」。 当時のゲイムは発売から一〇年たっても二〇年た …

「愚公移山」と「半日村」。

■「愚公移山」(「愚公、山を移す」)と言う故事は、毛沢東に引用されたという歴史的経緯から、すっかり使いづらくなってしまった。 ■ある山あいの村で、一人の老人が、村を興すために山を動かそうとする。別の老 …

高校理科は大学で同じ科目やる人には二度手間だ。

■大学で落第を繰り返してきた私が大学の理科について発言しても「ぷぷぷっ」と笑われてしまうのだが、蛮勇を振るって書こう。 高校理科って、大学で同じ科目やる人には、「二度手間の一回目」の部分が強くて、著し …