アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

色彩を持たない多崎つくると私。

投稿日:2019年6月20日 更新日:


■今まで読んだ村上春樹の小説で、
一番美しいのは、
「スプートニクの恋人」だと思う。
一番面白かったのは、「1Q84」だ。

そして、一番読みたくなかったのが、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
である。

他の作品は小説として楽しんだけれど、
「多崎」だけはどうしようもなく
読むのが苦しかった。

 

■(文藝春秋のサイトより)

多崎つくるは鉄道の駅をつくるのが仕事。
名古屋での高校時代、
四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、
大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに–。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、
新しい年上の恋人・沙羅に促され、
あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167905033

 

■この小説はきっと、
何か特別なことが描きたかったのではないのだ。

半分くらいの人の若者時代に一度くらいある、
「青春期の別れ」を描いたのだと思う。

時に、親しかった人との喧嘩別れがある、ということ-。

高校時代、大学時代、それ以降の時代と、
親しい人は自然と交替していく、ということ-。

彼らは出会った時代によって、
友人になる人のタイプも、自分との関係も、
ちょっとずつ違う、ということ-。

「仕事」のある「大人」というのは、
「青春」のように楽しいわけではないけれど、
また別の魅力があったりする、ということ-。

「多崎」は、
きっと、そんな当たり前のことを
描いていたのだ。

 

■私にも、多崎つくるほど劇的ではないけれど、
若者時代にちょっとした別れをしたことがある。
客観的にはおそらく平凡な物だ。

しかし、その別れから、
一年たっても、二年たっても、
そのことばかりを考えていたような気がする。
この時期の私は、主観的には
小説序盤の多崎だった。

しかし、一〇年もたつと、
こんな風に淡々と回想できるようになる。

若者は「今」を絶対のように感じる。
だから、「別れ」がとてもつらい。
それはとても美しいことだけれど、
大人になると、「当時の”今”」は、相対化され、
なんでもなくなってしまう。

 

■しかし、それでもなお、
不意に再体験させられるとき。
思い出してしまう。
あのときに自分がひとりで感じていた、
絶望や、後悔や、哀しみが、
心にかえってきてしまう。

だから、「多崎」は私にとって、
今でもきつい。

令和元年六月二〇日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com

 

(あんまり関係ないけど付け足し)
■以下は中川淳一郎の記事。
https://president.jp/articles/-/23291
タイトルや内容は下品だが、
主旨には大いに賛同したい。

「”友人”は、実は大したものじゃない」

これ自体にはおそらく、
ある程度の年齢になれば
誰もが同意するところだろう。
しかし子供や若者には気づきづらく、
だから彼らは「友人」に悩む。
そして、どういうわけか大人も
あまり堂々とは教えない。

この大事なことを、
目立つところで目立つように唱えている、
数少ない著名人の一人が中川だ。
これは結構、見る人が見たときに
勇気づけられる文章だと思うし、
ぜひとも多くの若者に読んでもらいたい。

しかし、
「でも、そうは言ってもなあ…」
というのも部分は残る。
大人になっても、それは残る。

それが、
「多崎つくる」
なのだ。

-

執筆者:

関連記事

竹中平蔵「平成の教訓」への疑問。

■竹中平蔵「平成の教訓」を読んだので、 https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-84204-2 以下に内容と感想を書く。 (以下、人 …

落合博満が「決断=実行」で伝える、「見ないで分かるか」。

■何を隠そう、落合博満信者だ。 現役時代には間に合わなかったが、 書物やウェブでその実績やエピソードの類を読んでは心酔してきたし、 監督時代はドラゴンズの結果に一喜一憂した。 (試合も観に行こうと思っ …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …

「愚公移山」と「半日村」。

■「愚公移山」(「愚公、山を移す」)と言う故事は、毛沢東に引用されたという歴史的経緯から、すっかり使いづらくなってしまった。 ■ある山あいの村で、一人の老人が、村を興すために山を動かそうとする。別の老 …

名棋士兼名文家の鬱闘病記「うつ病九段」。

■先崎学は、比較的広く名が知られている将棋棋士の一人だ。 棋士としての実績は、現在を切り取っても、棋歴全体を通じても、 まあ中ぐらいといったところだろうか。 (もちろん、「棋士の中で」の話である) そ …