アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦

ダメ男が、「失点しない」髪型。

投稿日:2019年6月23日 更新日:


■今だから言うが、
実は、大学時代、
「ちょっとおしゃれな人」
を目指していた。
大学生というのはそういうものだ。

しかし、当時の私を知る人で
「明瀬はおしゃれだった」
と思っている人は皆無で、
むしろ、ほぼ全員から
「めちゃだっせー(藁)」
と思われていたので、
私の試みは完全に失敗していた、
と言ってよかろう。

■これはまあ、
元々の容姿や性格のせいが大きいのだが、
やはりやり方も間違っていた。

例えば、髪型に関していうと、
月一回、五〇〇〇円くらいの
美容院に行って、
髪も割りと長めにしてもらっていた。
最終的には
「さらっと流れるセミロング」
になろう、と。

美容師の腕は確かなもので、
たしかにカット直後は
私でもそれなりに素敵な髪型にしてもらえる。

しかし、ああいうのはやはり、
毎日のセットを前提にするものなのだ。
が、そう言われてもやり方が分からない私は、
結局、ほぼセットなしで過ごした。

結果、二週間後には、
伸びて清潔感のないぼさぼさ頭になり、
あとの二週間を、ぼさぼさ頭で過ごす、
ということになってしまう。

これでは何をしているのか分からない。

■これは、
私にセンスがなかった上に、
慢性的な金欠だったせいもあった。
もちろんセンスでカヴァすることはできようが
オシャレの成果は、
やはりある程度、かけたお金に比例するのだ。
(例えば二週間に一度、
美容院に行くのであれば、
何の問題もない)

それに、何をするにしても
まめな手入れが重要だ。

美容師が作ったのは、
セットを前提とする「かっこいい髪型」で、
セットをしなければ、
そりゃただのぼさぼさ頭である。

■もっと根本的な原因もあったように思う。

こういう私のようなタイプの人間は、
「かっこいい」
「おしゃれ」
「もてそう」
とかではなく、

まず、
「失点をしない」
ことを目指すべき
だったのだ。

というわけで今回は、私のように、
ずぼらで、
金欠で、
かつセンスもない、
男性が、
「外見で失点をしない」
ための、
髪型についての提言である。

結論は単純だ。
とりあえず、常に髪短くしておきましょうよ」-。

これは、
すでに知っている人には自明かもしれない。
もしも大学生時代の私のような人がいれば、
参考にされたい。

■本当のところはどうか分からないが、
「男性は髪が長いほうがもてる」
という説は、ある程度真実だろう。

ヴェリイショートヘアの男性アイドルも、
いないわけではないが、やや希少だ。
二次元キヤラクターにも、
長い髪が多い。
歌舞伎町のホストだって、
たいてい長くて、色も金銀だ。

一番もてる男たちが選んでいる髪型が、
セミロングヘア以上の長い髪なのだから、
やはり、長い髪が一番もてるのだと思う。

■だからこそ、
かつての私は長い髪を目指したわけである。

が、それは罠だった。

長い髪が悪いわけではない。
あれは、
まめで、
センスがあり、
ある程度お金もかけられる、
と言う人が、
「得点を目指す」時の戦術としては極めて有効である。

しかし我々のように、
「ずぼらで、
貧乏で、
センスがない人が、」
「失点をしない」

ことを目指すとき、
選択肢は、「短髪」に限定される

「髪は、長ければ長いほど
“得点”の可能性を増やし、

短ければ短いほど
“失点”の可能性を減らす」
と無理やり一般化してもいいくらいだ。
(坊主は特異点)

「短髪もかっこいいよ」
というのを示すため、
以下に例を(中年以上だが)二人ほど挙げておく。
(もちろん彼らは、
私のようにズボラでも貧乏でもセンス無しでもない)

■アップルを創設した頃の
スティーヴジョブズ
セミロングの七三分けだったが、
晩年は、丸坊主に近い髪型になった。
病気治療のためもあるのかもしれないし、
禅からの影響もあるのかもしれない。

時代による流行の変化にもよるが、
よく似合っていて、
かっこよかったと思う。

■NPBドラゴンズ元監督の落合博満も坊主頭で、
TVではやや怖めの、渋い風格を出している。

が、実は、監督就任時の落合は、
天然パーマネントウェイヴの髪を、
ある程度長め(五cm以上)にしていて、
「田舎の普通のおじさん」
と言う感じだった。
(落合が坊主にしたのは
平成十九年に優勝を逃した時だ)

もし落合が
「ウェイヴでちょっと長め」
のままであったら、
今のキヤラクターはなかっただろう。

(ついでに言うとあの薄茶っぽい眼鏡も怖い)

■今の私も相変わらず貧乏なので、
できれば一〇〇〇円、
できるだけ一五〇〇円以下のカットを使っている。
ただし、回数は二週間に一回だ。

繰り返しになるが、
「失点をしない」ためには、
こまめに散髪してしまうことなのだ。

それでも値段は美容院の半分以下で、
これくらいなら何とか払える。

■頼む髪型も、一種類に固定してしまった。

私の場合は、
「外側刈り上げで、
てっぺんは短くする、
丸いソフトモヒカンみたいな感じで。
てっぺんはたくさん漉いてください」
だが、これ自体はどうでもいい。
選ぶべき髪型自体は、
顔や好みによって変わる。

ここで伝えたいのは、
「一種類固定だと”失点”しづらい」
ということだ。

私の場合、
周りの眼はどうなのか分からないが、
少なくとも以前よりはましだと思う。

■さて、なぜこれに気づいたのかと言うと、
おしゃれ美容院で、
たまたまこれに切ってもらったからである。

というわけで、私のように、
「金欠で、
ずぼらで、
センスがなくて、
どんな髪型がいいのか分からない」
と言う人は、一度だけおしゃれな美容院に行って、
「とにかく短くしてください!」
と頼んで切ってもらい、
帰り際に、その髪型の
「名前」
「次からの頼み方」
を聞き、それを覚えておく、

というのがよいかもしれない。

(ちなみに美容院は、
かなり強く頼まないと
本当の「短髪」にはしてくれない傾向がある)

令和元年六月二十三日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com

補足
■ちなみに現代では
「若いアスィスタント美容師の練習のため、
無料で髪を切ってもらえる
マッチングサーヴィスのアプリケイション」
というのもあるそうなので、
それを使うのもいいかもしれない。

-作戦

執筆者:

関連記事

我々の周囲は、想像以上にすごい人で溢れてる。

■割と近い知り合いに、いわゆる「絶対音感」を持っている人がいる。 ただし、単音のみで、和音ではできないらしい。(全くできないのか、少しはできるのかは不明) ピアノを叩いても、缶からを叩いても、「ソ」と …

no image

無敵の通信制大学、弱点もある。

■前回は、 「大学に通学し、講義を受けることで失ってしまう時間と費用を考えれば通信制大学が圧倒的に得だ」 「若者は通信制大学を選んで、その替わりに得た時間で他の活動を一生懸命するべきだ」 ということを …

僕に「ライヴ体験」は要らない。

■大学時代、 TVで有名な俳優が出演する舞台演劇を、 何作か観に行った。 あるいは誰もが知っている名画(絵)が、 一堂に会する展覧会、なんてのがあると、 決まって足を運んだ。 「生で見ると、感動するか …

no image

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …