アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

友情無期限時代。別れなくなった若者たち。

投稿日:2018年6月28日 更新日:

■Facebookの登場以降、いや、その前のmixi登場から、
あるいは携帯電話の普及からか、
若者が「友人と別れる機会」が少なくなったように思う。

かつて、学校を卒業すれば、
その学校での友人とほとんど連絡を取らなくなっていた。

今、私たちは、学校を卒業しても、友人と別れてはいない。
Facebookで、Twitterで、instagramで、毎日小さな同窓会を開くようになったのだ。

いつの時代だって若者は、自分はいつまでも若いと思いがちだし、
かなり先までずっと同じような日が続くと思う。
しかし、かつての若者は数年に一度、卒業によって別れていた。
学校で作られる友情は、期限の決められたものだったのだ。

 

■「自分は必ず死ぬ」という危機感を持ってこそ、
人は限られた時間のなかでどうにかして充実を得ようとし、
結果として人生は充実する。

FacebookやTwitter、instagramは、青春から別れをなくし、
青春の友情から期限をなくした。
そのことで、自分の人生や青春の有限性も、
少し感じにくくなってしまったような気がする。

-所感

執筆者:

関連記事

no image

理科教育って理科好きの子供の興味と違うよな。

■多くの子どもは、理科が好きである。 恐竜とか、野生動物とか、宇宙とか、ロボットとか、子どもにはたまらない。 ■昔から思っていたのは、「理科教育」がどうもちょっとこれと違う、ということだ。 ぼくは子供 …

no image

「柔道家」という、すばらしくもずるい言葉。

■昔、「炎の体育会TV」というTV番組で、「古賀稔彦と役者や芸人が柔道を行ない、一分間一本を取られなければ、挑戦者の勝ち」というような企画があった。(詳細忘れた) 畳の中であれば、鬼ごっこのように逃げ …

no image

スポーツの「過去の映像」を視る術が意外とない。

■ 世の中に、 結構需要がありそうなのに、あんまり供給がないなあ、と思うのが、スポーツの「過去の映像」だ。 ■もちろん、あることはある。 大会の直後に総集編のDVDが販売されたりする。たまに「週刊百科 …

no image

自分の中高を「インスタ」とすれば、大学は「2ch」だった。

■ぼくの中学高校が「東京に近い」「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」だったため、異様にハイソサイエティ志向で、安全で快適で閉鎖的なリア充空間を作っていて、今考えるとすごく気持ち悪い場所だっ …

no image

問題は税率でも税額でもなく、納税と徴税のコストだ。

■消費税に関しては0%から30%まで、いろんな意見があるのだが、0%でも3%でも5%でも8%でも10%でも、20%でも30%でも、とにかく「軽減税率」は導入後、速やかな廃止が望まれる。 軽減税率に対応 …