アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

透明冷蔵庫が世界を救う。

投稿日:2019年6月29日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


■もちろんメイカーの方は、
とっくの昔にこんなことは
考えていると思うのだが、
普通の家庭用の
「透明な冷蔵庫」
というのは、やはり無理なのだろうか。

業務用は「ショーケース」と言う名で
普通に売られているし、
店などでよく見かける。

また、家庭用でもごく小型のものはあるが、
中型以上のものはないようだ。


■私が思う、冷蔵庫の最大の難は
「中身がどこにあるのか”見えない”」
点にある。

もちろん、
「見ようとすれば”見える”」。
しかし、
「見ようとすれば見える」は、
「見えない」(「自然に見えない」)
うちに入るのだ。

これが原因で
私のパンが、ご飯が、焼き鳥が、
ヨーグルトが、アイスが、肉まんが、
黴と細菌の餌食になってしまった。
(いや、原因は冷蔵庫じゃなくておまえだろ)

■冷蔵庫に限らず、
いろんな収納の問題は
「容器が透明であれば」
半分は解決する、と私は勝手に思っている。

常に見える状態にあれば、
「きれいしなきゃ」
という気持ちになり、
自然と整理整頓が
ある程度進むのだ(私は例外)。

組織とかだってそうでしょう?

■もちろん、冷蔵庫の構造的な問題もあろう。

通常の冷蔵庫はドアーにポケットがあるので、
業務用ショウケイスのようにはならない。

が、ドアーのポケット、というのは、
なくてもなんとかなるかも、
という気もしないでもない。
(そもそもポケットによって
使える容積が上がっているわけではない)

■もちろん、来客に冷蔵庫の中身を
見られるのがいやだ、
という人もいるだろう。

でも、そんなにお客さんきます?
俺は家に客が来たことがない。

それに、仮に来たとしても
別に毒物や覚醒剤が入っているわけでもなく、
冷蔵庫の中身を見られても
いっこうにかまわない、
と言う人も多いと思う。

だいたい布かなにかで
カヴァできるようにすればよいではないか。

■というわけで
一消費者の勝手なお願いになるのだが、
万が一これを読んでいる
奇特な電気メイカーの方がいらっしゃれば、
「透明な家庭用中型冷蔵庫」
を、ぜひ検討していただきたい。

それと内部がターンテイブル
(回転テイブル)
になっていて、
回すことができる家庭用冷蔵庫
(使える容積が狭いけど)とか、
複数の方向から開けられる冷蔵庫
というのもあれば…。

お願いします。

(http://gadgetm.jp/I0000333
これはすごい仕組みだと思うが、
「近づいたときに見える」
んじゃダメなんである。
「常に見えてないと」!)

令和元年六月二十九日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com

-所感

執筆者:

関連記事

二度と会わない人がいるということ。

■人生には、二度と会えない人、会わない人というのがいる。 死んだ人ではない。また、別れた恋人でもない。また、仲たがいした人もいるが、必ずしも仲が悪くなった人だけではない。 同じ場所にいて、毎日のように …

no image

なぜ料理は絵画や音楽と比べて芸術扱いされないのか。

■ 「聴覚を中心にした芸術」として、音楽がある。「視覚を中心にした芸術」は、いろいろあるが、代表的には絵画だろう。 そして、「味覚芸術」があるとすれば、言うまでもなく料理である。 そして、「嗅覚芸術」 …

「育ったウェブプラットフォーム」が、「世代」を分ける。

■先日、「私たち一九八五年前後生まれの世代は若い時代にSNSがなかったのもあって“若者の流行”を作り出せなかった」ということを述べた。 一九八五年前後生まれって結局「若者の流行 …

僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。

■最近、ニュース報道を視ないようにしている。 以前から、TVのニュース番組は視ていなかったのだが、「Yahoo!」オフィス版のトップペイヂは見ていたし、また、NHKのデイタ放送からニュースを視ていた。 …

あえて、「学術研究に税金を使うな」と言ってみる。

■せんだって、科研費についての記事で、統制経済・「一九四〇年体制」のことについて考えた。 「科研費」という戦時体制の遺物。 ■ところで、この「一九四〇年体制」という言葉を作った野口悠紀雄は、計画経済的 …