アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

透明冷蔵庫が世界を救う。

投稿日:2019年6月29日 更新日:


■もちろんメイカーの方は、
とっくの昔にこんなことは
考えていると思うのだが、
普通の家庭用の
「透明な冷蔵庫」
というのは、やはり無理なのだろうか。

業務用は「ショーケース」と言う名で
普通に売られているし、
店などでよく見かける。

また、家庭用でもごく小型のものはあるが、
中型以上のものはないようだ。


■私が思う、冷蔵庫の最大の難は
「中身がどこにあるのか”見えない”」
点にある。

もちろん、
「見ようとすれば”見える”」。
しかし、
「見ようとすれば見える」は、
「見えない」(「自然に見えない」)
うちに入るのだ。

これが原因で
私のパンが、ご飯が、焼き鳥が、
ヨーグルトが、アイスが、肉まんが、
黴と細菌の餌食になってしまった。
(いや、原因は冷蔵庫じゃなくておまえだろ)

■冷蔵庫に限らず、
いろんな収納の問題は
「容器が透明であれば」
半分は解決する、と私は勝手に思っている。

常に見える状態にあれば、
「きれいしなきゃ」
という気持ちになり、
自然と整理整頓が
ある程度進むのだ(私は例外)。

組織とかだってそうでしょう?

■もちろん、冷蔵庫の構造的な問題もあろう。

通常の冷蔵庫はドアーにポケットがあるので、
業務用ショウケイスのようにはならない。

が、ドアーのポケット、というのは、
なくてもなんとかなるかも、
という気もしないでもない。
(そもそもポケットによって
使える容積が上がっているわけではない)

■もちろん、来客に冷蔵庫の中身を
見られるのがいやだ、
という人もいるだろう。

でも、そんなにお客さんきます?
俺は家に客が来たことがない。

それに、仮に来たとしても
別に毒物や覚醒剤が入っているわけでもなく、
冷蔵庫の中身を見られても
いっこうにかまわない、
と言う人も多いと思う。

だいたい布かなにかで
カヴァできるようにすればよいではないか。

■というわけで
一消費者の勝手なお願いになるのだが、
万が一これを読んでいる
奇特な電気メイカーの方がいらっしゃれば、
「透明な家庭用中型冷蔵庫」
を、ぜひ検討していただきたい。

それと内部がターンテイブル
(回転テイブル)
になっていて、
回すことができる家庭用冷蔵庫
(使える容積が狭いけど)とか、
複数の方向から開けられる冷蔵庫
というのもあれば…。

お願いします。

(http://gadgetm.jp/I0000333
これはすごい仕組みだと思うが、
「近づいたときに見える」
んじゃダメなんである。
「常に見えてないと」!)

令和元年六月二十九日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com

-所感

執筆者:

関連記事

no image

なぜヒゲオヤジやのび助は和服を着ているのか。

■「鉄腕アトム」が再版される際、手塚治虫は、各エピソウドの冒頭に、作者自身がその作品のポイントを語る場面を追加した。 その中「赤いネコ」の冒頭では、「けっ、未来だってのになんであっしは畳にちゃぶ台で、 …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …

no image

「女子大生」亡国ではないけど論。

■すでに誰か言っているだろうし、すでに定着した言葉について「おかしい」というのはおかしいのだが、共学に通う「女子大生」という言葉は改めて変だ。 「大生」(だいせい)と言う言葉はなく、「女子大」という言 …

no image

もしも学校がなくなれば、日本に「コミュニティ」はゼロになる。

■ここ最近、ぼくはいろいろでたらめなことを書いてきた。 「学校の座学の勉強は、集団で一斉に授業を受けるよりも、個別に勉強をした方が遥かに効率がよい。 だから、(小中高校、それに大学の教養科目と専門基礎 …

no image

九〇年代後半、なんか異様に暗い時代があったよな?

■これはなかなか理解してもらえないし、「世相」などというものを説得的に判定することはできないのだが、「一九九〇年代後半、異様に暗い時代があった」といったら、同意してもらえる人はどれだけいるだろうか。 …