アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

身辺雑記

将棋依存症だった頃。

投稿日:2019年7月4日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■実は、将棋依存症だった時代がある。

期間としては、断続的に、数年間だろうか。

やっていたのはPCでのインターネット将棋、
「将棋倶楽部24」と「81道場」だ。

昨日は
「一日三、四時間」
と書いたが、後述するように、
よく考えるとそんなものではなかった。

「24」での対局数は一万局を超えた
(と思うが、精確な数字は不明。
五千は超えていた)。

■(今考えると幸いなことに、)
仕事には毎日行けていた。
当時は早番で、
七時に出勤し、
一六時に帰っていた。

そのあとPCをつけ、遅いときには
深夜二時くらいまで指していたのだ。
食事も将棋を指しながら摂っていたし、
シャワーはたまに入らない日もあった。
将棋を指しながら
TVをつけていたりしていたこともあったが
(内容が頭に入ってはいない)、
合計一日一〇時間弱ではあるまいか。

「やめたい」
と思ってもやめられない

まあ依存症と言ってよかろう。

(ちなみに昨日も書いたが、
この期間、棋力は
ほんの少ししか伸びなかった)

■こういうときはやはり、
「アカウント削除」
「アプリケイション削除」

が、割と効果的である。
もちろん削除して、
もう一度作成・インストール
してしまうことはあるのだが、
少なくともバリアにはなりうる。

が「将棋倶楽部24」は、
アカウントが削除できない。
(代わりにアカウントが
携帯電話番号と紐づいており、
再作成は難しい)

最終的には、パスワードを
自分でも分からないものに

してしまうことで、
二度とアクセスできなくなった。

将棋に限らず、
何か、同様の症状でお困りの方は
参考にしていただきたい。

(自分の場合は、
「5ch」の適当な掲示板の、
適当なスレッドの、
適当な書き込みのIDを
パスワードにしてしまった。

今ならパスワード生成ツールを使うと、
より手早く、確実に、
「自分でも分からないパスワード」
が作れよう。
http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php)

私がやっていたのはPCで、
ウェブブラウザでの将棋だが、
もしかすると
スマートフォウンの
将棋アプリケイションだと、
もっと大変かもしれない。

■これらの行動は
効果的ではあるが、穴はある。
実際、「81道場」では、
何度もアカウントの
削除と再作成を繰り返した。

結局どうしてやめられたのか分からない。

一つは忙しくなったりしたこともあって、
「たまたまやらなかったから」
だろう。

これは書籍などでも読んだことがあるが、
依存症というのは、
「やらない期間があると、やらなくなる」
というのは本当らしい。

■今なお、私は
将棋自体を嫌いにはなっていない。
将棋の本も家にある。
最近盤駒で指す機会はないが、
またやりたいな、
と思っている。

ただインターネット将棋は別だ。
あれは
もう二度と本格的にはやらない
と心に決めている。
それほど中毒性があり、
膨大な時間を浪費し、
しかもそれでいて憤りがたまるばかり、
という代物なのだ。

■しかし、
だいぶ時間を無駄にしたけれど、
お金がかからなかっただけ、
ギャムブルや課金制ゲイムよりは
ましだった、とは言えよう。
(だから、
ギャムブルや課金制ゲイムの
依存に苦しむ方は、
もしかすると良い効果が
あるかもしれない)

今はそれくらいしか
自分を慰めようがない。

令和元年七月四日
明瀬祐介(あかせゆうすけ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-身辺雑記

執筆者:

関連記事

どうも私は頭がずいぶん悪いらしい。

■昨日のSSL化の件で我ながら再認識したし、私をご存知の方やこのブログを読んでいる方はおおかた分かると思うのだが、さて、どうも私はずいぶん頭が悪いらしい。 ■例えばルービックキューブだ。私はマニュアル …

no image

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

■就職活動のとき、営業職を志望していた私は、面接でこんな質問をされた。 「あなたの、自分が営業職に一番向いていると思うところはどこですか」 それほど間を入れず、私は答えたのだった。 「……人を好きにな …

「風越登山マラソン」に出ました。

■今日、「風越登山マラソン」に出場した。 https://www.city.iida.lg.jp/site/sports/tozan.html 最長・最難関の「白山社コース」は距離一二・四km、標高差 …

no image

二〇〇七年のミルグラム作戦。

■ぼくの通っていた大学では、春、入学式の前に三日間、新入生の健康診断があり、その健康診断から帰る新入生を目当てに各クラブ・サークルが引き込みを狙う新勧イヴェントがあった。 イヴェント運営側のスタッフは …

no image

明日から東京へ。

明日から関東方面へ行く。この帽子をかぶって山手線に乗っている人がいたら、たぶん僕である。 令和元年九月十三日明瀬祐介(アカセ)acsusk@gmail.comhttps://twitter.com/a …