アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「ウィキペディア」の既婚女優の「本名」はおかしい。

投稿日:2019年7月7日 更新日:

■「Wikipedia」は
「ネット上の匿名の多数」だから、
私が文句を言っても意味はない、
というのは承知の上で-。

■「既婚の女性有名人」について、

「本名は、岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓:宮﨑)」
https://ja.wikipedia.org/?curid=2758762

「本名 五十嵐 彩(旧姓:上戸)」
https://ja.wikipedia.org/?curid=2813714

「本名 市村 涼子(旧姓:篠原)」
https://ja.wikipedia.org/?curid=2722014

などと書いてあるのは、
なんか「夫の姓になった」
ことを示す根拠でもあるのか


(以下、令和元年七月に見つけた物)
https://ja.wikipedia.org/?curid=1995849
https://ja.wikipedia.org/?curid=1047122
https://ja.wikipedia.org/?curid=2733121
https://ja.wikipedia.org/?curid=2831141

■そりゃあ割合や、
その他諸々の事情を考えたりすると、
「その可能性が高い」
くらいは言えるかもしれない。

あるいは業界の人や近所の人、
旧知の人などは、
もちろん知っているだろう。
もしかしたら私の知らない
情報源があるのかもしれない。

が、「ウィキペディア」の
ルールから言えば、
それも含めて「要出典」で、
つまりソースを示すべきではないか?

女優の○○××は
△△□□と結婚したから
本名△△××

と認識して、
それを少しも疑いもせず書く、
という感覚は、
普通の社会常識から言っても
かなりおかしい
と思う。

令和元年七月七日
明瀬祐介(あかせゆうすけ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

(参考)
https://ja.wikipedia.org/?curid=606188
https://ja.wikipedia.org/?curid=1096964
「本名を表記することの有無」
自体については議論されている。
それはそれでいいとして、
それとは別に、
「結婚した女性の”本名”を
無条件に夫の姓とし、そう書く」
というちょっと異常な風習は
何とかせんのか。

(参考2)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57657
こういう問題もあるが、
こういうのとはまた別に、
特に「進歩的」「PC的」でなく、
むしろ時代錯誤と言われることの多い
私にとってさえ、
「結婚後の女性は夫の姓になる。
だからウィキペディアにそれを書く」
という感覚は変だ。

(補足)
ちなみに「東出杏」「渡部希」「山里優」は
ソースを載せているのでまあ…。
(「堺美穂」も
紙媒体の出典がある)
(「書く必要あるん?」
というのは措いておくとして)
https://ja.wikipedia.org/?curid=2825916
https://ja.wikipedia.org/?curid=2711605
https://ja.wikipedia.org/?curid=1409515
https://ja.wikipedia.org/?curid=2825942

ちなみに吹石一恵は
「本名 吹石 一恵(出生名)」
となっており、まあ分かる。
https://ja.wikipedia.org/?curid=2727711

(補足)
「じゃあお前が編集し直せばいいじゃん」
という声があるかもしれない。
いや、それはそれとして、
まず「本名」を書くやつがおかしいし、
こう書かかれたものを
誰も疑問を呈さない風習・風土は
変でしょう。
私はそれがいいたいのだ。

-所感

執筆者:

関連記事

小中高の理科難しすぎない?

■先日、ゆとり教育がどうとかの話で、非常に知識偏重、ペイパーテスト重視の持論を述べた。 学校とか全部単位制・通信制でいいんだよ! 上に何となく書いた通り、例えば私は数学に関しては可能な限り多くの国民が …

no image

保険の義務化が日本を救う。

■せんだって「保険加入の義務化」によって、資本主義のメリットを維持しながら各主体を緊急時の致命的金銭負担から守ることができるのではないか、という趣旨のことを書いた。 前回は「自治体の災害対応保険加入の …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

「ひとりで野球の守備練習」できる施設がほしい。

■以前から思っていたのだが、大人のアマチュアのための、「野球(ソフトボール)のノックを打ってくれる商売」「ひとりで野球(ソフトボール)の守備練習ができる場所」というのは、結構需要があるのではないだろう …

GAB(言語)はちっとも論理的じゃない。

■採用適正試験のひとつに、GAB(言語)がある。 三、四行の短い「本文」があり、あとに、「設問」がついている。その「設問」が、「本文」の内容と合致するかどうかを判断する、というものだ。 昭和六十三年か …