アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感

学校は部活だけやってくれればいい。

投稿日:2019年7月12日 更新日:

■前々回・前回と、
「教育における、
“縛りプレイ”で厳しい競争するのって
まじで意味ねえよな」
ということを長々と語ってきた。
https://acsusk.com/20190710-1-yutori/
https://acsusk.com/20190711-1-sansuu/

もし今の私明瀬祐介が
かつての小学五年生の明瀬祐介に
仮に「勉強だけ」を指導するのであれば、
次のように言うと思う。

中学受験も高校受験も要らない。
十七歳までは引きこもって、
大検(高認)を受けて大学に入れ。

「私立中学・私立高校にいったけど、
まじでまじでまじで金の無駄遣いだった」

この、
“中学高校行かないで大検”が、
時間効率も金銭効率も最高だから」と-。

もちろん大学にも本当はあまり意味はない。
もちろん「大学の勉強」には意味がある。
けれど、座学は本当は独学でできる。
(「実習」だけは大学でやる意味がある)
しかし社会でどうしても
大卒資格が必要・有利になる
場合は多いからしかたがない。


■しかし、
「そんなのつまらない」
「社会性をつけるのが難しそう」
と、人は言うだろう。

「学校は勉強だけ教えてくれるところじゃないよ」と-。

私もそう思う。
同世代の人と交流し、会話し、遊ぶ。
これも大切な時間である。


■そして私は、
実はこうも思っている。

中学高校時代、部活やってりゃよかったな

何せ私は中高を通して部活というものを
ちゃんとやっていないもので、
部活への憧れがそりゃもうすごいのだ。

(参考記事
「誰でもストイックに集団競技ができる」という点で「部活」は貴重だ。
https://acsusk.com/20180901-4/)

野球!サッカー!ラグビー!柔道!
吹奏楽!美術!囲碁将棋!
剣道!陸上!卓球!バレー!
バスケ!水泳!室内楽!

ほとばしる汗!
放課後の永遠!
燃える友情!
青春の瞬き!

嗚呼、部活!
やりたかったよなあ-。


■つまり結論から言うと、
理想の中学高校生活は次のようになる。

「昼間授業さぼってひとりで勉強するから、
夕方部活させてくれよ!」

「だいたい学校は勉強なんかじゃなくて
部活だけやらせてくれりゃいいんだよ!」


■これは私個人ではなく、
社会の要請としてもそうである。

座学は個人でもできる。
むしろ集団でやるよりも、
個人でやった方が効率が良い。
人それぞれ習熟スピードに差があるからだ。

一方で学校に課せられたもうひとつの目的である、
「集団生活」や
「コミュニケイション」 といったこと、
つまり「社会化」は集団でないとできない。


■たまにTVなどで
「学校の授業が終わった後、 夜の一〇時まで塾」とか
「学校の授業が終わった後、 習い事が週六回」とか
「学校の授業が終わった後、 毎日部活の練習」
といった家庭や学校が
批判的に紹介されることがあるが
これらは基本的には間違っていない

むしろ「学校の授業」がある方がおかしいのだ。


■もちろん公的に
このような制度にするとすると、
いろいろ課題がある。

教育格差があまりに
広がるのはよくないから、
「部活」の部分も、
「一人で勉強」 の部分も、
ともにサポートがあるべきだ。


■ところで、先ほどの提言には、
ひとつだけ訂正がある。

(温暖化によってだいぶ事情が
変わってきてはいるが、)
「外出して人が集まる」
ようなことは基本的に昼にやるものだ。
一方で、勉強なんかは一人でできるのだから
必ずしも昼間にやる必要はない。

だから前言撤回。

「夜一人で勉強するから
昼間部活やらせてくれよ!」

「学校は勉強なんかじゃなくて
部活だけやらせてくれりゃいいんだよ!」

令和元年七月十二日
明瀬祐介(あかせゆうすけ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(七月十三日記述)
学校とか全部単位制・通信制でいいんだよ!
https://acsusk.com/20190713-1-gakkou/

-作戦, 所感

執筆者:

関連記事

no image

不良と体育会系と全共闘と。

■前回、「日本最後の精神的コミュニティである学校を最後に、日本から、“その構成員から強い愛着を持たれるようなコミュニティ”はなくなる」というようなことを書いた。 文章は最後、「 …

「普通の大学」の「体育会系」にいた人たち。

■世の中で「体育会系」という言葉は、 決して良くない意味で使われる。 要は「単純莫迦」であろう。 「気合」や「根性」で何でもできると信じており、 酒、もっとひどいのになると拳で解決する、 時代遅れのマ …

俺たちはなぜVHSに惹かれるのか。

■かつて、「VHS」という物があった。 単行本くらいの大きさで、中に黒い磁気テープが入っている。 これをレコーダーに入れると、TVを九〇分くらい録画することができる。(画質を落とせば、三倍で録画するこ …

「首相」や「社長」は各組織に一人でいいのか。

■ふと思ったのだけれども、現在当たり前になっている、「社長が一人しかいない会社」や、「首相が一人しかいない国」という組織形態は、実は結構危険なのではないだろうか。   ■まず、緊急時、トップが倒れたり …

沼にハマってみたかった。

■幼少の頃から、 クラスで一二を争う運動音痴だった。 脚も遅かったし、力もなかったが、 特に球技が大の苦手で、 例えば野球の守備なんぞ、 フライが飛べば後ろにそらし、 ゴロが来れば股をくぐらす。 サッ …