アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

ケネディとニクソン、どちらがTVを分かっていたか。

投稿日:2019年7月16日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■一九六〇年の、
ジョンFケネディとリチャードニクソンのTV討論会は
「見映えがよいケネディが、
冴えないニクソンに勝った」
ということのみ有名である。

こう結論づけられることもある。
「ケネディにはTVの力が分かっていたが、
野暮ったいニクソンには分からなかった」


■このとき議論されていたのは、
「アメリカはソヴィエトに対して優勢に戦っているか」
だった。
与党のニクソンはこれを肯定し、
野党のケネディはこれを否定する立場だ。

討論会で、ニクソンは言う。
「あきらかにアメリカはソヴィエトよりも豊かである。
アメリカ国民には、よりTVが普及している。」
それにケネディが返す。
「しかし、TVの台数はミサイルの数ほど重要ではない。
ミサイルの数において劣っていれば何にもならない」
「自分はTVなどよりも宇宙開発を重視する」-。

-そこで口ごもったニクソンは、大統領選に負けた。

当選したケネディは、実際に宇宙開発を重視し、
人間を月に送ることを宣言する。
それらの功績によって、宇宙センターの名前にもなった。


■三十年後、ソヴィエトはなくなり、
アメリカは冷戦に勝利した。

さて、アメリカが勝利したのは、
ミサイルをたくさん持っていたからだろうか、
人類を月に送ったからだろうか。

もちろんそういう軍事的な要因もあろう。
しかし、かりに月に着陸したのがソヴィエトであっても、
アメリカは冷戦に完全に勝利しただろう。

アメリカの最大の勝因は、
TVだったのだ。


■TVをはじめとする民生品を、
多くの国民に、大量に供給する力。

その豊かさを、外国に伝える、メディアの力。

そして、映画や音楽、衣装など、
娯楽、情報、流行を発信し、
アメリカへの憧れを作る、
ポップカルチュアの力だった。

冷戦において、
TVはミサイルや宇宙開発以上に重要だったのだ。

宇宙開発に代表される重工業に
メディア産業が取って代わり、
ハードウェア以上に、
ソフトウェアやコンテンツが圧倒的な力を持つ時代が、
もうそこまで来ていたのだ。


■ケネディはTVの重要性を認識し、
それを活用することでニクソンに勝ったが、
ニクソンはケネディよりも、
さらに正しく TVの重要性を認識していた、
と言えるかもしれない。

令和元年七月十六日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

日大アメリカンフットボール部内田正人・井上奨を擁護する。

■平成30年(2018年)5月6日の大学アメリカンフットボール、日本大学-関西学院大学戦の事件については、一時期、マスメディア、ウェブ上でさんざんに批判がなされていた。   ■特に問題となっているのは …

「首相」や「社長」は各組織に一人でいいのか。

■ふと思ったのだけれども、現在当たり前になっている、「社長が一人しかいない会社」や、「首相が一人しかいない国」という組織形態は、実は結構危険なのではないだろうか。   ■まず、緊急時、トップが倒れたり …

no image

ぼくらの宇宙完全大百科。

■藤子・F・不二雄の原作「ドラえもん」の最後期の道具に、「宇宙完全大百科」がある。 宇宙の星ひとつがデータ格納庫になっており、宇宙のあらゆる情報が秘められているという。ドラえもんたちは辞書かラップトッ …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …