アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

ケネディとニクソン、どちらがTVを分かっていたか。

投稿日:2019年7月16日 更新日:

■一九六〇年の、
ジョンFケネディとリチャードニクソンのTV討論会は
「見映えがよいケネディが、
冴えないニクソンに勝った」
ということのみ有名である。

こう結論づけられることもある。
「ケネディにはTVの力が分かっていたが、
野暮ったいニクソンには分からなかった」


■このとき議論されていたのは、
「アメリカはソヴィエトに対して優勢に戦っているか」
だった。
与党のニクソンはこれを肯定し、
野党のケネディはこれを否定する立場だ。

討論会で、ニクソンは言う。
「あきらかにアメリカはソヴィエトよりも豊かである。
アメリカ国民には、よりTVが普及している。」
それにケネディが返す。
「しかし、TVの台数はミサイルの数ほど重要ではない。
ミサイルの数において劣っていれば何にもならない」
「自分はTVなどよりも宇宙開発を重視する」-。

-そこで口ごもったニクソンは、大統領選に負けた。

当選したケネディは、実際に宇宙開発を重視し、
人間を月に送ることを宣言する。
それらの功績によって、宇宙センターの名前にもなった。


■三十年後、ソヴィエトはなくなり、
アメリカは冷戦に勝利した。

さて、アメリカが勝利したのは、
ミサイルをたくさん持っていたからだろうか、
人類を月に送ったからだろうか。

もちろんそういう軍事的な要因もあろう。
しかし、かりに月に着陸したのがソヴィエトであっても、
アメリカは冷戦に完全に勝利しただろう。

アメリカの最大の勝因は、
TVだったのだ。


■TVをはじめとする民生品を、
多くの国民に、大量に供給する力。

その豊かさを、外国に伝える、メディアの力。

そして、映画や音楽、衣装など、
娯楽、情報、流行を発信し、
アメリカへの憧れを作る、
ポップカルチュアの力だった。

冷戦において、
TVはミサイルや宇宙開発以上に重要だったのだ。

宇宙開発に代表される重工業に
メディア産業が取って代わり、
ハードウェア以上に、
ソフトウェアやコンテンツが圧倒的な力を持つ時代が、
もうそこまで来ていたのだ。


■ケネディはTVの重要性を認識し、
それを活用することでニクソンに勝ったが、
ニクソンはケネディよりも、
さらに正しく TVの重要性を認識していた、
と言えるかもしれない。

令和元年七月十六日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

「会社の文書」は公的機関が保存しては?

■私企業(会社とか)には いろんな文書があり、 その一部は法律によって 一定期間の保存が義務付けられている。 http://www.haradakaikei.net/document/contents …

僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。

■最近、ニュース報道を視ないようにしている。 以前から、TVのニュース番組は視ていなかったのだが、「Yahoo!」オフィス版のトップペイヂは見ていたし、また、NHKのデイタ放送からニュースを視ていた。 …

かつて、無数の団体が自由に金券をデザインしていた。

■前回の記事では、 「キャッシュレス時代を見据えて、 一万円札は取引用ではなく、 “贈答”専用の紙幣にしてはどうか」 という妄想を披露していた。 http://acsusk.c …

小説のない人生。

■告白しなければならない。 以前この日記で「村上春樹で一番面白いのは『1Q84』!」などと書いた覚えがあるが、何を隠そう、実は私は「1Q84」を最後まで読んでいない。俗にいう「エアプ」と言うやつだ。ご …

学問研究は、スポーツを見習って商業化せよ。

■前々回、前回と、 「現在、公共事業として税金で行われている学術研究(自然も社会も人文も)の大部分を”民営化”して、研究者たちが自分たちでスポンサーを募ったり、事業を収益化した …