アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

ケネディとニクソン、どちらがTVを分かっていたか。

投稿日:2019年7月16日 更新日:

■一九六〇年の、
ジョンFケネディとリチャードニクソンのTV討論会は
「見映えがよいケネディが、
冴えないニクソンに勝った」
ということのみ有名である。

こう結論づけられることもある。
「ケネディにはTVの力が分かっていたが、
野暮ったいニクソンには分からなかった」


■このとき議論されていたのは、
「アメリカはソヴィエトに対して優勢に戦っているか」
だった。
与党のニクソンはこれを肯定し、
野党のケネディはこれを否定する立場だ。

討論会で、ニクソンは言う。
「あきらかにアメリカはソヴィエトよりも豊かである。
アメリカ国民には、よりTVが普及している。」
それにケネディが返す。
「しかし、TVの台数はミサイルの数ほど重要ではない。
ミサイルの数において劣っていれば何にもならない」
「自分はTVなどよりも宇宙開発を重視する」-。

-そこで口ごもったニクソンは、大統領選に負けた。

当選したケネディは、実際に宇宙開発を重視し、
人間を月に送ることを宣言する。
それらの功績によって、宇宙センターの名前にもなった。


■三十年後、ソヴィエトはなくなり、
アメリカは冷戦に勝利した。

さて、アメリカが勝利したのは、
ミサイルをたくさん持っていたからだろうか、
人類を月に送ったからだろうか。

もちろんそういう軍事的な要因もあろう。
しかし、かりに月に着陸したのがソヴィエトであっても、
アメリカは冷戦に完全に勝利しただろう。

アメリカの最大の勝因は、
TVだったのだ。


■TVをはじめとする民生品を、
多くの国民に、大量に供給する力。

その豊かさを、外国に伝える、メディアの力。

そして、映画や音楽、衣装など、
娯楽、情報、流行を発信し、
アメリカへの憧れを作る、
ポップカルチュアの力だった。

冷戦において、
TVはミサイルや宇宙開発以上に重要だったのだ。

宇宙開発に代表される重工業に
メディア産業が取って代わり、
ハードウェア以上に、
ソフトウェアやコンテンツが圧倒的な力を持つ時代が、
もうそこまで来ていたのだ。


■ケネディはTVの重要性を認識し、
それを活用することでニクソンに勝ったが、
ニクソンはケネディよりも、
さらに正しく TVの重要性を認識していた、
と言えるかもしれない。

令和元年七月十六日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

関西の貧乏学生はフェリーで上海行っとけ。

■大学生活の六年目、 二〇一〇(平成二十二)年の夏、船でひとり、上海に行った。 神戸から出ている「新鑑真号」に乗り、三泊四日だったかで、帰りは大阪への「蘇州号」に乗ったのだ。(これだと往復割引がなくて …

no image

現代音楽←まだわかる 現代美術←は?

■美術には「現代美術」「現代アート」というジャンルがあり、今の「ハイカルチュア」としての「美術」のかなり主流を占めている。 音楽の「ハイカルチュア」部分の主流は、以前として「いわゆるクラシック」だ。も …

若者に愚行権を。されど、敗者には温情を。

■現代日本社会で、「愚行権」は、すっかり認められない物になってしまった。 愚行権は耳慣れない言葉だが、要するに「(他人に迷惑をかけない前提で)不幸になる権利」と言うと分かりやすいだろう。 貧乏になろう …

新自由主義者として「二年縛り」規制に反対する。

■携帯電話業界の「二年縛り」は、極めて評判が悪い仕組みである。そもそも、市場で、「買い手」からこんなに悪口だらけのものを「売り手」が提供しつづける、と言うこと自体が奇妙だ。携帯電話業界の大手三社間の競 …

「ゆとり教育」だと試験は難しくなる。

■一昔前に、平成五年と平成二十四年の 大学入試センター試験の数学の問題を比べ、 明らかに平成二十四年の方が長く、難問になっている、という指摘が流行ったことがある。https://examist.jp/ …