アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

小中高の理科難しすぎない?

投稿日:2019年7月17日 更新日:

■先日、ゆとり教育がどうとかの話で、
非常に知識偏重、ペイパーテスト重視の
持論を述べた。

上に何となく書いた通り、
例えば私は数学に関しては
可能な限り多くの国民が、
可能な限り高度な数学を
分かるようにしていくような
政策が望ましいと思っているし、
時間の使い方によって
今よりも遥かに高度な数学を
多くの国民に普及させることが可能だと思っている。

「サインコサインタンジェントを教えて何になるのか」とか、
「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、
このようなものは追放すべきだ」
などと言っている場合ではない。

まあここで私が言ったところで、
私は教育行政になんっの影響力もないのだが。


■しかし、一方で、もうちょっと
ゆとり教育にしたほうがいいんじゃないの、
と思わざるを得ない分野もあるのだ。
(その時間をほかの教科に充ててやってほしい)

理科、あれ、難しすぎないですか


■例えば、小学校理科に
酸とアルカリの水溶液に関する単元がある。

「酸とアルカリの溶液があり、
それぞれ金属を溶かしたりする。
人体に危険な場合もある」
「溶液によって溶ける金属が違う」
「酸とアルカリを混ぜると
塩(えん)ができ、溶液は中和される」
あたりはいいとしよう。

だが試験に出るのは、
この知識である。
水酸化ナトリウム水溶液と塩酸水溶液は、
それぞれ銅、鉄、アルミニウムのうち

どれを溶かして、
どれを溶かしませんか

ざっと書店で小学生用の参考書を見たところだと、
中学入試はもちろん、
学校の単元テストでも問うていると思うのだが…。

さて、これ、あなたは完璧に答えられますか

…やはり現状で大卒の大人でも半分が
答えられるかどうか怪しいような問題を
小学生に覚えさせる、
というのはちよっと無理ないか。
(例えば小学生の算数や社会の単元テストの問題なら、
どの問題でも大人正解率九割を超えるだろう)


■もう一つあげておくと、
高校化学の金属イオン溶液の色がある。
炎色反応と並び、資料集で一番美しい見開きを飾る
高校化学の花だ。

が、この金属イオンごとの色を暗記する必要はあるのか

ためしに化学系の大学院生に
センター試験のこの部分の解かせてみてほしい。
同じ大学の受験生の平均点よりも、
おそらくはるかに低い点数しか取れない。
使わなくて忘れてしまうからだ
(理論分野や有機分野の大学入試の問題では、
たぶんそういうことはない)
(ただ、私は大学院に行ったことがないので、
もし違ったらごめんなさい)

センター化学を解くのは
将来化学系や薬学系に進む人だけでなく、
生物系も機械系も土木建築系も物理系も数学系もいる。
高校化学は文系だって習う。
これを彼らがみんな覚える必要はあるのか。

(「この知識に全く意味がない」
という話ではない。
優先順位の問題だ)

(ちなみにソースは出せないが、
「福井謙一も全く同じことを言っていた」
という話を聞いた覚えはある)


■今、ぱっと思い出して
「あれはいったい何だったんだ」
というところを二点あげたが、
高校理科の「○○基礎」(昔のIA)を見てみても、
「これは国民の大多数が知るべき知識か?」
と思わざるを得ない部分が、結構ある。
(現状の「○○基礎」はかなりいい線だが、
それでも難しいと思う)


■ところで私が小学生の時には、
水酸化ナトリウム水溶液と塩酸水溶液を
混ぜると「食塩」ができるということになっており、
「食塩」と書かないと×にされた。
インターネットの中学入試用のサイトを見ると、
そういう記述が見られるので、
これは今でも変わっていないようだ。

ちなみに学習塾では、
「水酸化ナトリウム水溶液」を
「水ナト水」と、
何だかアナウンサーの名前みたいな
書き方で書くらしい。
もう元素記号と化学式教えようよ…。

しかし、
水酸化ナトリウム水溶液と塩酸水溶液を混ぜても、
食塩はできません

できるのは塩化ナトリウムであって、
これは確かに食塩の主成分だ。
炭酸マグネシウムも
微量含まれている、
食べるために海や岩塩から
作ったものが「食塩」であって、
誰かが食べるために作られたのでなければ、
それは食塩とは呼びません。

令和元年七月十七日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

二〇〇七年のミルグラム作戦。

■ぼくの通っていた大学では、春、入学式の前に三日間、新入生の健康診断があり、その健康診断から帰る新入生を目当てに各クラブ・サークルが引き込みを狙う新勧イヴェントがあった。 イヴェント運営側のスタッフは …

一九八五年前後生まれって結局「若者の流行」を作れなかったよな。

■先日「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という映画(BD)を観た。 一九九六年。ルーズソックス、白いカーディガン、明るい茶髪、ポケベル持ちの女子高生たちが、「そばかす」「CANDY GIRL」「LA・ …

なぜ、「個人年金の義務化」が議論されないのか。

■年金が話題になるたびに不思議なのが、(支払額や、支払主体に一定の規制をもたせた、)「個人年金の加入義務化」と「公的年金の(段階的な)縮小」が、ほとんど話題にならないことだ。 ■別にとりたてて突飛な意 …

人はなぜ文章のように文章を書くのか

■講演でも、演説でも、プレゼンテーションでもいい。自分が一人で誰かに向かってしゃべっているところを思い浮かべてほしい。 あなたは自分のおしゃべりに、矢印で注意書きや補足を付け加えたり、他の文へのリンク …

no image

スポーツの「過去の映像」を視る術が意外とない。

■ 世の中に、 結構需要がありそうなのに、あんまり供給がないなあ、と思うのが、スポーツの「過去の映像」だ。 ■もちろん、あることはある。 大会の直後に総集編のDVDが販売されたりする。たまに「週刊百科 …