アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

一九八五年前後生まれって結局「若者の流行」を作れなかったよな。

投稿日:2019年7月18日 更新日:

■先日「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
という映画(BD)を観た。

一九九六年。
ルーズソックス、
白いカーディガン、
明るい茶髪、
ポケベル持ちの女子高生たちが、
「そばかす」
「CANDY GIRL」
「LA・LA・LA LOVE SONG」
「これが私の生きる道」
「僕たちの失敗」
なんかをBGMに過ごす青春と、
その後生きる格差社会での人生を描いている。

リリー・フランキーがこんなことを言う。
「日本中が女子高生を中心に
回ってたんですからこの頃は。
当事者として、どんな気分でした?」


■さて、私は昭和六十一年一月生まれなのだが、
この、西暦で言うところの
一九八〇年代中終盤生まれ、
というのは、
「流行を作れなかった世代」
だと思う。

一九六〇年代後半の団塊世代のような、
一九八〇年前後の新人類世代のような、
一九九〇年前後のバブル世代のような、
そして一九九〇年代中盤のコギャルたちのような、
あるいは今日のネットでの「バズ」のような、
「若者の流行」を、
二〇〇〇年代前半の私たちは、
ついに生み出すことができなかった。

例えば
「二〇〇〇年代前半を象徴する若者ファッション」
だと、たぶんベッカムヘアになってしまう。
服は、というと、これと言うのがない。

「SUNNY」のように、
特定の世代の流行を後世から振り返った物語、
というのはいろいろあるが、
「二〇〇〇年代前半の若者」
は、きっと最後まで作られないだろう。


■そもそも「○○世代」という名前すらつけてもらえなかった。
しかし
「名前のない世代」
という言葉は一九八二年前後の世代に取られている。
八二年生まれと八五年生まれは重なる部分はあるけれど、
「酒鬼薔薇聖斗」は「小五の時の中二」、
「キレる十七歳」は「中三の時の高三」だから、
やっぱり「違う世代」という意識の方が強い。

佐藤喬「1982 名前のない世代」
https://tkj.jp/book/?cd=02545001

それでいて「ゆとり世代」の
仲間には入れてもらえない、
「仲間外れ世代」だ。

二十二歳で就活をしたのであれば、
幸運なことに景気は、悪くなかったけど、
「バブル」とか「アベノミクス」ほどではないから、
それで名前が付けられることもない。
「リーマンショック」の被害は受けたけど、
「氷河期世代」ほど、そこでくくられることはない。


■我々が「若者の流行」を作れなかった原因の
ひとつには、メディアの進化についていけなかった、
というのがあるかもしれない。

日本では、書籍・雑誌もCDも、
一九九〇年代後半に売上のピークを迎えている。
サラリーマンの可処分所得も最高潮だ。
一九九〇年代の日本は豊かだったのだ。

一九八五年生まれは、その恩恵を存分に受けている。
「ドラゴンボールZ」も
「SLAM DUNK」も
「セーラームーン」も
「スーパーマリオカート」も
「ストリートファイター」も
「ファイナルファンタジーVII」も
「クレヨンしんちゃん」も
「ポケットモンスター」も
「名探偵コナン」も
「アンパンマン」(アニメ)も
私たちの世代に向けて作られた(部分がある)し、
「ロングバケーション」も
「もののけ姫」も
小室哲哉も、存分に味わった。


■しかし、二〇〇〇年代、青年期頃になると
TVや出版をはじめとするメディアが、
そういった「大きな流行」を作る力は
段々と衰えていた。
しかし今日の
「YT」や「Twitter」や「Instagram」のように、
ウェブで自分たちが情報を発信する、
というところまではまだ行っていなかった。

力を発揮できないまま
とまどってしまった、
という面があるかもしれない。


■また、一九九〇年代までは、
オタクは陰に隠れた存在ながらも、
(だからこそ)オタク向けのアニメや漫画は、
「知る人ぞ知る」ものとしてパワーを持っていた。

現在、オタク文化はすっかり表に出て、
「表の流行」と融合している。

その間の微妙な時期が二〇〇〇年代前半だ。

「Twitter」や「YT」ではなく、
「2ちゃんねる」でみんな語っていた。
書き込んでいた中心は
もう少し上の世代で、
私たちは主に読んでいた。
オタクだけでなく、
あの子も、あの子も、あの子も
みんな「2ちゃんねる」を読んでいたのだ。
(隠してもだめである)

ただ、匿名だったし、
後の「Twitter」や「Instagram」、
「YT」や「ニコニコ動画」などと違って
基本的にアングラだったから、
そのパワーが世代として可視化されることは
なかった。


■そんな一九八五年前後生まれは、
今後もきっと、世代としてろくに認識されないまま、
ひっそりと過ごしていく。

意気軒高な年長者に感心し、
若者の活躍を暖かく見守り、
時に両者をたしなめ、支える、
時代の隠者-。

「それが私の生きる道」なのだ。
(この曲も「分かるけど世代じゃない」もののひとつだ)

令和元年七月十八日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

「超難関大学の授業は難しすぎて天才しかついていけない」説はガセ。

■時折、ウェブなどで、 「超難関大学ではその大学に合格するような人しか絶対に理解できないような難解な講義が行われており、普通の人はついていくこともできない」 というような言説を読むことがある。 さらに …

no image

ノーサイドホイッスルの想い出。

■前にも書いた通り、ぼくは一〇歳代の頃、茨城県にある私立中高一貫校にいた。 この学校はラグビーが盛んで、校技扱いされており、部活は全国大会の常連である。ぼくは部活はやっていなかったけれど、授業で週二時 …

no image

ただ働きする自由認めてやれや。

■以前、オリムピック東京大会のヴォランティアが猛暑の中過酷で、能力も要求され、しかも給料が支払われない、と問題になったことがあった。 俺は、参加者当人たちが条件に納得して応募するのであれば、ぶっちゃけ …

「愚公移山」と「半日村」。

■「愚公移山」(「愚公、山を移す」)と言う故事は、毛沢東に引用されたという歴史的経緯から、すっかり使いづらくなってしまった。 ■ある山あいの村で、一人の老人が、村を興すために山を動かそうとする。別の老 …

no image

不良と体育会系と全共闘と。

■前回、「日本最後の精神的コミュニティである学校を最後に、日本から、“その構成員から強い愛着を持たれるようなコミュニティ”はなくなる」というようなことを書いた。 文章は最後、「 …