アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

演劇

ベビー・ピーの旅芝居「ラプラタ川」を観に行く。

投稿日:

■昔お世話になった
京都の劇団「ベビー・ピー」が
全国十九箇所をめぐる旅芝居をしている。
題名は、「ラプラタ川」。

勝山→松本→長岡→札幌→上富良野
→美幌→釧路→青森→仙台→高崎
→東京→我孫子→ 福岡→長崎→鹿児島
→松山→高知→本島→京都

https://baby-pee.jimdo.com/
http://laplatagawa.donburako.com/

その、松本公演を観に行った。

松本市内を流れる薄川(すすきがわ)の河原に、
テントが建っていた。


■日系パラグアイ移民をめぐる旅の話だが、
物語は複雑を極め、正直よく分からない部分があった。

心に残ったのは役者の力、
特に声だ。

声が、通る
それだけで俺はうれしくなる。
何だか知らないが無性に気持ちがよい。

うまく説明できない、
この「生の声の力」を、
久々に思い出すことができる芝居だった。

これだけで分かる人や、 
全然意味が分からない人は、
一度観に行ってほしい。
その太く、重く、強い声を
あなたの耳で聴いてほしい。

たぶんあなたの想像よりも少しだけ強く、
ほんとに、ほんとに声が通ってるから。

令和元年七月二十一日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-演劇

執筆者:

関連記事

no image

立川志の春、こはるを聞きに行く。

■地元に立川志の春、こはるの二人会が来たので聞きに行った。 うちは田舎なので落語なんて滅多に聞けない。 こはるについては、最近「7rules」で知った。志の春はこの公演のフライヤーで。 トップ htt …