アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感

大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。

投稿日:2019年7月22日 更新日:

■いきなり結論である。
大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。

…とまでは言わないのだけれど
これは少しだけ選択肢として
考えるくらいはあっていいと思うし、
私としては強くおすすめする。
特に、高校時代、わりと友人が多かったり、
充実していたという人向けだ。

e-メイルアドレスを替え、
電話番号を替え、
SNSアカウントを削除し、

アドレス帳を消去する。
携帯電話会社の店舗に行って、解約し、
別の会社で再契約するのが一番早い。
(二年縛りの問題はあるけど)

社会人くらいになると、
もうだいたい私が言っている意味が、
賛同はしないまでも、理解はできると思う。

確かにそれやってもよかったかな
くらいには思えるはずだ。


■これは高校-大学のときだけでなく、
大学-就職も、他の変化の時も、
きっとそうなのだが、
一番効果が大きいのは高校-大学だと思う。

というのは、まず、
高校の友人関係というのは、
非常に居心地がよい。

だが心の奥底では
ちょっとだけ気づいているはずだ。
この関係はマンネリだ」と-。


人間、新しい環境に入るときに
すでに居心地のよい環境があると、
どうしてもそこに流れてしまう

若い頃はえてして
「これまでにできた友人関係」
というものを過剰評価しがち
だ。

「今の友人も昔の友人もおんなじ」
という気持ちを持ってしまう。

実際は同等ではない。
今の友人は今しかできないのだ。
「今に全力投球」すべきだ。
これまでの友人を過去の人とし、
これまでの想い出を過去の物とすることで、
「今」に全てを振り向けることが
できるようになるし、
それしかできなくなってしまう。
退路を断つのだ。

きっとこれを実行して、
何かグループでの行動をすれば
高校の友人に負けない友人は
必ずできる。
ひとりでの行動であれば、
それに見合う成長が必ずあるはずだ。


■たとえこの「友人断ち」をしなくても、
一〇年後、高校卒業の時に
「ずうっと一緒にいよう」
と約束した友達のうち、
半分以上は、
「わりとどうでもよい」
とまでは行かないまでも、
「まあ元気にやっていればそれでよい」
くらいになっているはずだ。
(相手にとってもそうである)

それは決して悪いことではない。

さみしいようだが、
それが成長というものだと思う。
成長と言うのは、捨てることであり、
孤独になることなのだ。


■私自身は、
この「友人断ち」を何度かやったが、
もっと(ほかの変化の時にも)
やればよかったな、
と思っているし、
もっと徹底すればよかったと思っている。

それくらい、青春期の孤独には、
人を成長させるという実感がある。

なお、今はSNSがあるし、
一人でも連絡先が分かれば、
連絡関係を復活させることが簡単にできる。

だからもし、
「成長」を志している若者が
これを読んでいれば、
必要以上に恐れることはない、
とは伝えたいし、
「友断ち」というのを
頭の片隅に置いておいてもらうと幸いである。

令和元年七月二十二日
明瀬祐介(アカセ・ユウスケ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■ただし、孤独な若者には
危険や誘惑がつきまとう。
だから何らかの人的ネットワークがあるとよい、
というのは確かにある。

-作戦, 所感

執筆者:

関連記事

no image

短期バイトが教えてくれたこと。

■前回、大学時代にやった、短期の「被験者」仕事について書いたけれど、やった仕事は「被験者」だけではない。 ■「時代祭」の祭礼行列で、何時代だったかの武士の服装をした。別の、もっと小規模なお祭りで勤皇の …

なぜ、「個人年金の義務化」が議論されないのか。

■年金が話題になるたびに不思議なのが、(支払額や、支払主体に一定の規制をもたせた、)「個人年金の加入義務化」と「公的年金の(段階的な)縮小」が、ほとんど話題にならないことだ。 ■別にとりたてて突飛な意 …

no image

今の将棋界には胡散臭さが足りない。

■「日本の伝統文化」として、華道や茶道、書道、あるいは落語や歌舞伎や能、相撲なんかと一緒に、「将棋」が扱われることがある。 前から思っていたのだが、この中だけ将棋だけ、ちょっと異質なのだ。 ■例えば、 …

no image

不良と体育会系と全共闘と。

■前回、「日本最後の精神的コミュニティである学校を最後に、日本から、“その構成員から強い愛着を持たれるようなコミュニティ”はなくなる」というようなことを書いた。 文章は最後、「 …

no image

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

■私は「やる」競技では将棋が好きで、「見る」競技では相撲が好きだが、前々から、この二つの競技にはかなり重要な共通点があると思っていた。 ■「スコア」がない。 野球にもサッカーにも、「一点は取った」とい …