アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦

第二外国語初等クラスの春。

投稿日:2019年7月28日 更新日:

■大学生だったある春、
「またも」留年が決まったぼくは
いい加減、大学生である自分に
嫌気がさしていた。

一念発起して勉強し直す気概もないくせに、
退学する勇気もなく、
将来への不安だけで春を迎えていた。


■そんなある日、どういうわけか、
ふと思い立ったのだ。

あ、そうだ、
外国語をやってみよう。

幸い、うちの大学には
一般教養の第二外国語として、
中国語やフランス語やドイツ語といった、
いろんな外国語の初等クラスが開講されている。

全部習えばいいじゃん。
無料なんだから。


■そしてその春、
僕の「初等第二外国語」の日々がはじまった。

一回生(一年生)に交じって
アラビア語の授業を受け、終わったら
朝鮮語(韓国語)の教室に移動。
フランス語の課題を解いた後は、
ドイツ語の会話教室だ。

冠詞の丸暗記にひたすら厳しい
ドイツ語の先生もいれば、
ユーモアがあるけれど、
話し方に品がありすぎるのが
鼻につくフランス語の先生もいた。

当地の文化や社会を
教えてくれることも多かった。


■今にして想う。
「あれは人生で十番に入る、
自分の好判断だったな」と-。

話せるようになったか、
ものになったかというと
決してそんなことはない。
アラビア語なんて、
今では文字すら忘れてしまった。

将来的には翻訳機の発達で、
語学というもの自体、
あまりいらなくなるかもしれない。


■それでもなお、
あれが好判断だったと言えるのは、
勉強するということの根源的な楽しさを
取り戻させてくれたからだ。

語学の授業は、基本的に楽しかった。
私だけでなく、周りの学生も、
他の一般教養や専門の授業のときの学生よりも、
ずっと楽しそうだった。

どうしてなのか。

ひとつは、教室が賑やかだというのがある。
語学の授業だと隣の人と会話練習したりする。
ちょっとした友人になる。

また「話す」という身体行為をしていることも
関係があるのかもしれない。
なんでも「聞いている」ときよりも
「やっている」ときの方が楽しいのだ。


■そして、「初等」だから、というのもある。

専門課程も、一般教養も、
それなりの知識を前提としている。
例えば子どもがいきなり学ぶことはできない。

しかし、語学だけは違う。
基本的に子供がやっていることと変わらない。

赤ん坊はみんな、
楽しそうに語学を学んでいる。
ほとんど語学をしているときだけ、
私たちは赤ん坊と対等に
勝負することができる。
そこに私はどうしようもない
幸福を感じる。

語学初等クラスを学ぶとき、
私たちはいつでも「馬鹿」に還ることが
できるのだ。


■自分と同じ境遇の学生がいたら、
(あるいは留年していなくても)
もし学校に「第二外国語」の授業があれば、
それをひとつぐらい取ってみる、
ということを勧めておきたい。

もっと役に立つ勉強もいいけれど、
少ししか役に立たなそうな、
フランス語やドイツ語や韓国語の
授業に出てみるとよい。

そのにぎやかな教室は、
きっと自分を赤子に、馬鹿に
還してくれる。

令和元年七月二十八日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦

執筆者:

関連記事

時間&費用考えれば、大学は迷わず通信制だ。

■前々回くらいから再三唱えているのは、 「大学に行くのは無駄。でも大学の勉強は有用。大学卒業資格も強力」 「だから大学に行かず大学の勉強をして大学卒業資格を取ればいい」 「まず、高校に行かず高認試験に …

no image

図書館で地元の古い住宅地図コピーすると楽しい。

■これは知っている人は常識なので、偉そうに言うのは恥ずかしいが、もしかしたら何か別の記事からこの日記に入った人は知らないかもしれないので書いておく。 「図書館に行って、地元の古いゼンリンの住宅地図をコ …

no image

短期バイトが教えてくれたこと。

■前回、大学時代にやった、短期の「被験者」仕事について書いたけれど、やった仕事は「被験者」だけではない。 ■「時代祭」の祭礼行列で、何時代だったかの武士の服装をした。別の、もっと小規模なお祭りで勤皇の …

パワポは全部表で作れ。

■PowerPointでのプレゼンテーション作成は、 何となくストレスのかかる作業のひとつだ。 「ExcelやWordは苦にならない」 と言う人にも、 「どうにもPowerPointだけは疲れてしまう …

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …