アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

なぜヒゲオヤジやのび助は和服を着ているのか。

投稿日:2019年7月31日 更新日:

■「鉄腕アトム」が再版される際、
手塚治虫は、各エピソウドの冒頭に、
作者自身がその作品のポイントを語る場面を
追加した。

その中「赤いネコ」の冒頭では、
けっ、未来だってのに
なんであっしは畳にちゃぶ台で、
着物なんか着てるんでさあ

という風にたずねるヒゲオヤジに、
手塚が答えている。

「未来が舞台だからって、
いかにもな未来社会を描くと、
読者は白けてしまう。
だからあえて連載当時の風景を入れているのだ」
と-。


■「鉄腕アトム」は、
近年多くの漫画家によってリメイクされた。

が、ちょっと不思議なことに、
この、手塚の
「未来を昔っぽい風景にする」
という手法を、「アトム」で使った漫画家は、
まだいないように思う。

もちろん描きたいものが
それと違うなら仕方ない。
しかし漫画の神様が
わざわざ極意を教えてくれたのになあ、
とは思う。

まあ、今はアトムの時代も追い越した。
連載当時の昭和三十年代に至っては、
遥か遠い昔だ。

もう、普通に未来社会を描いた方が、
読者のなじみが深い、
ということなのかもしれない。


■ところで、
手塚の愛弟子に当たる、
藤子・F・不二雄の「ドラえもん」では、
当初のび太のパパは、家では着物を着ていた。

が、連載が進むにつれ、
普段着として着物を着る人がいなくなり、
ポロシャツやトレーナーを
着るようになったという。

藤子Fはそうやって時代に
対応していったのだ。


■ところが-。

最近の「ドラえもん」の映画では、
のび太のパパは、
再び和服に着替えている。

そのほかにも、
いかにも昭和の家庭に
あったような扇風機や家具、
のび太の部屋のポスターやペナント。
あえて今はもう存在しない、
古臭い風景を織り交ぜているのだ。
(こんにち、
子供と一緒にドラえもんを観た父親の、
その父親も洋服だったはずだ)


■これこれ、これが見たかったんだよ。

今の家庭風景を描いても、
正直、あんまり面白くない。

ほぼありえない和服のパパは、
往年のフアンの郷愁を誘う一方で、
幼いフアンには
「なにあれ?」
という新鮮さを与え、
「ドラえもん」というものの
歴史まで、さりげなく示す。

この、手塚の「昭和風未来」に
ちょっと通じる技巧。

これはさらっと英断だと、
俺は思うよ。

令和元年七月三十一日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

■私は「やる」競技では将棋が好きで、「見る」競技では相撲が好きだが、前々から、この二つの競技にはかなり重要な共通点があると思っていた。 ■「スコア」がない。 野球にもサッカーにも、「一点は取った」とい …

一九六八年、現在の若者たちはどこにいたのか。

■「1968」(小熊英二)という、昭和四十三年前後に起こった大学紛争に関する本がある。https://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1 …

「首相」や「社長」は各組織に一人でいいのか。

■ふと思ったのだけれども、現在当たり前になっている、「社長が一人しかいない会社」や、「首相が一人しかいない国」という組織形態は、実は結構危険なのではないだろうか。   ■まず、緊急時、トップが倒れたり …

「自作」・「自演」の勧め。自己肯定感を高めるために、「やった自分」を作れ。

■「自己肯定感」という言葉が、 昨今、ちょっとした流行語になっている。 いわく、 「自分をかけがえのない存在だと思う感情」ということで、 この「自己肯定感」を高めるための方策として、 「ありのままの自 …

“平成7年”の前後、子供の世界にもあった、ちょっと不連続な変化について。

■すべての時代区分は、こじつけである。 社会全体として時代がいつ変わったなどというのは データ等で証拠を示すことはできないし、 結局は人それぞれ、見方によって変わる。 また、あるときを境に、時代にくっ …