アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

スポーツの「過去の映像」を視る術が意外とない。

投稿日:2019年8月2日 更新日:

■ 世の中に、
結構需要がありそうなのに、
あんまり供給がないなあ、
と思うのが、
スポーツの「過去の映像」だ。


■もちろん、あることはある。

大会の直後に総集編のDVDが販売されたりする。
たまに「週刊百科」のようなかたちで、
過去の名勝負や名場面を集めた、
DVDつき雑誌が発売されることもある。
また、TVで特集されることもあるし、
また、現在はインターネット上の動画サイト、
例えば 「YT」なんかで
過去の映像を視ることもできよう。

しかし、多くは
「総集編」「名勝負」「名場面」で、
ほとんどの場合、見られるのは
その試合・大会のほんの一部だ。

「伝説的な試合の序盤」 なんかは
視られなかったりする。

「その戦いが行われたときと
あまり変わらない気持ちになる」
という感じではない。


■私が視たいのは「再放送」に近い形で、
(当時の実況付きで)
例えばオリムピックの何かの競技全部とか、
ワールドカップやWBCの一試合。
もちろん、国内大会でもよい。

適当に選び、
夜、酒を飲みながら視たい。
私は一人だが、
仲間と集まっても楽しいと思うし、
TV放映されていればウェブ上で
実況するのも楽しかろう。

結果を知っていても大逆転に興奮し、
スーパープレイに熱くなると思う。

どうだろうか、
これ、結構やりたい人はいそうではないか。


■ついでに言うと、
「総集編」「名勝負」「名場面」
も、やっぱり少ないと思う。

私は相撲が好きだし、
相撲は比較的人気のある競技だと思うが、
それでも
「この映像がないのかよ」
というのが少なくないのだ。
もしかしたら私の探し方が悪く、
インターネットにはあるのかもしれないが、
少なくとも「公式」のものはない。
他の競技ならなおさらだろう。

映画やTVのドラマ、
ヴァライエティ番組は
DVDやオンライン配信がいくらでもある。
TVでの視聴率を考えると、スポーツにも
それと同じくらいの需要はあると思うのだが、
私が思っているのが勘違いで、
みんな「過去のスポーツ」は
そう改まって見たくないのだろうか。

令和元年八月二日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

今の将棋界には胡散臭さが足りない。

■「日本の伝統文化」として、華道や茶道、書道、あるいは落語や歌舞伎や能、相撲なんかと一緒に、「将棋」が扱われることがある。 前から思っていたのだが、この中だけ将棋だけ、ちょっと異質なのだ。 ■例えば、 …

若者に愚行権を。されど、敗者には温情を。

■現代日本社会で、「愚行権」は、すっかり認められない物になってしまった。 愚行権は耳慣れない言葉だが、要するに「(他人に迷惑をかけない前提で)不幸になる権利」と言うと分かりやすいだろう。 貧乏になろう …

no image

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、大学生のときは少しやっていた。 さらに一〇年以上前の「グランディア」、「ドラゴンクエストV」、「サクラ大戦」。 当時のゲイムは発売から一〇年たっても二〇年た …

ただ働きする自由認めてやれや。

■以前、オリムピック東京大会のヴォランティアが猛暑の中過酷で、能力も要求され、しかも給料が支払われない、と問題になったことがあった。 俺は、参加者当人たちが条件に納得して応募するのであれば、ぶっちゃけ …

no image

日本には失業が足りない。

■今から書くこの話は、読む人が読めば、「何をいまさら、当たり前のことを偉そうに語っているのだこいつは」としか思われない話で、まことに恐縮である。 が、今なお、世間では例えば下のような意見の方が幅を利か …