アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感

関西の貧乏学生はフェリーで上海行っとけ。

投稿日:2019年8月3日 更新日:

■大学生活の六年目、
二〇一〇(平成二十二)年の夏、
船でひとり、上海に行った。

神戸から出ている「新鑑真号」に乗り、
三泊四日だったかで、
帰りは大阪への「蘇州号」に乗ったのだ。
(これだと往復割引がなくて、
本当はもったいない)
泊まったのはユースホステル。

五年前の愛・地球博が楽しかった俺は、
その年開催中の上海万博が、
どうしても見たかったのだ。


■「海外は高校の修学旅行以外未経験」
という、温室育ちで、
ずっと漫画やTVをみて、
学校とサークルとアルバイトくらいが
世界だった俺にとって、
これは結構な冒険だった。

親は反対したし、
実際、やっぱりちょっと不安だった。


■海外旅行はそれっきり、
国内旅行もあんまりしない俺が
言うのも変なのだが、
特に関西に住む貧乏大学生、
俺のようにぬくぬくと育ってきた学生には、
ぜひこれを勧めておきたい。

俺は六回生のときだったけれど、
できれば一回生のときに
行っておくとよい。

交通費は往復で最安二七,〇〇〇円。
ホステルは一泊三,〇〇〇円くらいだったか。
一週間でも往復交通費+宿泊費で四〇,〇〇〇円
くらいだろうから、
食費、お土産代、
その他の交通費、予備などを入れても
貧乏学生でも、なんとか貯められるのではないか。

また、中国はいまや富裕国であり、
上海は巨大都市だから、
「海外は不安」
という人でも
発展途上国や地方部に比べると
精神的バリアーが低いはずだ。


■海に一日揺られる、
というのは、人によっては
一生ないかもしれない。

おそらく、これは絶対に感動する。

よほど臨海部に住んでいない限り、
まず「海」というものが自体が非日常だし、
主に「見る」ものだ。

その海に「いる」という、
どうしようもない不安。

明石海峡大橋から始まる、瀬戸内の旅。
帰りは夜に光り輝くコンビナートが見られる。
関門を抜け、九州を離れると、
もう「絶海」という感じになり、
甲板に出るとトビウオが跳ねている。
上海に近づいたときの、
長江の濁った水と、巨大な貨物港。


■船には、いろんなひとがいる。
甲板に出て、
挨拶くらいできれば、
少しは会話になった。

里帰りする華人や、留学生。
何か月も仕事を休んで海外旅行をする
ヨーロッパ人。
日本人では学生とバックパッカー。
怪しいものを輸入している商人もいた。
(自分で言っていた)

気のいいおじさん(神戸の華人)がいて、
夜、缶ビールを片手に
その人と若者たちとの、
ちょっとした宴会になった。

これはひとつは船旅の特性である。
相手だってやっぱり孤独なのだ。

もうひとつは若さ特権かもしれない。
年上の人にとって、
「話しかけてくる若者」
というのは貴重なのだ。
これが、若いうちに行くとよい理由の一つだ。


■ホステルで一緒の部屋だったのは
ベルギー人の夫婦と、
カナダ人(ケベック州)の若い女性だった。

俺は英語は簡単な日常会話くらいで、
中国語は永遠の入門クラス。
そして以前にも書いた通り、
当時はいろんな外国語の初等クラスにいた。
https://acsusk.com/20190728-1-dai2gaikokugo/
その程度でも話せてよかったなと思う。

夜は、ホステルのカフェ(?)で
中国人の若者とテーブルを囲んだ。
一人は日本語を勉強している女の子だった。
当時はちょうど尖閣諸島問題が
一番激化している時期だったが、
誰も、何の嫌悪も見せなかった。
(まあ個人だし)


■日本の漫画が好きな人、
というのはやっぱりいて、
「Do you know Naruto?」
と聞かれたことがある。
私は「NARUTO」を読んだことがなく、
何も答えられなかったけど。

また、ヨーロッパのサッカーというのは
ヨーロッパ人・中国人双方に人気があるので、
もともと好きな人ならよいネタになるだろう。
それも私は入り込めなかった。

そういうのからはじまり、
いろんな人との会話で、
「自分が何ももっていない」
ということも分かる。

ホステルのカフェの男は、
当時二十歳そこそこで、
ずっとそこで働いており、
英語はぺらぺらだった。

船で話した人たちも、
ホステルで逢った人たちも、
それぞれいろんな経験をしている。

自分の経験だって
決してゼロではないけれど、
「薄い」という感じが否めない。


■そういう、ちょっとした冒険で、
自分の「なさ」を感じさせる
経験だったけれど、
自分がその後、それをきっかけに
すごく成長した、
というわけではない。

これは怠惰もあるけれど、
「気づくのが遅かった」
というのもやっぱり少しある。

俺が行ったのは六回生のときだったけれど、
一回生のときに行っていれば
大学時代の過ごし方が
違ったはずだ。

これが若いうちに行ってほしい
二つ目の理由である。


■史上最大の博覧会となった上海万博。
当時上海一の高さだった国際金融中心。
豫園で高値の土産を売る商人との値引き交渉。
音もなく後ろから抜きさっていく電動バイク。
ローラーつきの靴で滑る商人が
夜空に飛ばす、
光る竹とんぼのような、美しいおもちゃ。

おそらく中国は
わずか十年の間に変わっているはずで、
今行っても、
俺と同じ体験はできないだろう。

きっと、もっと面白い冒険が
できるはずである。
もっと高い建物が建っている。
俺は現金で土産を買っていたけれど、
今は使えない、なんて話も耳にする。

繰り返しになるが、
特に関西の学生の方は
ぜひ若いうちに、
少しだけ英語を勉強し、
少しだけお金をため、
船で上海に行ってみてほしい。

そして、
俺の見立てが正しければ、
一回生でこの旅をした学生は、
きっと学生のうちに、
このような旅をもう一度、
あるいはもう何度もするようになる。
それくらい楽しいのだ。

令和元年八月三日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 所感

執筆者:

関連記事

no image

新聞・雑誌の「ニュース性のないところ」だけ読みたい。

■以前にも書いた通り、僕はTVからも、ウェブからも、紙からもニュースというのをなるべく摂取しないようにしている。 僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。 ■そんな僕だが、実はわりと新聞が好きだ …

“平成7年”の前後、子供の世界にもあった、ちょっと不連続な変化について。

■すべての時代区分は、こじつけである。 社会全体として時代がいつ変わったなどというのは データ等で証拠を示すことはできないし、 結局は人それぞれ、見方によって変わる。 また、あるときを境に、時代にくっ …

no image

「超難関大学の授業は難しすぎて天才しかついていけない」説はガセ。

■時折、ウェブなどで、 「超難関大学ではその大学に合格するような人しか絶対に理解できないような難解な講義が行われており、普通の人はついていくこともできない」 というような言説を読むことがある。 さらに …

「ウィキペディア」の既婚女優の「本名」はおかしい。

■「Wikipedia」は「ネット上の匿名の多数」だから、私が文句を言っても意味はない、というのは承知の上で-。 ■「既婚の女性有名人」について、「本名は、岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓:宮﨑)」 …

no image

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

■私は、インターネットでの動画配信をあまり視ない。 「YT」も「ニコニコ動画」も、定期的には視ていない。 「アベマTV」とか、「フールー」とか、「ネットフリックス」とか、「アマゾンプライム」とか、どれ …