アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

温水洗浄便座の操作が分かりずらすぎる。

投稿日:2019年8月4日 更新日:

■これは、以前から
散々言われていることだと思うのだが、
俺も言っておく。

W.C.、主に温水洗浄便座の
操作が分かりづらすぎる。
統一感もなさすぎる

以前、絵文字が統一される、
ということはあった。
それはしないよりはずっといいんだけど、
今あるW.C.には適用されないから、
置き換えまで待たなければならないし、
統一されたとしても、正直、そこじゃない。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HGO_X10C17A1000000/

だいたいこの記事によると、
おもに訪日外国人向けのようだが、
母国での使用率は3.6%なのだから、
「その、国際標準化された絵文字を、
はじめて見るのが日本に来た時」
というケイスも多いのではないか。


統一するなら操作方法を統一すべきであろう。
特に一番重要な、「流す」の操作方法だけでも。

この「流す」が異様に多様なのだ。

今売られているのかどうか分からないが、
昔ながらの、和式と同じような
棍棒形のレヴァーもあれば、
洋式で一番一般的な、
丸から棒が伸びた形のレヴァーもある。
温水洗浄便座の操作パネルのボタンで流したり、
手をかざすだけで流れるセンサー式もある。
いなくなるだけで流れる方式までできた。

そして、一番困るのは、
下三つで、レヴァがない場合だ。

いろいろあるのはよいとして、
上から二番目の
一般的なレヴァーだけは、
どの機種にもつける

のが必要なのではないか。


■いや、俺は問題ない。
俺は何の困難もなく操作可能だ。

それは俺が
いわゆる「健常者」のカテゴリに入る、
日本生まれ日本育ちの日本語話者で、
それなりに教育も受け、
機械の操作にもまあまあ慣れているからだ。

日本でW.C.を使うのは俺だけではない。

件の記事のように、外国人も増えている。
機械操作に慣れておらず、
判断力も鈍ってきた高齢者もいるだろう。
これからW.C.の操作方法を習う幼児もいる。
いろんな障害を持った人だっている。

ダイヴァスィティの時代だ。
ユニヴァーサルデザインの社会である。

それでこの有様だ。
あまり批判したくはないが、
やはりちょっと
顧客視点が足りていないのではないか。


■TVやスマートフォウンやPCだって
分かりづらいが、機種は選べるし、
最悪の場合、使わないという選択肢もある。
人にたずねることも容易だ。

しかしW.C.には、使わないという選択肢がない。
公共W.C.、他人の家のW.C.も使わなければならず、
その機種は選べない。
人に操作方法を尋ねるのも難しい。

今からでも遅くはない。
いや、遅い。
遅いけど、やらないよりずっといい。

これは、全ての人にとってよいことだ。
例え自分が「W.C.を使える人」であっても、
前の人が流せなかったら

やっぱり困るのだから
(それに、いつ
「W.C.を使いこなせない人」
になるのか分からない)

令和元年八月四日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

■就職活動のとき、営業職を志望していた私は、面接でこんな質問をされた。 「あなたの、自分が営業職に一番向いていると思うところはどこですか」 それほど間を入れず、私は答えたのだった。 「……人を好きにな …

no image

「女子大生」亡国ではないけど論。

■すでに誰か言っているだろうし、すでに定着した言葉について「おかしい」というのはおかしいのだが、共学に通う「女子大生」という言葉は改めて変だ。 「大生」(だいせい)と言う言葉はなく、「女子大」という言 …

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …

no image

高校理科は大学で同じ科目やる人には二度手間だ。

■大学で落第を繰り返してきた私が大学の理科について発言しても「ぷぷぷっ」と笑われてしまうのだが、蛮勇を振るって書こう。 高校理科って、大学で同じ科目やる人には、「二度手間の一回目」の部分が強くて、著し …

no image

今の将棋界には胡散臭さが足りない。

■「日本の伝統文化」として、華道や茶道、書道、あるいは落語や歌舞伎や能、相撲なんかと一緒に、「将棋」が扱われることがある。 前から思っていたのだが、この中だけ将棋だけ、ちょっと異質なのだ。 ■例えば、 …