アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

なぜ料理は絵画や音楽と比べて芸術扱いされないのか。

投稿日:2019年8月6日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■ 「聴覚を中心にした芸術」として、音楽がある。
「視覚を中心にした芸術」は、
いろいろあるが、代表的には絵画だろう。

そして、「味覚芸術」があるとすれば、
言うまでもなく料理である。
そして、「嗅覚芸術」「触覚芸術」でも、
料理は代表になりうる。
(もちろん視覚も重要だ。
聴覚は、まあなくてもいいかもしれない)

が、「音楽」「絵画」は、
明らかに「芸術」と呼ばれる。
それに対し、
「味覚+嗅覚+触覚(+視覚)」の「料理」は、
より「実用」の度合いが高く、
あまり「芸術」扱いされない。

藝大にも、音楽と美術はあるが、
料理はない。

その起源はどこにあるのだろうか。


■ひとつには、再現性や保存性がない
あるいは再現や保存できないところにこそ
料理の凄さが宿るからだろう。

絵は、誰でもそのものを見ることができる。
音楽は生演奏を、複数人が聞くことができる。
楽譜で、曲を再現することができる。
今なら録音もある。

料理はそのものを味わうしかないし、
味わったらなくなってしまう。
楽譜にあたるのはレシピだが、
やっぱり食べてみなければ分からない。
また、「シェフの味」みたいな大量生産品もあるが、
やっぱり音楽の録音音源や、
絵画の印刷とは、ちよっと意味合いが違う。

これと関連するけれど、
良さの言語化が困難、
というのもある。
「食レポ」はやっぱり難しいのだ。


■また、素材の重要度が高い、
というのもあるかもしれない。

絵画の画具も大事だ。
音楽の楽器も大事である。

が、料理における素材は、
それらとは比較にならないほど味を決める。


■だが、それ以上の理由は、
物語が作れないからだ。

「哀しい音楽」「怒りの音楽」は作れる。
「哀しい絵」「怒りの絵」もある。

が、「哀しい料理」「怒りの料理」は難しい。
ふつう、それはまずい料理のことだ。
料理を高めると、喜と楽しかない


■これは料理が、
人間の生存や本能に、
より根差しているからだろう。

「見る」「聞く」は、
なくてもなんとか生きていける。
しかし「食う」は、
ないと死んでしまう。

もともと、味覚は
危険性・有用性を
判断するためにできたと言われる。
視覚や聴覚もそうだと思うが、
「音楽」や「絵画」の鑑賞の際は、
それを離れて、
「この音は人体に有用だから気持ちがいい」
などというものではない。
が、料理に対する味覚は今も、
「この味は人体に有用だからおいしい」
に近い。


■生理的本能に忠実。

その点で料理は
ポルノに近いのかもしれない。

視覚の絵画は「芸術」だ。
聴覚の音楽も「芸術」だ。
しかし味覚の料理はポルノが近い。

だからこそ、
料理が一番すごいと、俺は思う。

明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com

(参考)
https://michino55.exblog.jp/11130446/
http://yashoku.hatenablog.com/entry/2014/11/13/215704

-所感

執筆者:

関連記事

no image

理科教育って理科好きの子供の興味と違うよな。

■多くの子どもは、理科が好きである。 恐竜とか、野生動物とか、宇宙とか、ロボットとか、子どもにはたまらない。 ■昔から思っていたのは、「理科教育」がどうもちょっとこれと違う、ということだ。 ぼくは子供 …

no image

今が古くなる日のために、みんな写真を撮っといてくれ。

■たまに、下記のようなウェブペイヂを見て、どうしようもない気持ちになる。http://world-fusigi.net/archives/8442262.htmlhttp://world-fusigi …

「平成ネット史(仮)」よりも広かったネットの世界。

■1月2日に日本放送協会で放映されていたTV番組 「平成ネット史(仮)」(「(仮)」が正式タイトル)の前篇を視たので、 その内容と感想を書く。 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/ …

no image

将棋界に学ぶ、「地味で難解な分野」の人気の集め方。

■前の三回くらいで、 「現在の日本の”科研費”は、“社会にとって重要な物を官が決め、それに資金を配分する”、という戦時統制経済の名残だし、世界的にも学術 …

no image

日本には失業が足りない。

■今から書くこの話は、読む人が読めば、「何をいまさら、当たり前のことを偉そうに語っているのだこいつは」としか思われない話で、まことに恐縮である。 が、今なお、世間では例えば下のような意見の方が幅を利か …