アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

なぜ料理は絵画や音楽と比べて芸術扱いされないのか。

投稿日:2019年8月6日 更新日:

■ 「聴覚を中心にした芸術」として、音楽がある。
「視覚を中心にした芸術」は、
いろいろあるが、代表的には絵画だろう。

そして、「味覚芸術」があるとすれば、
言うまでもなく料理である。
そして、「嗅覚芸術」「触覚芸術」でも、
料理は代表になりうる。
(もちろん視覚も重要だ。
聴覚は、まあなくてもいいかもしれない)

が、「音楽」「絵画」は、
明らかに「芸術」と呼ばれる。
それに対し、
「味覚+嗅覚+触覚(+視覚)」の「料理」は、
より「実用」の度合いが高く、
あまり「芸術」扱いされない。

藝大にも、音楽と美術はあるが、
料理はない。

その起源はどこにあるのだろうか。


■ひとつには、再現性や保存性がない
あるいは再現や保存できないところにこそ
料理の凄さが宿るからだろう。

絵は、誰でもそのものを見ることができる。
音楽は生演奏を、複数人が聞くことができる。
楽譜で、曲を再現することができる。
今なら録音もある。

料理はそのものを味わうしかないし、
味わったらなくなってしまう。
楽譜にあたるのはレシピだが、
やっぱり食べてみなければ分からない。
また、「シェフの味」みたいな大量生産品もあるが、
やっぱり音楽の録音音源や、
絵画の印刷とは、ちよっと意味合いが違う。

これと関連するけれど、
良さの言語化が困難、
というのもある。
「食レポ」はやっぱり難しいのだ。


■また、素材の重要度が高い、
というのもあるかもしれない。

絵画の画具も大事だ。
音楽の楽器も大事である。

が、料理における素材は、
それらとは比較にならないほど味を決める。


■だが、それ以上の理由は、
物語が作れないからだ。

「哀しい音楽」「怒りの音楽」は作れる。
「哀しい絵」「怒りの絵」もある。

が、「哀しい料理」「怒りの料理」は難しい。
ふつう、それはまずい料理のことだ。
料理を高めると、喜と楽しかない


■これは料理が、
人間の生存や本能に、
より根差しているからだろう。

「見る」「聞く」は、
なくてもなんとか生きていける。
しかし「食う」は、
ないと死んでしまう。

もともと、味覚は
危険性・有用性を
判断するためにできたと言われる。
視覚や聴覚もそうだと思うが、
「音楽」や「絵画」の鑑賞の際は、
それを離れて、
「この音は人体に有用だから気持ちがいい」
などというものではない。
が、料理に対する味覚は今も、
「この味は人体に有用だからおいしい」
に近い。


■生理的本能に忠実。

その点で料理は
ポルノに近いのかもしれない。

視覚の絵画は「芸術」だ。
聴覚の音楽も「芸術」だ。
しかし味覚の料理はポルノが近い。

だからこそ、
料理が一番すごいと、俺は思う。

明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com

(参考)
https://michino55.exblog.jp/11130446/
http://yashoku.hatenablog.com/entry/2014/11/13/215704

-所感

執筆者:

関連記事

no image

不良と体育会系と全共闘と。

■前回、「日本最後の精神的コミュニティである学校を最後に、日本から、“その構成員から強い愛着を持たれるようなコミュニティ”はなくなる」というようなことを書いた。 文章は最後、「 …

「自作」・「自演」の勧め。自己肯定感を高めるために、「やった自分」を作れ。

■「自己肯定感」という言葉が、昨今、ちょっとした流行語になっている。 いわく、「自分をかけがえのない存在だと思う感情」ということで、この「自己肯定感」を高めるための方策として、「ありのままの自分を受け …

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …

大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。

■いきなり結論である。大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。 …とまでは言わないのだけれど、これは少しだけ選択肢として考えるくらいはあっていいと思うし、私としては強くおすすめする。特に、高校時代、わ …

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …