アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「女子大生」亡国ではないけど論。

投稿日:

■すでに誰か言っているだろうし、
すでに定着した言葉について
「おかしい」というのはおかしいのだが、
共学に通う「女子大生」という
言葉は改めて変だ。

「大生」(だいせい)と言う
言葉はなく、「女子大」という言葉はある。
そして「東大生」は「東大に通う学生」だ。
だから、
「女子-大生」ではなく、
「女子大-生」つまり、
「女子大に通う学生」
としか、普通は思えない。
(実際、もともとはそうだった)
が、今は共学でも「女子大生」だ。

「女子大学生」
だと、その決定的な齟齬は免れるけれど、
やはり「女子大学-生」なのか、
「女子-大学生」なのか分かりづらく、
「大学生女子」あたりが適切であろう。


■だいたい
「男子大生」
とはあんまり言わない。
「女子大生」
のあとで、それに対応する形でできたものだろう。

そもそも「女子大生」などという言葉があるのが、
批判の対象になってよいのではないのか。
女子を例外化するのはよくない。
(「有徴」と言うらしい)

わりと時代錯誤な私ですら変だと思う。


■が、今のところ改まる気配はない。
どのメディアも当たり前に
「女子大生」を使っている。
(中には「女子大学に通う学生」の意味もあるかもしれないが)。

少なくとも共学に通う人に関しては、
「女子大生」
と呼ぶことを、この辺でやめてはどうか。

令和元年八月10日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

(つけたり)
■朝日新聞社主催の「女子大生フェア」の例。
https://info.asahi.com/shukatsu/seminar/tokyo190727/
ただし、これは
「短大生や専門学校生も含めたいので、
“女子大生”という、
定義のはっきりしない曖昧な言葉を
敢えて使いたい」
という意図もありそうで難しい。


■上記の議論は「女子高生」でも当然当てはまるが、
「女子高」という表記はあんまりしないので、
「女子大生」にあるそもそもの分かりづらさが
分かりづらい。

-所感

執筆者:

関連記事

僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。

■最近、ニュース報道を視ないようにしている。 以前から、 TVのニュース番組は視ていなかったのだが、 「Yahoo!」オフィス版のトップペイヂは見ていたし、 また、NHKのデイタ放送からニュースを視て …

no image

理科教育って理科好きの子供の興味と違うよな。

■多くの子どもは、理科が好きである。 恐竜とか、野生動物とか、宇宙とか、ロボットとか、子どもにはたまらない。 ■昔から思っていたのは、「理科教育」がどうもちょっとこれと違う、ということだ。 ぼくは子供 …

ごく普通の小中高生が、ほんの3ヶ月で「数学の天才」になる方法。

■いかにも嘘くさいタイトルである。 「ごく普通の小中高生が、ほんの3ヶ月で”数学の天才”になる方法」。 そんなことできるわけねえじゃねえか。 しかし、あなたが小中高生であれば、 …

no image

やりたいことがある人と、やりたいことがない人は、大学に行くべきではない。

■大学不要論が、最近ちょっとした流行になっている。 「ネットが発達して、大学以外で学べるようになった」「好きなことをして金を稼ぐことが、今の時代は可能だ」「会社なんかはいらず、起業したり、ユーチューバ …

俺たちはなぜVHSに惹かれるのか。

■かつて、「VHS」という物があった。 単行本くらいの大きさで、中に黒い磁気テープが入っている。 これをレコーダーに入れると、TVを九〇分くらい録画することができる。(画質を落とせば、三倍で録画するこ …