アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

投稿日:

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、
大学生のときは少しやっていた。

さらに一〇年以上前の
「グランディア」、
「ドラゴンクエストV」、
「サクラ大戦」。

当時のゲイムは
発売から一〇年たっても
二〇年たっても
全くゲイム内容が変わらずに
プレイすることができた。
基本的に作品内ですべて完結する、
スタンドアロンの作品だったからだ。


■ ソウシャルゲイムをはじめ、
現在の多くのゲイムは、
幾分かのネットワーク性を持っている。

私は「ポケモン」をやったことがなく、
「いつか初代の赤・緑からやろう」
と思っていたのだが、
もしそれをするとすると、
「赤」「緑」の他に、
「ゲームボーイ」を二台と通信ケーブルが
必要になるのだろうか。
(よく知らないことを書いている)

他のゲイムも、
アイテム課金制をはじめ、
「初回限定アイテム」とか、
「モンスターの交換」
といった、他者や現実世界とかかわる、
ネットワーク要素がある。
「完全なコンプリート」には、
そのネットワーク要素を
使わなければならない場合が多い。

「一人でできる」
ものではなくなっているのだ。
(よく知らない)

できれば、
「一人だけで完結できる、
ネットワーク性皆無のゲイム」
がほしい。
もちろん現在でもそういうゲイムは
あると思うのだが、
どのゲイムが、ソウシャル性を全く持たない、
「一人でできる」ものなのか分からず、
「このゲイムはネットワーク性皆無ですか?」
と誰かに聞くのもなんなので、
ちょっと尻込みしてしまう。


■いつのころからか、
マイクロソフトの「Windows」や「Office」を
インストールする際に、
アカウントが求められるようになった。

このアカウントは必須ではないような話も
聞いたことがあるが、
少なくとも初回インストールの際は、
何らかのネットワーク接続が必要だろう。

かつて、PCにCD-ROMでインストールする場合、
特にネットワークを前提としていなかった。

今でも私は「Word」は文章を書くために、
「Excel」は表を作るためだけに使いたいので、
特にネットワーク性がなくてもいいし、
むしろスタンドアロンでも
初回から完全に機能するような
設計であってほしいのだがなあ…。


■今の私は主にインターネットのために
PCを使っているのだが、たまに、
スタンドアロンでインターネットを利用したい
ときがある。

つまり、「人」の要素をできる限り排除して、
地図や路線、店舗の開店時刻といった、
「生活や仕事に必要なこと」や、
あとは学術的なことやハイカルチュアといった、
「固いこと」しか調べられない、
インターネットがほしいのだ。

「人」の要素が感じられる、
SNS要素はブロックだ。
「Twitter」も「Facebook」も
「5ちゃんねる」も「YT」も
ブログも、コメントも要らない。
ニュースも不要なので、
ここ一年くらいのニュースは
映らないようにしてほしい。
その他、ありとあらゆる
「人」が感じられる情報を排除して、
ただ「固いこと」と「枯れたこと」だけが調べられる、
そういうインターネットがほしい。

あらゆる作業がすごく捗ると思う。


■もしかすると、これは技術的には
さほど難しくないかもしれない。

上記で私が欲している
「固いこと」と、
私が排除したい、
「人の要素」は、
おそらくこれを読んだ人なら
なんとなく区別ができるだろう。

現代の技術なら、自動的に学習できる。

そんなわけで、
今あるとうれしいのは、
インターネットを
スタンドアロンっぽくする技術

だ。

たぶん需要もそれなりにあるんじゃないかな。

令和元年八月十三日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

学校は部活だけやってくれればいい。

■前々回・前回と、「教育における、“縛りプレイ”で厳しい競争するのってまじで意味ねえよな」ということを長々と語ってきた。https://acsusk.com/20190710- …

デービッド・アトキンソン著「日本人の勝算」を読むが…。

■私は経済学では「新古典派」に属する。別に学位も持っていない私が「新古典派」を名乗るのは、党員でもない自民党支持者が「俺は麻生派だ」「僕は石破派だよ」とか言うようなもので滑稽なのだが、まあ新古典派だ。 …

人はなぜ文章のように文章を書くのか

■講演でも、演説でも、プレゼンテーションでもいい。 自分が一人で誰かに向かってしゃべっているところを思い浮かべてほしい。 あなたは自分のおしゃべりに、矢印で注意書きや補足を付け加えたり、 他の文へのリ …

二度と会わない人がいるということ。

■人生には、二度と会えない人、会わない人というのがいる。 死んだ人ではない。また、別れた恋人でもない。 また、仲たがいした人もいるが、必ずしも仲が悪くなった人だけではない。 同じ場所にいて、毎日のよう …

no image

今の将棋界には胡散臭さが足りない。

■「日本の伝統文化」として、華道や茶道、書道、あるいは落語や歌舞伎や能、相撲なんかと一緒に、「将棋」が扱われることがある。 前から思っていたのだが、この中だけ将棋だけ、ちょっと異質なのだ。 ■例えば、 …