アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

スポーツ

私撰・平成日本大相撲十番勝負(四)~(六)

投稿日:2019年8月17日 更新日:

■昨日から書いている
「私撰・平成日本大相撲十番勝負」の
(四)~(六)(時代順)。


■(四)平成十四年九月秋場所十一日目
横綱貴乃花
(八勝二敗)
対大関朝青龍(九勝一敗)

七場所ぶりに復帰した貴乃花に、
新大関朝青龍が挑む。
猛烈に突き立てる朝青龍に
貴乃花は一歩も引かず対抗、
最後は朝青龍両差し、貴乃花両上手の態勢に。
ここで朝青龍が右外掛けを打つが効かず、
最後は貴乃花が土俵外に上手投げ。
朝青龍は花道で声を荒らげ、
悔しさを露わにした。
この場所は、その後、
横綱昇進以降、おそらく唯一の
立ち合い変化を見せた十三日目千代大海戦、
明らかに不利な半身の態勢になりながらも
粘る相手と一分近い相撲になった、
十四日目魁皇戦なども、
あまり語られないが好き。

〇貴乃花(九勝二敗)
(上手投げ)
●朝青龍(九勝二敗)


■(五)平成二〇年初場所千秋楽
横綱白鵬(十三勝一敗) 対
横綱朝青龍(十三勝一敗)

前二場所出場停止になっていた朝青龍が復帰。
二日目稀勢の里に敗れるが、
一敗のまま千秋楽へ。
朝青龍不在の間連覇していた白鵬も、
安馬に敗れたのみで、千秋楽相星決戦へ。
激しい差し手争いの後、左四つがっぷり。
引き付け合いでじわじわと寄る白鵬。
持ちこたえ、さらに白鵬が寄りに行くところを
朝青龍が吊り上げ、両足を地面から離す。
が、吊り出しや打っちゃるまではできずに、
下ろしてしまったところで
白鵬が右上手投げで転がす。
あえて一番に絞るとしても、
この一番を挙げたい。
翌場所は朝青龍は復活優勝を果たした。

〇白鵬(十四勝一敗・優勝)
(上手投げ)
●朝青龍(十三勝二敗)


■(六)平成二十一年九月秋場所優勝決定戦
横綱白鵬(十四勝一敗) 
横綱朝青龍(十四勝一敗)

俺は朝青龍が好きなのだが、
朝青龍が勝った相撲には、
前回出した名勝負の条件
「優勝争いの天王山」かつ
「一分近く長引く熱戦」
というのを満たす物が少ない。
独走優勝も多いし、
勝つときは速いのだ。
挙げるとすればこの相撲。
本割では敗れ、優勝決定戦に
持ち込まれる朝青龍。
が、優勝決定戦では
かなり疲労が見える白鵬を
スピードで圧倒する。
それでも白鵬は懸命に対応するが、
最後は寄り切り。

〇朝青龍(十四勝一敗・優勝)
(寄り切り)
●白鵬(十四勝一敗)

■いかがだっただろうか。
もちろん間にも面白い相撲が
いくつもあるし、
優勝に絡まない相撲にも
名勝負はたくさんあるのだが、
私はこんな感じで選んでみた。

次回は(七)~(一〇)。

令和元年八月十七日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-スポーツ

執筆者:

関連記事

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …

no image

私撰・平成日本大相撲十番勝負(七)~(一〇)

■一昨日から書いている「私撰・平成日本大相撲十番勝負」の(七)~(一〇)(時代順)。 ■(七)平成二十四年九月秋場所千秋楽横綱白鵬(十三勝一敗) 対大関日馬富士(十四戦全勝) 日馬富士-白鵬は面白い相 …

no image

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

■なんでも「の秋」をつけるとそれっぽくなるが、実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、秋が一番やりやすい。(「食慾」だけは分からん。春も夏も冬も「食慾の」、である) そしてスポーツも。 競技にもよるけ …

no image

俺も優勝阻止してみたい。

■玉錦三右エ門という横綱がいた。昭和戦前のころだ。とにかく稽古の虫でめっぽう喧嘩好き。 ついたあだ名は「ボロ錦」「ケンカ玉」。 キヤラクターとしては朝青龍に似ていたのだと思う。土佐高知だしね。 そんな …