アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

ウェブ時代、若者はたくさん「待つ」ようになった

投稿日:2019年8月24日 更新日:

■一般に、技術の発展には、
待ち時間を減らす効果があると言われる。
しかしこれは本当だろうか。

ディヂタル時代・ウェブ時代になって、
人の生活に、
「ただ反応を待ち続ける」
という部分が大幅に増えた
ような気がするのだ。

メイルで、
mixiで、
Twitterで、
Facebookで、
LINEで、
Instagramで、
我々は何もできず、ただリロードしながら
「返事」を待ち続けている。


■おそらく、二十世紀は、
これほど待たなかった。
いや、「手紙」だと
もっと待っていたのかもしれないけど、
それはもともと待つもので、
出した次の瞬間返事が来ることは絶対にない。
だからある意味諦めていたのではないか。

ディヂタル自体の「返事」は、
出した次の瞬間来ることもある。
一方で、何日も来ないこともある。
常にリロードしていたからといって、
反応があるわけではない。
時間をおいて待っても、
来ていないこともあれば、
リロードしたときに突然来ることもある。
諦めてリロードをやめてずいぶん経って
ふと見たときに来ていることもある。

この時間、待つ側は何もできない。
催促もできるが、基本的には待つだけだ。

ウェブ時代、
若者はたくさん「待つ」ようになった。

この、待つときの、
孤独で無意味で、
しかも楽しくもない時間が、
私は嫌いではないのだ。

今日も私は、リロードを繰り返している。

令和元年八月二十五日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …

一九八五年前後生まれって結局「若者の流行」を作れなかったよな。

■先日「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という映画(BD)を観た。 一九九六年。ルーズソックス、白いカーディガン、明るい茶髪、ポケベル持ちの女子高生たちが、「そばかす」「CANDY GIRL」「LA・ …

no image

自分の中高を「インスタ」とすれば、大学は「2ch」だった。

■ぼくの中学高校が「東京に近い」「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」だったため、異様にハイソサイエティ志向で、安全で快適で閉鎖的なリア充空間を作っていて、今考えるとすごく気持ち悪い場所だっ …

人はなぜ文章のように文章を書くのか

■講演でも、演説でも、プレゼンテーションでもいい。自分が一人で誰かに向かってしゃべっているところを思い浮かべてほしい。 あなたは自分のおしゃべりに、矢印で注意書きや補足を付け加えたり、他の文へのリンク …

no image

もうやめて!とっくにNHKのライフはゼロよ!

■十年近く前から、「NHKらしからぬ、ラフな番組」が増えた。「サラリーマンNEO」とか、「ケータイ大喜利」あたりからはじまったような気がする。 最初は面白かったけれど、なぜ面白かったのかと言うと、「N …