アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

ウェブ時代、若者はたくさん「待つ」ようになった

投稿日:2019年8月24日 更新日:

■一般に、技術の発展には、
待ち時間を減らす効果があると言われる。
しかしこれは本当だろうか。

ディヂタル時代・ウェブ時代になって、
人の生活に、
「ただ反応を待ち続ける」
という部分が大幅に増えた
ような気がするのだ。

メイルで、
mixiで、
Twitterで、
Facebookで、
LINEで、
Instagramで、
我々は何もできず、ただリロードしながら
「返事」を待ち続けている。


■おそらく、二十世紀は、
これほど待たなかった。
いや、「手紙」だと
もっと待っていたのかもしれないけど、
それはもともと待つもので、
出した次の瞬間返事が来ることは絶対にない。
だからある意味諦めていたのではないか。

ディヂタル自体の「返事」は、
出した次の瞬間来ることもある。
一方で、何日も来ないこともある。
常にリロードしていたからといって、
反応があるわけではない。
時間をおいて待っても、
来ていないこともあれば、
リロードしたときに突然来ることもある。
諦めてリロードをやめてずいぶん経って
ふと見たときに来ていることもある。

この時間、待つ側は何もできない。
催促もできるが、基本的には待つだけだ。

ウェブ時代、
若者はたくさん「待つ」ようになった。

この、待つときの、
孤独で無意味で、
しかも楽しくもない時間が、
私は嫌いではないのだ。

今日も私は、リロードを繰り返している。

令和元年八月二十五日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

俺も優勝阻止してみたい。

■玉錦三右エ門という横綱がいた。昭和戦前のころだ。とにかく稽古の虫でめっぽう喧嘩好き。 ついたあだ名は「ボロ錦」「ケンカ玉」。 キヤラクターとしては朝青龍に似ていたのだと思う。土佐高知だしね。 そんな …

GAB(言語)はちっとも論理的じゃない。

■採用適正試験のひとつに、GAB(言語)がある。 三、四行の短い「本文」があり、あとに、「設問」がついている。その「設問」が、「本文」の内容と合致するかどうかを判断する、というものだ。 昭和六十三年か …

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …

no image

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、大学生のときは少しやっていた。 さらに一〇年以上前の「グランディア」、「ドラゴンクエストV」、「サクラ大戦」。 当時のゲイムは発売から一〇年たっても二〇年た …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …