アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

Uncategorized

最近のウェブページは印刷できないから困る。

投稿日:2019年8月23日 更新日:

■最近のウェブページは、
印刷するとレイアウトが
崩れる場合が多い。
昔からその傾向はあったのだが、
「動的」ウェブページが多くなって、
ますますその傾向が強くなった。

「Facebook」も、
「togetter」も、
「Amazon.co.jp」も、
印刷専用レイアウトはついていない。

もう「印刷」ということ自体が
古いのかもしれないが、
実際印刷したいときはある。
ウェブサイトの作り手は、
自分のサイトが
「印刷してでも持っておきたい」
誇るべきものであることを
想定してぜひ
「印刷でレイアウトが崩れる」
ということがないように
設計してほしい。


■しかし、
私が「印刷」できるページがほしいのは、
実は印刷するためではない。

よいウェブサイトを視ると、
自分のPCに保管したくなる。

「ウェブページをなるべく
そのままの形で保管する」
というのは古くて新しい問題で、
「ウェブ1.0」のころは、
「関連ファイル」つきで保存していたが、
関連ファイルが消えてしまったりして、
味気ない物になることが多かった。

できれば一ファイルだけで見たい。

そう、この、ウェブページを、
「一ファイルで、」
「記事と静止画像がきれいに見られ、」

「できればテキストが選択できる状態で、」
「レイアウトを崩さず、」

上下左右などに広告などの余計な物をつけず、
「ローカルに保存」

というのが、異様に難しいのだ。

昔から難しかったし、年々難しくなる。


■今は 「Pocket」
というのがあるが、
あれだと元サイトが消えたときには
もう見ることができない。
例え「Pocket」のサーヴィスが
突然終了しても永遠に
見られるようにローカル保存したい。

「Web魚拓」 は
上下に枠がついてしまうし、
これもローカルに
保存しているわけではない。

また、これらの
クラウドサーヴィスの多くは、
「Facebook」の「友達限定記事」の
保存などには使えない。

ウェブページを画像化するような
方法はあるが、それだと
文字列をコピーしたり検索したりできない。

(もしかしたら、
使ったことはないが、
「Evernote」には
これらの条件を満たす
サーヴィスもあるのかもしれない)


■上の条件を満たすものとしては、
今のところ、
「”印刷”機能でPDF化」
が今のところ一番よいのだ。

大手サイトで、
テキストが中心のところには、
記事ごとに「印刷」という、
プリンターのようなマークが
ついている場合も多い。
そこで印刷(保存)すると
レイアウトが崩れずに保存できるし、
何ページかに分かれた記事が
一つに合わさってくれたり、
サイドにある広告がなくなったりして、
重宝している。

(が、「Diamond Online」は
先ごろ「印刷」ボタンからの印刷を
有料化してしまった。
無料公開されている記事の
「印刷」ボタンを有料化したからと言って
儲かるとは思えないのだが…。
まあ仕方ない)


■多くのサイトがそんな感じで、
おそらくスマートフォン、クラウドの
時代になって、もう、
「印刷」「ローカル保存」
という発想自体が時代遅れなのだろう。

いや、しかし、俺のような
どうしてもきれいにローカルに保存して
自分の物にしたい、
紙にして印刷したい、という
欲求の持ち主はいると思うのだが…。

もっとも、私にスキルが足りないだけで、
何か良い方法があるのかもしれない。
ご存知の方がいれば、
ご指導いただきたい。

令和元年八月二十三日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

(つけたり)
■その後、
「Chrome」や「Firefox」では、

・[F12]を押してソースを表示させる

・その左上の矢印のボタンを押して
部分選択モードにする

・不要部分をクリックする

・[Delete]を押す

という方法で、不要部分を一時的に
削除したうえで表示させることができ、
印刷もその状態で可能だということが分かった。
これはこれで少し面倒だけど。

-Uncategorized

執筆者:

関連記事

no image

おいしいオムライスチェイン。

東京。 池袋で何もわからず入ったオムライスチェイン店のピクルスがおいしかった。 http://www.tamagoken.com/ 令和元年九月十四日明瀬祐介acsusk@gmail.com

no image

ベイスィックインカムは史上最大の学術・文化・スポーツ振興事業だ。

■私はベイスィックインカム(BI)の導入論者だが、その理由の一つは、ベイスィックインカムが、学術・文化・スポーツ振興事業となるからだ。 これは、別にオリヂナルの物ではないのだが、一応書いておきたい。 …

no image

「科研費」という戦時体制の遺物。

■「一九四〇年体制」という言葉がある。 昭和十五年(一九四〇年)前後に総力戦に向けて、国家の人や物、全てを「国家にとって有用なもの」に集中させようと、多くの統制経済的な制度が作られた。源泉徴収制度も、 …

no image

霞ヶ浦へ。

■茨城県かすみがうら市の「かすみマルシェ」に行く。 http://kasumigaura.miraidukuri.jp/marche/ 詳しい感想はまた後日。 令和元年九月十五日明瀬祐介(アカセ)ac …