アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦

図書館で地元の古い住宅地図コピーすると楽しい。

投稿日:

■これは知っている人は
常識なので、
偉そうに言うのは恥ずかしいが、
もしかしたら何か別の記事から
この日記に入った人は
知らないかもしれないので書いておく。

図書館に行って、
地元の古いゼンリンの住宅地図を
コピーしてくると、
絶対楽しい。

これは老若男女ヤンキーオタク、
誰もが楽しい。


■やり方は簡単で、
地元の中心都市(人口一〇万人規模)の、
大き目の図書館に行く。
受付の人に
「昔の○○(自分の育った場所)の
住宅地図ありませんか」
と聞く。
昭和何十何年、という古い年、
ぎりぎり自分が知っている時代と
そう変わらないだろう時代の地図を
見せてもらい、
コピーさせてもらう。

このとき、著作権上の問題で、
「ゼンリン住宅地図は見開き一枚
コピーすることはできない」
という謎ルールがある。
違う見開きなら
いくらでもコピーできるのだが、
見開き一枚全部はコピーできない、
ということで、
ちょっと残念だし、
ゼンリンも昔の地図に関しては
許してほしいのだが、
しかたがないので半分だけコピーする。
(これは、著作権法上の問題はないみたい)
(図書館によっては
許可されない場合もあるという)


■取ってくるのは、
自分の実家の周り、
小学校の周り、
最寄り駅の周り、
今の家の近く、
今の職場の近く。

ぜひ、家族や友人と
一緒に見てみよう。
昭和からの街の変化に驚き、
「あったなあ…」
という感想が漏れるはずだ。
田舎なら、
きっとこんな感じだろう。

バイパスがまだなく、
廃線となった鉄道が走り、
駅前のシャッター街に商店がある。
イオンモールはまだなく、
地場スーパーが栄えている。
シネマコンプレックスに駆逐された映画館。
今は分譲地になっているところがまだ山で、
「牛舎」「鶏舎」「蚕室」
なんて文字も見える。
「遊園地」は公園のことだ。
街によっては
今は廃墟になったラヴホテルや、
遊戯施設なんかもあるかもしれない。
今ある飲み屋も、微妙に引っ越しがある。

コピー代だけで、
今はもう、記憶にすらなかった、
「あの」地元が見られるはずだ。

令和元年八月二十八日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■ただしこういった行動は、
私のように周囲と楽しむだけならよいが、
差別や犯罪の要因にもなってしまうだろう。

-作戦

執筆者:

関連記事

やりたいことがある人と、やりたいことがない人は、大学に行くべきではない。

■大学不要論が、最近ちょっとした流行になっている。 「ネットが発達して、大学以外で学べるようになった」「好きなことをして金を稼ぐことが、今の時代は可能だ」「会社なんかはいらず、起業したり、ユーチューバ …

我々の周囲は、想像以上にすごい人で溢れてる。

■割と近い知り合いに、いわゆる「絶対音感」を持っている人がいる。 ただし、単音のみで、和音ではできないらしい。(全くできないのか、少しはできるのかは不明) ピアノを叩いても、缶からを叩いても、「ソ」と …

no image

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

■就職活動のとき、営業職を志望していた私は、面接でこんな質問をされた。 「あなたの、自分が営業職に一番向いていると思うところはどこですか」 それほど間を入れず、私は答えたのだった。 「……人を好きにな …

no image

関西の貧乏学生はフェリーで上海行っとけ。

■大学生活の六年目、 二〇一〇(平成二十二)年の夏、船でひとり、上海に行った。 神戸から出ている「新鑑真号」に乗り、三泊四日だったかで、帰りは大阪への「蘇州号」に乗ったのだ。(これだと往復割引がなくて …

無敵の通信制大学、弱点もある。

■前回は、 「大学に通学し、講義を受けることで失ってしまう時間と費用を考えれば通信制大学が圧倒的に得だ」 「若者は通信制大学を選んで、その替わりに得た時間で他の活動を一生懸命するべきだ」 ということを …