アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感 身辺雑記

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

投稿日:2019年9月12日 更新日:

■私は、インターネットでの
動画配信をあまり視ない。

「YT」も「ニコニコ動画」も、
定期的には視ていない。

「アベマTV」とか、
「フールー」とか、
「ネットフリックス」とか、
「アマゾンプライム」とか、
どれが同じヂャンルで
どれが違うヂャンルの言葉なのかすら
分からない。

これは
「これまでの習慣を変えがたい」
という、年寄にありがちな性質も要因のひとつだ。


■もうひとつの問題は、
「どれを視ればよいのか分からない」
ということだと思う。

二〇世紀の昔、
「動画」「映像」というのは、
ほとんど地上波TVと
レンタルビデオ店と
映画館にしかなかった。
TVのチャンネルが増えても、
たかがしれていた。

作り手はほぼTVか映画かヴィデオグラムで
出すことを念頭においていた。
TV番組はTVで視るものだったし、
公開の終わった映画や
放送の過ぎたTVドラマの一部、
それにオリヂナル作品は
レンタルビデオ店で借りる。

だから、TVとレンタルビデオ店だけを
チェックしていれば、
最終的に「出会うべきもの」には出会える、

という感じだったのだ。

「世の中にあるものの中で、
自分が出会えるものの割合」
がまだそこそこ高かった
ように思う。


■この枠が外れたのが
二十一世紀のすごいところだが、
困ったのは、作品もチャンネルも多すぎて
何が何だか分からなくなってしまったことである。

インターネットの動画配信にも
「出会うべきもの」はきっとあるはずなのだが、
それがどこのチャンネルの何のコンテンツなのか
分からないのだ。

まだ地上波TVとレンタルビデオ店を
うろうろしていた方が、
「出会うべきもの」と効率的に出会えるのでは、
と感じてしまう。


■まあ全くやったことがないので
よく分からないのだが、
やっぱり
「だいたいこの中から選んで」
というガイドがあった方が、
一般大衆には分かりよいのではないか。

令和元年九月十二日
明瀬祐介(あかせ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■今の若者はすごいよな、
「YT」とか視て。
番組表も雑誌もないのに
どうやってコンテンツを選んでんだ、
と思う。

-所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

僕にニュースは要らない。ニュース・ゼロの生活。

■最近、ニュース報道を視ないようにしている。 以前から、TVのニュース番組は視ていなかったのだが、「Yahoo!」オフィス版のトップペイヂは見ていたし、また、NHKのデイタ放送からニュースを視ていた。 …

no image

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

■私は「やる」競技では将棋が好きで、「見る」競技では相撲が好きだが、前々から、この二つの競技にはかなり重要な共通点があると思っていた。 ■「スコア」がない。 野球にもサッカーにも、「一点は取った」とい …

no image

理科教育って理科好きの子供の興味と違うよな。

■多くの子どもは、理科が好きである。 恐竜とか、野生動物とか、宇宙とか、ロボットとか、子どもにはたまらない。 ■昔から思っていたのは、「理科教育」がどうもちょっとこれと違う、ということだ。 ぼくは子供 …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

no image

ぼくのいた、「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」の気持ち悪さ。

■ぼくは昔、とある田舎の新設私立共学中高一貫校に通っていた。 当時のぼくの学校は、当時すごく心地よくて、今思うとひどくつまらなくて、そして妙に気持ち悪い空間だった。 それは、思うに、「田舎」「私立」「 …