アカセニッキ

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感 身辺雑記

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

投稿日:2019年9月12日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■私は、インターネットでの
動画配信をあまり視ない。

「YT」も「ニコニコ動画」も、
定期的には視ていない。

「アベマTV」とか、
「フールー」とか、
「ネットフリックス」とか、
「アマゾンプライム」とか、
どれが同じヂャンルで
どれが違うヂャンルの言葉なのかすら
分からない。

これは
「これまでの習慣を変えがたい」
という、年寄にありがちな性質も要因のひとつだ。


■もうひとつの問題は、
「どれを視ればよいのか分からない」
ということだと思う。

二〇世紀の昔、
「動画」「映像」というのは、
ほとんど地上波TVと
レンタルビデオ店と
映画館にしかなかった。
TVのチャンネルが増えても、
たかがしれていた。

作り手はほぼTVか映画かヴィデオグラムで
出すことを念頭においていた。
TV番組はTVで視るものだったし、
公開の終わった映画や
放送の過ぎたTVドラマの一部、
それにオリヂナル作品は
レンタルビデオ店で借りる。

だから、TVとレンタルビデオ店だけを
チェックしていれば、
最終的に「出会うべきもの」には出会える、

という感じだったのだ。

「世の中にあるものの中で、
自分が出会えるものの割合」
がまだそこそこ高かった
ように思う。


■この枠が外れたのが
二十一世紀のすごいところだが、
困ったのは、作品もチャンネルも多すぎて
何が何だか分からなくなってしまったことである。

インターネットの動画配信にも
「出会うべきもの」はきっとあるはずなのだが、
それがどこのチャンネルの何のコンテンツなのか
分からないのだ。

まだ地上波TVとレンタルビデオ店を
うろうろしていた方が、
「出会うべきもの」と効率的に出会えるのでは、
と感じてしまう。


■まあ全くやったことがないので
よく分からないのだが、
やっぱり
「だいたいこの中から選んで」
というガイドがあった方が、
一般大衆には分かりよいのではないか。

令和元年九月十二日
アカセ
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■今の若者はすごいよな、
「YT」とか視て。
番組表も雑誌もないのに
どうやってコンテンツを選んでんだ、
と思う。

-所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

小説のない人生。

■告白しなければならない。 以前この日記で「村上春樹で一番面白いのは『1Q84』!」などと書いた覚えがあるが、何を隠そう、実は私は「1Q84」を最後まで読んでいない。俗にいう「エアプ」と言うやつだ。ご …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …

僕たちは本当にインターネットと美しく生きられるのか。

■僕が大学の時、平成二十二年(2010年)くらいのことだろうか。 ある人と、mixi上の友達になったことがある。 当時、その人は僕の憧れていた女性だったから、舞い上がるほどうれしかった。 だが、彼女は …

「超難関大学の授業は難しすぎて天才しかついていけない」説はガセ。

■時折、ウェブなどで、 「超難関大学ではその大学に合格するような人しか絶対に理解できないような難解な講義が行われており、普通の人はついていくこともできない」 というような言説を読むことがある。 さらに …

友情無期限時代。別れなくなった若者たち。

■Facebookの登場以降、いや、その前のmixi登場から、 あるいは携帯電話の普及からか、 若者が「友人と別れる機会」が少なくなったように思う。 かつて、学校を卒業すれば、 その学校での友人とほと …