アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感 身辺雑記

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

投稿日:2019年9月12日 更新日:

■私は、インターネットでの
動画配信をあまり視ない。

「YT」も「ニコニコ動画」も、
定期的には視ていない。

「アベマTV」とか、
「フールー」とか、
「ネットフリックス」とか、
「アマゾンプライム」とか、
どれが同じヂャンルで
どれが違うヂャンルの言葉なのかすら
分からない。

これは
「これまでの習慣を変えがたい」
という、年寄にありがちな性質も要因のひとつだ。


■もうひとつの問題は、
「どれを視ればよいのか分からない」
ということだと思う。

二〇世紀の昔、
「動画」「映像」というのは、
ほとんど地上波TVと
レンタルビデオ店と
映画館にしかなかった。
TVのチャンネルが増えても、
たかがしれていた。

作り手はほぼTVか映画かヴィデオグラムで
出すことを念頭においていた。
TV番組はTVで視るものだったし、
公開の終わった映画や
放送の過ぎたTVドラマの一部、
それにオリヂナル作品は
レンタルビデオ店で借りる。

だから、TVとレンタルビデオ店だけを
チェックしていれば、
最終的に「出会うべきもの」には出会える、

という感じだったのだ。

「世の中にあるものの中で、
自分が出会えるものの割合」
がまだそこそこ高かった
ように思う。


■この枠が外れたのが
二十一世紀のすごいところだが、
困ったのは、作品もチャンネルも多すぎて
何が何だか分からなくなってしまったことである。

インターネットの動画配信にも
「出会うべきもの」はきっとあるはずなのだが、
それがどこのチャンネルの何のコンテンツなのか
分からないのだ。

まだ地上波TVとレンタルビデオ店を
うろうろしていた方が、
「出会うべきもの」と効率的に出会えるのでは、
と感じてしまう。


■まあ全くやったことがないので
よく分からないのだが、
やっぱり
「だいたいこの中から選んで」
というガイドがあった方が、
一般大衆には分かりよいのではないか。

令和元年九月十二日
明瀬祐介(あかせ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■今の若者はすごいよな、
「YT」とか視て。
番組表も雑誌もないのに
どうやってコンテンツを選んでんだ、
と思う。

-所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

新自由主義者として「二年縛り」規制に反対する。

■携帯電話業界の「二年縛り」は、極めて評判が悪い仕組みである。そもそも、市場で、「買い手」からこんなに悪口だらけのものを「売り手」が提供しつづける、と言うこと自体が奇妙だ。携帯電話業界の大手三社間の競 …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …

no image

茨城県南につくばがある異和感。

■先日、 自分の通った中学高校が「東京に近い」「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」だったため、異様にハイソサイエティ志向で、安全で快適で閉鎖的なリア充空間を作っていて、今考えるとすごく気持 …

温水洗浄便座の操作が分かりずらすぎる。

■これは、以前から散々言われていることだと思うのだが、俺も言っておく。 W.C.、主に温水洗浄便座の操作が分かりづらすぎる。統一感もなさすぎる。 以前、絵文字が統一される、ということはあった。それはし …

no image

保険の義務化が日本を救う。

■せんだって「保険加入の義務化」によって、資本主義のメリットを維持しながら各主体を緊急時の致命的金銭負担から守ることができるのではないか、という趣旨のことを書いた。 前回は「自治体の災害対応保険加入の …