アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

茨城県の田舎の景色が本当に残念。

投稿日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■せんだって、
茨城県かすみがうら市・行方市に行った。

「虹のタワー」という塔がある。
のぼって、霞ケ浦側を観ると、
青い湖水が広がり、なかなかの景色だ。
が、反対側を観たとき、
ちょっとがっかりしてしまった。

緑色の森林と田園
…の中に、
家電量販店とホームセンターからなる
大規模商業施設が鎮座していたからだ。


■もちろんこれらの店舗が
住民の利便性を高め、
雇用や豊かさをもたらしているわけだから
決して悪いわけではない。
(私が近くの住民だったら
ありがたく思うだろう)
また行政担当者や誰かを
責めたいわけでもない。

あえて責めるとすれば
制度や文化や、慣習である。

また、上記はほんの一例で、
茨城県や、当該の地域だけでなく、
日本全体の話だ。

まえまえから、もう少し
住民の利便性や安全性と、
景観を両立する、
調整や仕組みづくりは
できたのではないかと思うのだ。
(具体的には、ゾーニングということになる。
「何もそこに作らなくてもいいだろう」と)


■上記の商業施設は
大いに住民の役に立ってそうだから
あまり責めないけれど、
「いや、それは誰も幸せにしてないんじゃね?」
というのも少なくない。

道路を走ってみると、
何kmにもわたって、電信柱の付け根に
政治家のポスターが結びつけられている。
突然、交通安全標語の掲示板が現れ、
「これに目を奪われて、
事故につながるのでは?」
とさえ思う。
「○○km先」と、
店舗の存在を伝える看板がでかでかと立つ。

これらに関しては、
住民の利便性や安全性、豊かさを
犠牲にしなくても、
深刻な対立を引き起こさなくても、
多大な時間や費用をかけなくても、
多くの人にとって、
もうすこし美しい風景を
作ることは可能だろう。
それは住民の幸福度を
高めることにつながる。

(これも、もちろん、
茨城県や当該地域だけの話ではない)


■というわけで、
何のオリヂナリティもない意見だが、
今後数十年間の
日本の目標のひとつは、
「美しい風景」
を作ることになるのではないか。

もちろん土地は部外者への見世物ではなく、
当地に住む人の生活のためにある。
しかし、利便性や安全性を犠牲にせず、
同意を得ながら、
むしろ幸福度を高めながら進めることも、
決して不可能ではないはずだ。

令和元年九月十七日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

「マルサの女2」と「土地の不可侵性」。

■映画「マルサの女2」を はじめて観た(DVD)ので、 以下にその内容の一部と感想を書く。 本作は昭和六十三年、 前作「マルサの女」の続篇として公開された。 監督は伊丹十三。 主演は「みやや」(「ナイ …

no image

九〇年代後半、なんか異様に暗い時代があったよな?

■これはなかなか理解してもらえないし、「世相」などというものを説得的に判定することはできないのだが、「一九九〇年代後半、異様に暗い時代があった」といったら、同意してもらえる人はどれだけいるだろうか。 …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …

no image

各自治体に災害保険加入を義務化してはどうか。

■現代の日本で大きな対立軸となっているのは、「みんなを致命的被害から救いたい」という社会民主主義的な思想と、「みんなを救おうとすれば自助努力をする人ほど損をするから、自助努力をしなくなる。みんなが自助 …

no image

不良と体育会系と全共闘と。

■前回、「日本最後の精神的コミュニティである学校を最後に、日本から、“その構成員から強い愛着を持たれるようなコミュニティ”はなくなる」というようなことを書いた。 文章は最後、「 …