アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

TV スポーツ

「MGC」で分かる、NHKのセンス不足。

投稿日:

■「マラソングランドチャンピオンシップ」
のTV放送を観た。

この大イヴェントは、
男子はTBSが、
女子はNHKが、
それぞれ中継を担当するということで、
「史上初のコラボ」
と銘打って、オープニングの数分間、同時配信を行う、
という試みがなされた。

最初の場面、
TBSの代表として現れたのは安住紳一郎である。

そしてNHK側は…、
NHKスポーツ番組に出演している、
嵐の相葉雅紀だった。

…NHKって、
ほんとこういうセンスがないんだよな。


■相葉が悪いわけではない。

でも、TBS側は、TBSの顔と言える、
TBS所属の人気者・安住紳一郎を
出してきてるんだぜ。
NHK側は、
民放にもたくさん出ている相葉じゃなくて、
勘九郎でも杉浦友紀でもどーもくんでも、誰か、
「いかにもNHK」
という人物を出さなきゃ駄目でしょうよ。

「史上初のコラボ」なんだから
「おお!
確かにNHKとTBSがコラボしとる!!
これはレアだ!!!」
と一目で分かる画面を作らなきゃ。

相葉にはそのあとで
ゆっくり活躍してもらえばよいではないか。


■NHKの残念な感じというのは、
つまりこういうところだ。

自分たちにしかできないことが確実にあり、
それを出した方が面白い場面でも、
わざわざ他の民放にもできることを、
面白いと思ってやってしまう。

今のNHKのセンスのなさは、
この「MGC」の一画面に象徴されると、
私は思う。

令和元年九月十八日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■もしかすると何らかの事情で、
こういう選択をせざるを得なかったのかもしれないが、
だとすれば、
そんな情況になってしまうこと自体が失態である。
(繰り返しになるが、相葉が悪いわけでは決してない)

-TV, スポーツ

執筆者:

関連記事

no image

私撰・平成日本大相撲十番勝負(七)~(一〇)

■一昨日から書いている「私撰・平成日本大相撲十番勝負」の(七)~(一〇)(時代順)。 ■(七)平成二十四年九月秋場所千秋楽横綱白鵬(十三勝一敗) 対大関日馬富士(十四戦全勝) 日馬富士-白鵬は面白い相 …

no image

私撰・平成日本大相撲十番勝負(一)~(三)

■平成年間が終わったので、相撲フアンとも呼べないような未熟な相撲好きながら、平成大相撲の名勝負十選を作ってみたい。 残念ながら、私がリアルタイムでTV桟敷にいたのは、曙貴時代以降になるので、そこに絞ら …

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …

no image

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

■私は「やる」競技では将棋が好きで、「見る」競技では相撲が好きだが、前々から、この二つの競技にはかなり重要な共通点があると思っていた。 ■「スコア」がない。 野球にもサッカーにも、「一点は取った」とい …

「マルサの女2」と「土地の不可侵性」。

■映画「マルサの女2」を はじめて観た(DVD)ので、 以下にその内容の一部と感想を書く。 本作は昭和六十三年、 前作「マルサの女」の続篇として公開された。 監督は伊丹十三。 主演は「みやや」(「ナイ …