アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

TV 所感

もうやめて!とっくにNHKのライフはゼロよ!

投稿日:

■十年近く前から、
「NHKらしからぬ、ラフな番組」
が増えた。
「サラリーマンNEO」とか、
「ケータイ大喜利」あたり
からはじまったような気がする。

最初は面白かったけれど、
なぜ面白かったのかと言うと、
「NHKらしからぬ」からだ。
「真面目なNHK」という前提があって、
それを崩すということに
面白さがあったわけである。

約十年前「サラリーマンNEO」の頃は、
まだ「真面目なNHK」という前提があったから、
それを崩すだけで面白かった。


■数年前、「LIFE!」のときは、
「真面目なNHKを崩す」
ということは、もう前提になっており、
「いまだ残る、それに対する批判」
をパロディにしていた。
(直接的には中田宏の国会での質問からだ)

「NHK ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター」
三津谷寛治。
紹介によると、
「NHKを心から愛し、
常に公共放送とは何かを考え追求し
かつては社会派ドキュメンタリーの神とも
呼ばれていた」
という、このキャラクターが登場して,
笑いの種になるたび、
それまでNHKが大切にしてたものを
壊しているようで、
ぼくは哀しくなった。


■今、「チコちゃんに叱られる!」でも
「真面目なNHKを崩したら面白い」
という手法はかろうじて使われている。
アナウンサー森田美由紀の
あの深刻そうな語り口だ。
もう「真面目なNHK」は
ほとんど消費しつくしてしまって、
森田という個人の真面目さ技術に
頼るまでになってしまった、
といえるかもしれない。


■そんなわけで、もう、
「真面目なNHK」は
ほとんど残っていない。
民放がやっているものを作りたがる、
「民放のつまらない版」になってしまった。
(それは民業圧迫という問題もある)

「NHKらしい」ものがなくなって、
「NHKらしからぬ」ものだけになった、
NHKは、もう「NHKらしい」 のか
「NHKらしからぬ」なのか分からない。

NHKをつけても、
がっかりすることが増えている。

もう、三津谷寛治が愛していたNHKは、
どこにもない。

私は今後、NHKの経営や番組作りへの
批判が一層強まっていくことに期待している。

必要とされる組織というのは、
その強みや役割を認識するところから
始まるのだ。

令和元年九月十九日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-TV, 所感

執筆者:

関連記事

no image

ぼくのいた、「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」の気持ち悪さ。

■ぼくは昔、とある田舎の新設私立共学中高一貫校に通っていた。 当時のぼくの学校は、当時すごく心地よくて、今思うとひどくつまらなくて、そして妙に気持ち悪い空間だった。 それは、思うに、「田舎」「私立」「 …

no image

恫喝を浴びたい人や搾取されたい人もいるだろうに。

■ある時から、「人の喜ぶ姿が見たい」と低賃金重労働に励んでいた人が、“やりがい搾取”の被害者とされるようになった。朝や土日にも練習があり、監督から厳しく叱責される部活動が&#8 …

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …

仕事に「頭の良さ」は要るのか。

■先日、古い知人から過去の記事に対して、疑問を投げかける電子メイルを受け取った。この場を借りて厚くお礼を申し上げたい。 直接話題に上がったのはこの記事だ。http://acsusk.com/20181 …