アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

TV 所感

もうやめて!とっくにNHKのライフはゼロよ!

投稿日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■十年近く前から、
「NHKらしからぬ、ラフな番組」
が増えた。
「サラリーマンNEO」とか、
「ケータイ大喜利」あたり
からはじまったような気がする。

最初は面白かったけれど、
なぜ面白かったのかと言うと、
「NHKらしからぬ」からだ。
「真面目なNHK」という前提があって、
それを崩すということに
面白さがあったわけである。

約十年前「サラリーマンNEO」の頃は、
まだ「真面目なNHK」という前提があったから、
それを崩すだけで面白かった。


■数年前、「LIFE!」のときは、
「真面目なNHKを崩す」
ということは、もう前提になっており、
「いまだ残る、それに対する批判」
をパロディにしていた。
(直接的には中田宏の国会での質問からだ)

「NHK ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター」
三津谷寛治。
紹介によると、
「NHKを心から愛し、
常に公共放送とは何かを考え追求し
かつては社会派ドキュメンタリーの神とも
呼ばれていた」
という、このキャラクターが登場して,
笑いの種になるたび、
それまでNHKが大切にしてたものを
壊しているようで、
ぼくは哀しくなった。


■今、「チコちゃんに叱られる!」でも
「真面目なNHKを崩したら面白い」
という手法はかろうじて使われている。
アナウンサー森田美由紀の
あの深刻そうな語り口だ。
もう「真面目なNHK」は
ほとんど消費しつくしてしまって、
森田という個人の真面目さ技術に
頼るまでになってしまった、
といえるかもしれない。


■そんなわけで、もう、
「真面目なNHK」は
ほとんど残っていない。
民放がやっているものを作りたがる、
「民放のつまらない版」になってしまった。
(それは民業圧迫という問題もある)

「NHKらしい」ものがなくなって、
「NHKらしからぬ」ものだけになった、
NHKは、もう「NHKらしい」 のか
「NHKらしからぬ」なのか分からない。

NHKをつけても、
がっかりすることが増えている。

もう、三津谷寛治が愛していたNHKは、
どこにもない。

私は今後、NHKの経営や番組作りへの
批判が一層強まっていくことに期待している。

必要とされる組織というのは、
その強みや役割を認識するところから
始まるのだ。

令和元年九月十九日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-TV, 所感

執筆者:

関連記事

あえて、「学術研究に税金を使うな」と言ってみる。

■せんだって、科研費についての記事で、統制経済・「一九四〇年体制」のことについて考えた。 「科研費」という戦時体制の遺物。 ■ところで、この「一九四〇年体制」という言葉を作った野口悠紀雄は、計画経済的 …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

日大アメリカンフットボール部内田正人・井上奨を擁護する。

■平成30年(2018年)5月6日の大学アメリカンフットボール、日本大学-関西学院大学戦の事件については、一時期、マスメディア、ウェブ上でさんざんに批判がなされていた。   ■特に問題となっているのは …

no image

Perfumeと松下幸之助の共通点。

■先日「SONGS」にPerfumeが出ていたので視た。 Perfume、わりと好きなのだが、フアンというほどではない。メムバーの名前すらあやふやだ。 ■そんな、Perfumeが、恩師の振付師・MIK …

小中高の理科難しすぎない?

■先日、ゆとり教育がどうとかの話で、非常に知識偏重、ペイパーテスト重視の持論を述べた。 学校とか全部単位制・通信制でいいんだよ! 上に何となく書いた通り、例えば私は数学に関しては可能な限り多くの国民が …