アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

TV 作戦 所感

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

投稿日:2019年9月25日 更新日:

■この、「明瀬祐介日記」は、
意識してはいないものの、
「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」
という記事がある。

下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、
もっと人生が楽しかっただろうと思う内容だし、
もし今、若者で読んでいる人がいれば、
ぜひ参考にしていただきたい。

■上記はまあまあ真面目な内容だけど、
若い頃の行動で後悔していることはいっぱいある。

それも、
仕事とか、勉強とか、友人関係とか、恋愛とかでなくて、
しょぼいことで。

例えば、言うのも恥ずかしいのけど、
結構大きな後悔となっているのが、
これだ-。

「TV、録画して保存しておけば
よかったよなあ…」


■ねっねっねっ、みんなそう思わないですか?

平成日本に生きていれば、
録画・保存しておけば大切に視ただろうに、
というTVがきっとあるだろう。

VHS時代は三倍録画でも
部屋がすぐにいっぱいになってしまったので
まあ諦めはつくのだが、DVD時代後なら
いくらでも採っておけたのに…。

それらは今視たら、
どうしようもなく面白い物になったはずである。

そう当時は誰も思わなかったから
ほとんどの人が保管なんかしていないわけだが、
なんてことない物が、
一〇年後には貴重で面白くなるものなのだ。


■多くのドラマとアニメイションが
ヴィデオグラム化される一方で、
どういうわけか「ドラマとアニメイション以外」は
ほとんどヴィデオグラム化がなされない。

まあ報道がヴィデオグラム化されないの
しかたないが(でも視たい)、
以前にも書いたことがある通り、
スポーツも試合そのものがヴィデオグラム化されて発売、
ということはまずないし、
良質なドキュメンタリイも
爆笑の演芸もほとんどヴィデオグラム化されないのだ。

だから、一度放映されれば
あとは消えていく一方なのだが、
これはあまりにもったいないし、
それを残念に思って
「ああ、俺が録っておくべきだった!!」
と痛切に感じている人は多くないだろうか。

■若い頃の後悔、
と呼ぶにはあまりにしょうもないのだけれど、
一〇歳代頃の自分に会ったら伝えたいことの
トップ一〇には入ってしまう。
「TV、録画して保管しとけ」-。

もっとも、今からやるとよいか、
というと微妙である。

「放送アーカイヴ」のようなものが
できるかもしれないし、
「TVer」みたいなものも
対象が広がるかもしれないからだ。

そうなると一転、
今まで熱心に録画・保管していた人が、
「金と時間を返せえええええ」
ということになる可能性だってあるわけだし。


■しかし、TVに限らず、
「なんでも保管しておいたらいい」
と拡張したら、今でも通用するだろう。
面白いウェブサイトだって
かっこいい動画だって、
いつかは消えてしまうので
ぜひ保管しておこう。

自分の身近な人の
写真や動画、メイルなんかも、
消えてしまったり、
消してしまったりすることがある。

それらは現在、
いかにしょうもないように見えても、
保管して何年か経つと、
やっぱり可笑しくて、貴重な物になるはずなのだ。

令和元年九月二十五日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

(つけたり)
■なお、私は「物」はできるだけ
捨てた方がよいと思っているが、
上記のような後悔から、
「画像」「文書」、
つまり「情報」といったものは
ディヂタルデイタの形にして、
なるべく採っておいたほうが良い、
という考えに変わっている。

-TV, 作戦, 所感

執筆者:

関連記事

no image

「女子大生」亡国ではないけど論。

■すでに誰か言っているだろうし、すでに定着した言葉について「おかしい」というのはおかしいのだが、共学に通う「女子大生」という言葉は改めて変だ。 「大生」(だいせい)と言う言葉はなく、「女子大」という言 …

「育ったウェブプラットフォーム」が、「世代」を分ける。

■先日、「私たち一九八五年前後生まれの世代は若い時代にSNSがなかったのもあって“若者の流行”を作り出せなかった」ということを述べた。 一九八五年前後生まれって結局「若者の流行 …

GAB(言語)はちっとも論理的じゃない。

■採用適正試験のひとつに、GAB(言語)がある。 三、四行の短い「本文」があり、あとに、「設問」がついている。その「設問」が、「本文」の内容と合致するかどうかを判断する、というものだ。 昭和六十三年か …

no image

あえて、「学術研究に税金を使うな」と言ってみる。

■せんだって、科研費についての記事で、統制経済・「一九四〇年体制」のことについて考えた。 「科研費」という戦時体制の遺物。 ■ところで、この「一九四〇年体制」という言葉を作った野口悠紀雄は、計画経済的 …

「目次コピー読書法」というのを考えてみた。

■本は買って読むべきか、 それとも借りて読むべきか。 書籍を買うと金もスペースもなくなるから、 正直、できれば図書館で済ませたい。 が、図書館で借りた本を、 期限内に読み切るのは難しいし、 一度読んで …