アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感 漫画

雑誌のグラヴィアが単行本化されない不思議。

投稿日:2019年9月26日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■「ビッグコミックスピリッツ」
という雑誌を読んでいる。

今は
「ワイルドピッチ!!!」
「あさひなぐ」
「リボーンの棋士」
「雪花の虎」
と、面白い漫画が多い。

今のところ読んでいる漫画雑誌は
「スピリッツ」だけだ。

他の雑誌にも面白い漫画があるのだが、
買ってはいない。

なぜなら連載物は、ほぼすべて、
いずれ単行本化されるからである。

漫画でも小説でも随筆でも、
連載を読んでいる、という人ばかりではない。
小説なんて、連載で読む方が少数派だ。
多くは単行本で読む。


■しかし、こういう雑誌に載っていて、
人気はあるだろうに、
まず単行本化がなされない部分がある。

なぜ、グラヴィアは単行本化されないのか。

多くの雑誌では、表紙と巻頭を、
美しいグラヴィアが飾ることになっている。

なにも漫画雑誌だけではないし、
主として男性向けの、
女性のグラヴィアばかりではない。
「anan」にも「MORE」にも「ViVi」にも、
綺麗なグラヴィアが載っている。

それらすべて、時期がきたら
単行本として発売したらよいではないか。

「ビッグコミックスピリッツ
グラヴィア集2019」とか、
「令和元年度anan
グラヴィアコレクション」とか…。

なぜ、みんな、
せっかく綺麗なグラヴィアを撮っておきながら、
捨ててしまうのか。


■素人ながら、理由はいくらでも考えられる。

「権利関係の処理が難しい」。
いくらなんでも
映画やドラマのDVD化より難しい
ということはあるまい。
その気になればクリアーできよう。

「本が売れない」からか。
いや、似たような、
(連載ではない)「撮りおろし」ばかりの
写真集というのは存在している。


■思うに、
「作り手がその価値に気づいていない」
という理由が大きいのではないか。

前に「TV」について書いたけれど、
作り手が
「一過性の消費財」
のように考えているものだって、
真剣に作っているゆえに、
すでに保存するような価値ができているのだ。

作り手はそれを誇ってほしい。

グラヴィア、どんどん単行本化しろよ!

令和元年九月二十六日
明瀬祐介

-所感, 漫画

執筆者:

関連記事

no image

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

■私は、インターネットでの動画配信をあまり視ない。 「YT」も「ニコニコ動画」も、定期的には視ていない。 「アベマTV」とか、「フールー」とか、「ネットフリックス」とか、「アマゾンプライム」とか、どれ …

no image

現代音楽←まだわかる 現代美術←は?

■美術には「現代美術」「現代アート」というジャンルがあり、今の「ハイカルチュア」としての「美術」のかなり主流を占めている。 音楽の「ハイカルチュア」部分の主流は、以前として「いわゆるクラシック」だ。も …

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …

no image

教師も弁護士も医師も、試験と実習だけでなれるようにしては?

■現在の日本の制度では、基本的に、小中学校教師になるためには所定の大学に行く必要がある。弁護士になるためには、法科大学院に通う必要がある(*)。医師になるためには、医学部医学科に通うしかない。 が、下 …

かつて、無数の団体が自由に金券をデザインしていた。

■前回の記事では、 「キャッシュレス時代を見据えて、 一万円札は取引用ではなく、 “贈答”専用の紙幣にしてはどうか」 という妄想を披露していた。 http://acsusk.c …