アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感 漫画

雑誌のグラヴィアが単行本化されない不思議。

投稿日:2019年9月26日 更新日:

■「ビッグコミックスピリッツ」
という雑誌を読んでいる。

今は
「ワイルドピッチ!!!」
「あさひなぐ」
「リボーンの棋士」
「雪花の虎」
と、面白い漫画が多い。

今のところ読んでいる漫画雑誌は
「スピリッツ」だけだ。

他の雑誌にも面白い漫画があるのだが、
買ってはいない。

なぜなら連載物は、ほぼすべて、
いずれ単行本化されるからである。

漫画でも小説でも随筆でも、
連載を読んでいる、という人ばかりではない。
小説なんて、連載で読む方が少数派だ。
多くは単行本で読む。


■しかし、こういう雑誌に載っていて、
人気はあるだろうに、
まず単行本化がなされない部分がある。

なぜ、グラヴィアは単行本化されないのか。

多くの雑誌では、表紙と巻頭を、
美しいグラヴィアが飾ることになっている。

なにも漫画雑誌だけではないし、
主として男性向けの、
女性のグラヴィアばかりではない。
「anan」にも「MORE」にも「ViVi」にも、
綺麗なグラヴィアが載っている。

それらすべて、時期がきたら
単行本として発売したらよいではないか。

「ビッグコミックスピリッツ
グラヴィア集2019」とか、
「令和元年度anan
グラヴィアコレクション」とか…。

なぜ、みんな、
せっかく綺麗なグラヴィアを撮っておきながら、
捨ててしまうのか。


■素人ながら、理由はいくらでも考えられる。

「権利関係の処理が難しい」。
いくらなんでも
映画やドラマのDVD化より難しい
ということはあるまい。
その気になればクリアーできよう。

「本が売れない」からか。
いや、似たような、
(連載ではない)「撮りおろし」ばかりの
写真集というのは存在している。


■思うに、
「作り手がその価値に気づいていない」
という理由が大きいのではないか。

前に「TV」について書いたけれど、
作り手が
「一過性の消費財」
のように考えているものだって、
真剣に作っているゆえに、
すでに保存するような価値ができているのだ。

作り手はそれを誇ってほしい。

グラヴィア、どんどん単行本化しろよ!

令和元年九月二十六日
明瀬祐介

-所感, 漫画

執筆者:

関連記事

問題は税率でも税額でもなく、納税と徴税のコストだ。

■消費税に関しては0%から30%まで、いろんな意見があるのだが、0%でも3%でも5%でも8%でも10%でも、20%でも30%でも、とにかく「軽減税率」は導入後、速やかな廃止が望まれる。 軽減税率に対応 …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

「にでもエリート」という不幸。

■かつて、「でもしか教師」という言葉があった。「教師に”でも”なるか」「教師に”しか”なれない」と言って教師になる人のことだ。教師が狭き門となって、かつ …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …

no image

ぼくのいた、「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」の気持ち悪さ。

■ぼくは昔、とある田舎の新設私立共学中高一貫校に通っていた。 当時のぼくの学校は、当時すごく心地よくて、今思うとひどくつまらなくて、そして妙に気持ち悪い空間だった。 それは、思うに、「田舎」「私立」「 …