アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感 身辺雑記

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

投稿日:2019年9月27日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■就職活動のとき、
営業職を志望していた私は、
面接でこんな質問をされた。

「あなたの、
自分が営業職に一番向いていると
思うところはどこですか」

それほど間を入れず、
私は答えたのだった。

……人を好きになる能力が高いところです。

その後、私はその会社に入社することになる。


■なぜ、全く想定していなかった、
こんなフレイズが出てきたのか謎である。

おそらくそれ以前に読んでいた
沢木耕太郎「危機の宰相」に
あった言葉が出てきたのだろう。

「どんなところが?」と聞かれ、
「男女問わず、
誕生日にプレゼントを贈ったり…、
特別な日にメールを送ったり…」
と答えた記憶がある。


■さて、そんな私が
人を好きなる能力が高いかというと、
はなはだ疑問と言わざるをえない。

むしろ低いほうで、
有名人の中にも
自分が「フアン」だと言える人はいないし、
(いるにしても、追いかけたりすることはない)
実際に仕事や趣味で出会った人とも、
あんまり深い間柄になったりすることはない。
例の他者へのプレゼントというのも
今はやっていないし、
過去の、ほとんどの友人との関係は、
なくなってしまった。

件の会社も、
結局私を営業職に採用することはなかった。


■それでも、それはともかくとして、
先のフレイズ自体は割と良い答えだと思う。

期せずして出せた名言だ。
何かのときに、
使いたい人はぜひ使ってほしい。

……人を好きになる能力が高いところです。

令和元年九月二十七日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …

no image

理科教育って理科好きの子供の興味と違うよな。

■多くの子どもは、理科が好きである。 恐竜とか、野生動物とか、宇宙とか、ロボットとか、子どもにはたまらない。 ■昔から思っていたのは、「理科教育」がどうもちょっとこれと違う、ということだ。 ぼくは子供 …

no image

友人の結婚式に呼ばれなくなる方法。

■友人の結婚式に呼ばれたことが少ない。 三十三歳で、披露宴からは二回、二次会からは二回。もうあと一回か二回しかないんじゃないかな。 世の中では少ないほうに入ると思う。 ■これは根本的には友人がいないか …

no image

教師も弁護士も医師も、試験と実習だけでなれるようにしては?

■現在の日本の制度では、基本的に、小中学校教師になるためには所定の大学に行く必要がある。弁護士になるためには、法科大学院に通う必要がある(*)。医師になるためには、医学部医学科に通うしかない。 が、下 …

no image

データベースの標準表示件数、少ないのは何とかならんのか。

■コンピューターについて全く知らないのに恐縮なのだが…。 インターネットを視ていると、、データベースのレコードの中から何かを一覧表示する機能がよくある。文字、数字等のみの場合も、サムネイル画像が表示さ …