アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感 身辺雑記

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

投稿日:2019年9月27日 更新日:

■就職活動のとき、
営業職を志望していた私は、
面接でこんな質問をされた。

「あなたの、
自分が営業職に一番向いていると
思うところはどこですか」

それほど間を入れず、
私は答えたのだった。

……人を好きになる能力が高いところです。

その後、私はその会社に入社することになる。


■なぜ、全く想定していなかった、
こんなフレイズが出てきたのか謎である。

おそらくそれ以前に読んでいた
沢木耕太郎「危機の宰相」に
あった言葉が出てきたのだろう。

「どんなところが?」と聞かれ、
「男女問わず、
誕生日にプレゼントを贈ったり…、
特別な日にメールを送ったり…」
と答えた記憶がある。


■さて、そんな私が
人を好きなる能力が高いかというと、
はなはだ疑問と言わざるをえない。

むしろ低いほうで、
有名人の中にも
自分が「フアン」だと言える人はいないし、
(いるにしても、追いかけたりすることはない)
実際に仕事や趣味で出会った人とも、
あんまり深い間柄になったりすることはない。
例の他者へのプレゼントというのも
今はやっていないし、
過去の、ほとんどの友人との関係は、
なくなってしまった。

件の会社も、
結局私を営業職に採用することはなかった。


■それでも、それはともかくとして、
先のフレイズ自体は割と良い答えだと思う。

期せずして出せた名言だ。
何かのときに、
使いたい人はぜひ使ってほしい。

……人を好きになる能力が高いところです。

令和元年九月二十七日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

僕に「ライヴ体験」は要らない。

■大学時代、 TVで有名な俳優が出演する舞台演劇を、 何作か観に行った。 あるいは誰もが知っている名画(絵)が、 一堂に会する展覧会、なんてのがあると、 決まって足を運んだ。 「生で見ると、感動するか …

no image

美大入試で「絵の巧さ」を問う必要はあるのか。

■世の中には、「その能力自体は要らないけれど、もっと大切な物を測定するために試験でその能力を測る」ということがある。 中学や大学の入学試験なんてそうで、試験で勉強したことが入学後に役に立つか、といえば …

二度と会わない人がいるということ。

■人生には、二度と会えない人、会わない人というのがいる。 死んだ人ではない。また、別れた恋人でもない。 また、仲たがいした人もいるが、必ずしも仲が悪くなった人だけではない。 同じ場所にいて、毎日のよう …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …