アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感 身辺雑記

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

投稿日:2019年9月27日 更新日:

■就職活動のとき、
営業職を志望していた私は、
面接でこんな質問をされた。

「あなたの、
自分が営業職に一番向いていると
思うところはどこですか」

それほど間を入れず、
私は答えたのだった。

……人を好きになる能力が高いところです。

その後、私はその会社に入社することになる。


■なぜ、全く想定していなかった、
こんなフレイズが出てきたのか謎である。

おそらくそれ以前に読んでいた
沢木耕太郎「危機の宰相」に
あった言葉が出てきたのだろう。

「どんなところが?」と聞かれ、
「男女問わず、
誕生日にプレゼントを贈ったり…、
特別な日にメールを送ったり…」
と答えた記憶がある。


■さて、そんな私が
人を好きなる能力が高いかというと、
はなはだ疑問と言わざるをえない。

むしろ低いほうで、
有名人の中にも
自分が「フアン」だと言える人はいないし、
(いるにしても、追いかけたりすることはない)
実際に仕事や趣味で出会った人とも、
あんまり深い間柄になったりすることはない。
例の他者へのプレゼントというのも
今はやっていないし、
過去の、ほとんどの友人との関係は、
なくなってしまった。

件の会社も、
結局私を営業職に採用することはなかった。


■それでも、それはともかくとして、
先のフレイズ自体は割と良い答えだと思う。

期せずして出せた名言だ。
何かのときに、
使いたい人はぜひ使ってほしい。

……人を好きになる能力が高いところです。

令和元年九月二十七日
明瀬祐介(アカセ)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

若者に愚行権を。されど、敗者には温情を。

■現代日本社会で、「愚行権」は、すっかり認められない物になってしまった。 愚行権は耳慣れない言葉だが、要するに「(他人に迷惑をかけない前提で)不幸になる権利」と言うと分かりやすいだろう。 貧乏になろう …

あえて、「学術研究に税金を使うな」と言ってみる。

■せんだって、科研費についての記事で、統制経済・「一九四〇年体制」のことについて考えた。 「科研費」という戦時体制の遺物。 ■ところで、この「一九四〇年体制」という言葉を作った野口悠紀雄は、計画経済的 …

日本人にミドルネイムを!

■「センゴク」という、戦国時代を描いた漫画がある。いろいろと素晴らしい漫画なのだが、なかでも素晴らしいのは、既に多くの人が指摘している通り、「苗字-通称/官職名-諱(いみな)」表記を徹底したところだろ …

no image

将棋界に学ぶ、「地味で難解な分野」の人気の集め方。

■前の三回くらいで、 「現在の日本の”科研費”は、“社会にとって重要な物を官が決め、それに資金を配分する”、という戦時統制経済の名残だし、世界的にも学術 …

なぜ、「個人年金の義務化」が議論されないのか。

■年金が話題になるたびに不思議なのが、(支払額や、支払主体に一定の規制をもたせた、)「個人年金の加入義務化」と「公的年金の(段階的な)縮小」が、ほとんど話題にならないことだ。 ■別にとりたてて突飛な意 …