アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感 身辺雑記

二〇〇七年のミルグラム作戦。

投稿日:

■ぼくの通っていた大学では、
春、入学式の前に三日間、
新入生の健康診断があり、
その健康診断から帰る新入生を目当てに
各クラブ・サークルが引き込みを狙う
新勧イヴェントがあった。

イヴェント運営側のスタッフは、
体育会系の各クラブから集められた
学生で、ぼくもその一員だった。


■勧誘をしてよいエリアというのは
決まっていたのだが、
大学のクラブ・サークルが
勧誘にかける熱というのはすさまじいもので、
そういったルールは破られてしまう。

運営側のスタッフは腕章か何かをつけて
たびたび注意をするのだが、
その目をぬすんでエリア外で勧誘する人が、
一日目は、後を絶たなかった。


■そこで、そのイヴェントのリーダーだった、
ぼくの友人は一計を案じた。

「白衣を着てみたらどうだろう。」

理系の学生スタッフから実験用の白衣を集め、
スタッフはそれを着て警備を行うのだ。

もともとは健康診断の裏で行われているものだ。


■二日目。
効果は抜群。

あれだけ熱心に勧誘し、
エリア外に出てきていたクラブやサークルの人たちが、
白衣を着た人員からの注意には従い、
混乱なく勧められたのだ。
もちろん無意識のうちに注意している人を
医師か看護師か、健康診断のオフィサーだと思って
波風を立てないという本能が働いたのだろう。
ぼくたちはただ白衣を着ていただけで
自分たちが健康診断のスタッフだとも何者だとも、
言っていないのだが。

ぼくは、その白衣を着た人が
医師でも看護師でも何でもない、
ただの体育会系学生で、
白衣も健康診断とは何の関係もない、
理系学生の実験用の物だということを
知っていたので、
内心、笑いが抑えられなかった。


■こういう「ミルグラム実験」のようなことが、
自分の周りに本当にあった。

ぼくはこういう、
「戦略」ではない、
細かくて意表をつくような「作戦」を
思いつく人が大好きだ。

令和元年九月二十九日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk

-作戦, 所感, 身辺雑記

執筆者:

関連記事

no image

遠方の大学への進学で得られるプティ異文化・異言語・孤独体験。

■以前、「大学入学時に、一度携帯を解約して、アドレス帳を消去し、SNSアカウントを削除すると、“今の友人””今の活動”を大事にするようになり、成長がある …

no image

学問研究は、スポーツを見習って商業化せよ。

■前々回、前回と、 「現在、公共事業として税金で行われている学術研究(自然も社会も人文も)の大部分を”民営化”して、研究者たちが自分たちでスポンサーを募ったり、事業を収益化した …

保険の義務化が日本を救う。

■せんだって「保険加入の義務化」によって、資本主義のメリットを維持しながら各主体を緊急時の致命的金銭負担から守ることができるのではないか、という趣旨のことを書いた。 前回は「自治体の災害対応保険加入の …

no image

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、大学生のときは少しやっていた。 さらに一〇年以上前の「グランディア」、「ドラゴンクエストV」、「サクラ大戦」。 当時のゲイムは発売から一〇年たっても二〇年た …

no image

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

■私は「やる」競技では将棋が好きで、「見る」競技では相撲が好きだが、前々から、この二つの競技にはかなり重要な共通点があると思っていた。 ■「スコア」がない。 野球にもサッカーにも、「一点は取った」とい …