アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

スポーツ 所感

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

投稿日:2019年10月2日 更新日:

■なんでも「の秋」をつけると
それっぽくなるが、
実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、
秋が一番やりやすい。
(「食慾」だけは分からん。
春も夏も冬も「食慾の」、である)

そしてスポーツも。

競技にもよるけれど、
春・夏から始まる競技は、多くが
秋口から年末頃に決戦が待っている。

年を越す競技は、
秋からはじまるけれど、
やはり晩秋か、年末のどこかの段階で
ちょっとした天王山があって、
次のステイヂへの関門に
なるものが多いようだ。


■ぼくは学生時代、いつも
周りがセーターを着こんでいる時期に、
薄いシャツ一枚、 七分袖の恰好で
スポーツ観戦に出かけてしまったりして、
恥をかいていた。

夕暮れが思っていた以上に早くて、
芝生が薄オレンジに光っていて、
風が冷たいことにようやく気づく。

盛り上がった試合の帰り、
すっかり暗くなった道で、ふと思い出す。

いや、そのずっと前、
行く道の時点で、みんな分かっているのだ。

「もう、終わってしまうんだな」-


■今は競馬を視ないのだが、
昔はよく視ていた。

九月の「スプリンターズステークス」で
「ああ、九月ってことは、
今年も終わりがあるってことなんだな…」
という気分である。
十一月下旬の「ジャパンカップ」
にもなるともう絶望して
「うわあああああ」
とか叫びたかった。

NPBのクライマックスシリーズなんて
「はじまったら終わっちゃうから
やらないでもう一回ペナントレースはじめようぜ」
と何度言いたくなったことか…。


■こんな調子だから、
ラグビーワールドカップなんて、
はじまった時点ですでにさみしくて、

「ああ、これ、いつか終わってしまうやつや」
「なんで終わってしまうんや、
永遠に続けたらええやないか…」

と心の中で思ってしまう。

この哀しさが大好きで、
俺はスポーツを観ているのだ。

令和元年一〇月二日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-スポーツ, 所感

執筆者:

関連記事

美人税はなぜ導入されないか。

■A「イケ面や美人は 生まれでほとんど決まるが、 イケ面や美人はそれだけで人生得している。 顔によって、金銭的にもだいぶ格差があるようだ。 だから、国が”イケ面税”・&#822 …

no image

Perfumeと松下幸之助の共通点。

■先日「SONGS」にPerfumeが出ていたので視た。 Perfume、わりと好きなのだが、フアンというほどではない。メムバーの名前すらあやふやだ。 ■そんな、Perfumeが、恩師の振付師・MIK …

“平成7年”の前後、子供の世界にもあった、ちょっと不連続な変化について。

■すべての時代区分は、こじつけである。 社会全体として時代がいつ変わったなどというのはデータ等で証拠を示すことはできないし、結局は人それぞれ、見方によって変わる。 また、あるときを境に、時代にくっきり …

「マルサの女2」と「土地の不可侵性」。

■映画「マルサの女2」を はじめて観た(DVD)ので、 以下にその内容の一部と感想を書く。 本作は昭和六十三年、 前作「マルサの女」の続篇として公開された。 監督は伊丹十三。 主演は「みやや」(「ナイ …

「会社の文書」は公的機関が保存しては?

■私企業(会社とか)には いろんな文書があり、 その一部は法律によって 一定期間の保存が義務付けられている。 http://www.haradakaikei.net/document/contents …