アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

スポーツ 所感

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

投稿日:2019年10月2日 更新日:

■なんでも「の秋」をつけると
それっぽくなるが、
実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、
秋が一番やりやすい。
(「食慾」だけは分からん。
春も夏も冬も「食慾の」、である)

そしてスポーツも。

競技にもよるけれど、
春・夏から始まる競技は、多くが
秋口から年末頃に決戦が待っている。

年を越す競技は、
秋からはじまるけれど、
やはり晩秋か、年末のどこかの段階で
ちょっとした天王山があって、
次のステイヂへの関門に
なるものが多いようだ。


■ぼくは学生時代、いつも
周りがセーターを着こんでいる時期に、
薄いシャツ一枚、 七分袖の恰好で
スポーツ観戦に出かけてしまったりして、
恥をかいていた。

夕暮れが思っていた以上に早くて、
芝生が薄オレンジに光っていて、
風が冷たいことにようやく気づく。

盛り上がった試合の帰り、
すっかり暗くなった道で、ふと思い出す。

いや、そのずっと前、
行く道の時点で、みんな分かっているのだ。

「もう、終わってしまうんだな」-


■今は競馬を視ないのだが、
昔はよく視ていた。

九月の「スプリンターズステークス」で
「ああ、九月ってことは、
今年も終わりがあるってことなんだな…」
という気分である。
十一月下旬の「ジャパンカップ」
にもなるともう絶望して
「うわあああああ」
とか叫びたかった。

NPBのクライマックスシリーズなんて
「はじまったら終わっちゃうから
やらないでもう一回ペナントレースはじめようぜ」
と何度言いたくなったことか…。


■こんな調子だから、
ラグビーワールドカップなんて、
はじまった時点ですでにさみしくて、

「ああ、これ、いつか終わってしまうやつや」
「なんで終わってしまうんや、
永遠に続けたらええやないか…」

と心の中で思ってしまう。

この哀しさが大好きで、
俺はスポーツを観ているのだ。

令和元年一〇月二日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-スポーツ, 所感

執筆者:

関連記事

no image

スポーツの「過去の映像」を視る術が意外とない。

■ 世の中に、 結構需要がありそうなのに、あんまり供給がないなあ、と思うのが、スポーツの「過去の映像」だ。 ■もちろん、あることはある。 大会の直後に総集編のDVDが販売されたりする。たまに「週刊百科 …

一万円札は贈答専用通貨にしてしまってはどうか。

■新札の肖像画が 渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まった。 個人的にこの人選には大賛成で、 特にかつて 「八月の博物館」や 「栄光なき天才たち」を 愛読していた身としては 渋沢と北里がうれしい。 & …

沼にハマってみたかった。

■幼少の頃から、 クラスで一二を争う運動音痴だった。 脚も遅かったし、力もなかったが、 特に球技が大の苦手で、 例えば野球の守備なんぞ、 フライが飛べば後ろにそらし、 ゴロが来れば股をくぐらす。 サッ …

no image

今が古くなる日のために、みんな写真を撮っといてくれ。

■たまに、下記のようなウェブペイヂを見て、どうしようもない気持ちになる。http://world-fusigi.net/archives/8442262.htmlhttp://world-fusigi …

no image

Perfumeと松下幸之助の共通点。

■先日「SONGS」にPerfumeが出ていたので視た。 Perfume、わりと好きなのだが、フアンというほどではない。メムバーの名前すらあやふやだ。 ■そんな、Perfumeが、恩師の振付師・MIK …