アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

スポーツ 所感

将棋と相撲の、わりと重要な共通点。

投稿日:

■私は「やる」競技では将棋が好きで、
「見る」競技では相撲が好きだが、
前々から、この二つの競技には
かなり重要な共通点があると思っていた。


■「スコア」がない。

野球にもサッカーにも、
「一点は取った」
という喜びがある。
囲碁にも、
「ああっ、〇・五目負けかあ」
という、
「スコアで分かる惜しさ」
というのがある。

将棋と相撲に、
「最終スコア」として映し出されるものはない。
「負けたけど、
飛車を取ったからまあよかった」

「最後は押し出されたけど、
上手を取ったからそこそこよかった」

とは感じられない。

どんなに序盤で有利に立っても、
優勢な体勢ができても、
負けたら全部おしまいだ。

だから将棋と相撲の負けは
無茶苦茶に悔しい。
なんといえばいいのか、
「悔しがれないという悔しさ」だ。

この感覚を説明するのは難しいのだが、
この二競技、ともに好きな人なら分かるだろう。
ここにこの二競技の中毒性がある。

令和元年一〇月三日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-スポーツ, 所感

執筆者:

関連記事

no image

教師も弁護士も医師も、試験と実習だけでなれるようにしては?

■現在の日本の制度では、基本的に、小中学校教師になるためには所定の大学に行く必要がある。弁護士になるためには、法科大学院に通う必要がある(*)。医師になるためには、医学部医学科に通うしかない。 が、下 …

no image

萌え絵に上手いも下手もあるのか。

■インターネットを視ていると、「画力」議論が、割と盛んである。 「この絵は下手」「画力がない」「デッサンがくるってる」 いろんな絵について論じられるが、インターネットであるので当然漫画タッチの絵、特に …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …

no image

各自治体に災害保険加入を義務化してはどうか。

■現代の日本で大きな対立軸となっているのは、「みんなを致命的被害から救いたい」という社会民主主義的な思想と、「みんなを救おうとすれば自助努力をする人ほど損をするから、自助努力をしなくなる。みんなが自助 …

no image

「会社の文書」は公的機関が保存しては?

■私企業(会社とか)には いろんな文書があり、 その一部は法律によって 一定期間の保存が義務付けられている。 http://www.haradakaikei.net/document/contents …