アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

もしも学校がなくなれば、日本に「コミュニティ」はゼロになる。

投稿日:2019年10月8日 更新日:

■ここ最近、ぼくは
いろいろでたらめなことを書いてきた。

「学校の座学の勉強は、
集団で一斉に授業を受けるよりも、
個別に勉強をした方が遥かに効率がよい。

だから、
(小中高校、それに
大学の教養科目と専門基礎科目までは)
学校の座学の授業は廃止して、
検定試験だけを行なえばよい。
(学校ではアートやスポーツ、実習、
それにグループ活動といったことだけをするのだ)」

「同様に、現状では大概
長期のスクーリングが必要な、
教師や医師、弁護士までも、
検定試験を基本にし、
独学でなれるようにすべきだ。
その方が効率がよいから。
(必要な実習や倫理教育だけを
学校で行なえばよい)」

「現状では学術研究やアートに
公金が使われているが、
スポーツと同様に、
商業化の方向に舵を切って、
“民営化”すべきだ」


■もし、これらが実現されたとしよう。
(そんなことはありえないのだけど)
今回考えてみたいのはここからだ。
じゃあ学校って何すんの?


■「学校」って、 現代日本では唯一の、
人々がかろうじて愛着を持っている
“コミュニティ”だと思う。

流動性の高い時代、「地域」は、
特に都市部では、強い愛着の対象ではない。
どんどんそうなっていくだろう。

「会社」や「職場」も、
人々が流動的に動き、
会社自体が流動的に消えたりなくなったりする時代には、
愛着は薄くなるはずだ。

そんな中、「学校」だけは、
ある程度強力な精神的コミュニティであり続けている。

「愛校心」というといかにもダサい言葉だけど、
みんなかなり「愛校心」を持っているようだ。
ぼくでさえ、小学校と大学は好きである。
(中学高校はそうでもない)。

もし、それがなくなったら-。


■するとどうなるか。
若者たちは、
きれいで快適な世の中で、
真面目に勉強をして、試験を受け、
あとはアートやスポーツ、
メディアを愉しむだろうか。

いや、きっとそうはならない。
彼らは新たに「仲間」を作るんじゃないかな。
「愛校心」に近い感情を、
別のものに宿すんじゃないかと思う。

そして、なんとなくだけど、
喧嘩をするようになるだろう。

かつていた、「体育会系」のように、
あるいは「ヤンキー」のように。
そして、「全共闘」のようにね。

令和元年一〇月八日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

今更ながら、行政の統計調査に重複が多い。

■国や、県や、市といった行政から、企業に、何かの統計調査提出の指示が来ることがある。 たいがい専用の紙に記入することになっている。今は「Excel」のシートも使えたりすることがあるが、専用の紙をそのま …

no image

「柔道家」という、すばらしくもずるい言葉。

■昔、「炎の体育会TV」というTV番組で、「古賀稔彦と役者や芸人が柔道を行ない、一分間一本を取られなければ、挑戦者の勝ち」というような企画があった。(詳細忘れた) 畳の中であれば、鬼ごっこのように逃げ …

原発事故の、誰も覚えていない、どうでもいいこと。

■平成23年3月12日15時半過ぎ。前日の東北地方太平洋沖地震にともなう津波以降、コントロール困難な状況にあった、福島第一原子力発電所1号機が、爆発した。この時の緊迫感・恐怖感は、当時日本にいた人なら …

no image

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

■私は、インターネットでの動画配信をあまり視ない。 「YT」も「ニコニコ動画」も、定期的には視ていない。 「アベマTV」とか、「フールー」とか、「ネットフリックス」とか、「アマゾンプライム」とか、どれ …

学問研究は、スポーツを見習って商業化せよ。

■前々回、前回と、 「現在、公共事業として税金で行われている学術研究(自然も社会も人文も)の大部分を”民営化”して、研究者たちが自分たちでスポンサーを募ったり、事業を収益化した …