アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 回想

またやりたいぜ被験者バイト。

投稿日:2019年10月10日 更新日:

■突然だが、
私は学生が長期に渡って
いわゆる「アルバイト」
をすることに否定的である。

若い時にはもっとすべきこと、した方が
よいことがたくさんある。
(広い意味での「勉強」だ)

もし、
「ある学生が長期に渡って、
“アルバイト”を
しなければならない」状態
であるのであれば
それは社会としてよくないことだと思う。


■一方で、短期の仕事は、いい。

拘束時間を使わないし、
気分転換にもなる。
なにより面白いものが多い。


■僕が大学生だった当時、
学内の掲示板に行くと、
長期・短期の仕事の紹介が出ていた。

(昨今はいろいろ危ない
仕事もあるそうなので、
なおさら、上記のような
「大学紹介」がよいのではないか。
まあ別に審査はないのだと思うけれど)

そこで僕は一日か二日限りの
仕事を探しては潜り込んでいた。


■ちょっとおすすめなのは
(うちの大学くらいに
しかなかったかもしれないが)
大学の研究室が行なっている、
「治験」みたいな仕事だ。
といっても、薬の治験ではなくて
(薬の治験は怖くてできない)、
おもに心理学や教育学の治験である。

画面を見て、
アンケートに答えたり、
ボタンを押す、というものが多かったと思う。
大学のものは、仕事というのにはあまりにも短く、
謝礼は一時間弱の作業に対し五〇〇円分図書カード、とか、
そのくらいだったかもしれない。

詳しい内容は忘れたけれど、
「画像を見たときの
赤ちゃんと大人との反応の違い」とか、
「ボタンを押す速度の違い」とか、
そういうテーマが多かった。

興味深くて覚えているのは、
「ポジティヴな意味の言葉と
ネガティヴな意味の言葉を
画面上にランダムに表示させているとき、
画面の上の方から現れる点と、
下の方から現れる点に対する反応は、
異なるか」
という実験で、
その後どうなったのか知らないけれど、
かなり「ツボ」みたいなところにいるな、
と感じた。


■「けいはんな学研都市」にも行って、
同じような、でももっと長くて謝礼も多い、
心理学や医療の実験を受けた。

ロボットと一緒にショッピングモールを歩いたり、
3DTVを見ているときの疲れ具合を調べたり。
MRIの中で試験問題を解いたこともあった。
(病気などが発見されれば
教えてくれることもあるという)
どういう理由だか忘れてしまったが、
ドラムセットを叩かされたこともある。
石黒浩のアンドロイドが
心に与える影響を調べる実験(というか調査)もあった。

けいはんな学研都市は遠かったので、
往復交通費を考えればあんまり
割のいい仕事ではない。
けれど、僕は電車で特に観光地でもない街に行くのが
好きなのもあって、結構楽しかった。

国会図書館にも行けるしね。


■これらの仕事、
またやりたいとちょっと思う。
機会と条件があえば、
もう一度、ボタンを押したり、
アンケートに答えたりしたい。

でも、もうほとんどできないのだ。

まず、上記のような仕事は、
まわりに大学や研究機関がないとできない。

それに調査のサンプルを絞る目的から、
対象が「十八歳から二十五歳までの○性」
に限定されていたりする。
(つまり研究者が一番集めやすい年ごろだ)

だからもし、これを読んでいる若い人で、
そんな機会がありそうな人がいれば
ぜひ参考にしていただきたい。

令和元年一〇月二十一日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://acsusk.com/acsusk/

-作戦, 回想

執筆者:

関連記事

大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。

■いきなり結論である。大学に行ったら高校の知人との連絡を断て。 …とまでは言わないのだけれど、これは少しだけ選択肢として考えるくらいはあっていいと思うし、私としては強くおすすめする。特に、高校時代、わ …

no image

後輩・年下との付き合い方が致命的に分からない。

■ぼくは先輩から可愛がられるタイプだ。 要因としては、古い話を聞いたりするのが好きだからかもしれないし、表情とか顔の作りとかがそうさせているのかもしれないが、よくわからない。 ■しかし一方で後輩は駄目 …

首掛けストラップでメモ帳とペンをくっつける。

■「メモ帳を持ち歩く」というのは、ぜひ身に着けたい習慣だ。 どんな状況でも、必要なことがあれば書き留める。これが優秀な仕事人の嗜みだろう。 だから私は常にメモ帳を持ち歩いている。 ペンを忘れて-。 ■ …

no image

九〇年代後半、なんか異様に暗い時代があったよな?

■これはなかなか理解してもらえないし、「世相」などというものを説得的に判定することはできないのだが、「一九九〇年代後半、異様に暗い時代があった」といったら、同意してもらえる人はどれだけいるだろうか。 …

no image

図書館で地元の古い住宅地図コピーすると楽しい。

■これは知っている人は常識なので、偉そうに言うのは恥ずかしいが、もしかしたら何か別の記事からこの日記に入った人は知らないかもしれないので書いておく。 「図書館に行って、地元の古いゼンリンの住宅地図をコ …