アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 回想

短期バイトが教えてくれたこと。

投稿日:2019年10月11日 更新日:

■前回、大学時代にやった、
短期の「被験者」仕事について書いたけれど、
やった仕事は「被験者」だけではない。


■「時代祭」の祭礼行列で、
何時代だったかの武士の服装をした。
別の、もっと小規模なお祭りで
勤皇の志士に扮したこともあった。

祭りといえば、
獅子舞に入ったこともあるし、
普通の街の祭りで、
文房具屋が出す、
子供向けの出店の売り子をやったこともある。

大規模書道展に出す書道作品を、
トラックに積んだり、会場に運ぶ仕事。

引っ越し屋の仕事も一日だけやっている。

ヴァレンタインズデイの前後だったか、
百貨店の陳列棚か何かを運ぶ仕事もあった。

大規模な接待に
祇園の「みやこをどり」を使う団体客に対し、
道で立って案内する仕事もやった。

どこかの高校の英検の試験監督もやっている。


■そこで学んだことは、
仕事ばかりではない。

祭りの仕事はどれも楽しかった。
出店に来る小学生たちは、
どれも全力で楽しそうだった。
獅子舞に入ったときは、
泣きわめく赤子の頭に、
ちょっとだけ獅子舞の歯で触った。

書道作品搬入の際は、
「重い物を持つときは、
腕に力を入れ、肘を曲げるのではなく、
肘を伸ばして腕の力を抜いた方が楽」
ということを学んだ。
(これは今でも役立っている)

引っ越し屋でも、
荷物の受け渡しの技術なんかを教えてもらった。
(これは相手も知っていなければ役に立たないのだけど)

伝統的な百貨店というのは
「”バックスペース”
が売り場に匹敵するほど広く、
そこに食堂とかオフィスとか、
店員が使う、”インフラ”にあたるものが全部ある」
なんて、その仕事をしなければ知らなかっただろう。

「みやこをどり」案内の際は、
もちろん報酬をもらえた上に、
どういうわけか最後、
ただで「みやこをどり」を見せてもらえた。

英検の仕事の際は、
帰りに土砂降りの雨になってしまい、
その高校の先生にビニール傘を
貸してもらったことを忘れていない。


■思うにぼくは、
こういう一期一会の働き方が、
たぶん好きで、長期に働くと、
どうしても気力が続かないところが
あるのかもしれない。

それにしても、
こういう仕事って、
一度やるだけで結構
「その仕事をやらなければ
多分知らなかったであろうこと」
をのぞける。

昨日の被験の仕事のときにも
書いたけど、これらも、
またやれるものならぜひやりたい。

しかしこういうのは学生がやるから
見映えがするもので、
おじさんはあまりお呼びでない。

だから、前回も書いたけれど、
若い学生の方は
ぜひ、こういう短期バイト、
考えてみてほしい。

令和元年一〇月十一日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 回想

執筆者:

関連記事

資格試験で得られる「ちょっとやりきった」感は偉大。

■スポーツの試合を視ていて感動する部分のひとつが、選手たちの「やりきった感」だ。 「自分のやれることはやった」という誇り。 うらやましく思う。 ■さて、では、我々、凡人は、「やりきった感」を味わうこと …

無敵の通信制大学、弱点もある。

■前回は、 「大学に通学し、講義を受けることで失ってしまう時間と費用を考えれば通信制大学が圧倒的に得だ」 「若者は通信制大学を選んで、その替わりに得た時間で他の活動を一生懸命するべきだ」 ということを …

no image

近場の観光地には行けるときに行っておけ。

■先日、京都に行った。叡電に乗って、鞍馬寺へ。 平成三〇年九月の台風で多くの杉がなぎ倒されており、昔の人が天狗と ■かつて、実に七年も京都に住んでおきながら、はじめての鞍馬である。 学生時代、観光地っ …

首掛けストラップでメモ帳とペンをくっつける。

■「メモ帳を持ち歩く」というのは、ぜひ身に着けたい習慣だ。 どんな状況でも、必要なことがあれば書き留める。これが優秀な仕事人の嗜みだろう。 だから私は常にメモ帳を持ち歩いている。 ペンを忘れて-。 ■ …

no image

二〇一〇年のモントリオールエキスポズ。

■以前にも書いたけれど、二〇一〇年夏、ぼくはひとりで上海に行った。 泊まったのはホステルで、四人部屋。 一緒の部屋になった人の中にに、二十歳代半ばの女性がいた。 まあ想像できる一番美しい人を頭に思い描 …