アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

スポーツ 作戦

プロフェッショナルアスリートは嘘でも遺恨試合やれよ!

投稿日:2019年10月12日 更新日:

■このたびの、
「日馬富士が貴ノ岩を殴った」
という事件から派生したひとつの問題は、
貴乃花が提起した、
「違う部屋の力士が
ちょくちょく同席してんじゃねえ」
という話だった。

日馬富士・貴ノ岩たちに関しては
異国で厳しい生活をしているわけだから
励まし合う会があってもいいと私は思うのだが、
しかしまあ分からないでもない。
「プロフェッショナルアスリートどうしは
仲悪くしろよ!」


■昔、職場の同僚から、
こんな聞いたことがある。
「家の近くでプロレスがあったとき、
会場の近くで見てたら
スタンハンセンと猪木が一緒のバスから出てきて、
“ああ、そういうことか”
と思ったね」

そうだ、プロレスには幻想が必要だ。


■NPB選手は、同じ高校出身の、
違う球団所属の選手が、
オフシーズンに合同自主錬をしている。
近年は代表試合が組まれるようになって、
垣根がなくなっているという。

まあこれはあくまで鍛錬だから
いいとは思うのだが…。


■将棋界では、全員敵同士のはずの棋士が、
一緒に研究会をやるだけではなく
サークル活動なんかの写真をアップロードしたりする。

プロフェッショナル選手も人間だから、
その交流を止めるわけにはいかないし、
微笑ましくて人気もあるのだが、
「ほんとは仲良い人同士が争ってる」
と思うと、ちょっと興醒めするところがなくはない。

「メールやラインは思う存分すればいい。
実は一緒に遊んでてもいい。
でもそれは隠して公には
滅茶滅茶仲悪そうな感じ出せよ!」
とはちょっと思う。


■せんだって亡くなった金田正一は、
不人気だったパシフィックリーグを盛り上げるため、
稲尾和久と共謀して
オリオンズvs.ライオンズの試合前に舌戦を繰り広げ、
「因縁の対決」を作った、
という話を読んだことがある。

これですよこれ、「因縁の対決」!
こうじゃなきゃ。

さて、
このオリオンズとライオンズの因縁の試合、
その後どうなったのかというと、
ティームメイトもそれがブックであることを
知らなかったため、
ほんとに遺恨試合になってしまった。

金田がその共謀を明かしたのは、
だいぶたってからのことだ。

令和元年一〇月十三日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-スポーツ, 作戦

執筆者:

関連記事

ダメ男が、「失点しない」髪型。

■今だから言うが、 実は、大学時代、 「ちょっとおしゃれな人」 を目指していた。 大学生というのはそういうものだ。 しかし、当時の私を知る人で 「明瀬はおしゃれだった」 と思っている人は皆無で、 むし …

資格試験で得られる「ちょっとやりきった」感は偉大。

■スポーツの試合を視ていて感動する部分のひとつが、選手たちの「やりきった感」だ。 「自分のやれることはやった」という誇り。 うらやましく思う。 ■さて、では、我々、凡人は、「やりきった感」を味わうこと …

no image

二〇〇七年のミルグラム作戦。

■ぼくの通っていた大学では、春、入学式の前に三日間、新入生の健康診断があり、その健康診断から帰る新入生を目当てに各クラブ・サークルが引き込みを狙う新勧イヴェントがあった。 イヴェント運営側のスタッフは …

我々の周囲は、想像以上にすごい人で溢れてる。

■割と近い知り合いに、いわゆる「絶対音感」を持っている人がいる。 ただし、単音のみで、和音ではできないらしい。(全くできないのか、少しはできるのかは不明) ピアノを叩いても、缶からを叩いても、「ソ」と …

no image

三か月で三kg痩せるチャレンヂした。

■今年の正月はじめに「5月初めの新元号開始までに約4kg痩せよう」と思い立ったことがあった。やはり改元は気分を変える。 平成31年1月時点で33歳、身長約1700mm、1月の体重は67.6kg。 大学 …