アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 回想

後輩・年下との付き合い方が致命的に分からない。

投稿日:2019年10月14日 更新日:

ぼくは先輩から可愛がられるタイプだ。

要因としては、
古い話を聞いたりするのが
好きだからかもしれないし、
表情とか顔の作りとかが
そうさせているのかもしれないが、
よくわからない。


■しかし一方で後輩は駄目だ。
まるで駄目だ。

小学校の時から、
後輩(年下)に馬鹿にされてきた。

中学高校時代、
後輩と接する機会がわずかながらあったのだが、
何せどういう気持ちで臨んだらいいのか、
まったくわからない、
という記憶がある。
これは今でもそうで、
みんな後輩・年下にどう接しているのか、
どうすれば後輩と「自然に」
話すことがまるで分からない。

大学時代にクラブ活動を
していたときもそうで、
一回生のときはわりとかわいがられる
一回生だったのに(?)
後輩ができたとたん、
ただのできない二回生になった。

また大学時代には、寮にも住んでいて、
そこには後輩がたくさんいたんだけど、
慕われるということはなかった。

その後、会社に入ったわけだけれど、
後輩・年下には、
やっぱりかげで
馬鹿にされるような先輩だったと思う。

ひとことで言えば
「からみづらい」のではないか。


■ぼくは妹が一人いるから、
よく言われる、
兄弟関係によるものではない。

四月始まりの年度の、
一月生まれだったため、
クラスのリーダーになるようなことがなかった、
というのはあるかもしれないけれど、
三月生まれでも後輩に慕われている人はいる。
(その人は、なんというか
「(ステレオタイプな)三月生まれらしく」
つまり気配りや慎重さでもって、
後輩に慕われるタイプだった。

思うに、
ぼくがこういう後輩苦手になったのは、
やっぱり
「中学高校時代部活をやっていなかった」
ということに起因するのではないか。

親や親戚や友達の親も
「先輩」だから、「先輩」との接し方というのは
自然と身につくけれど、
「後輩」との接し方というのは、
人工的に学ばなければ
身につかないのではないか。


■人生において
「先輩から可愛がられること」と、
「後輩から慕われること」、
どっちが大切かといえば、
後者だと思う。

どんな社会でも、
「リーダーシップ」みたいな要素は重要だ。
かりに「年齢なんか関係ない」世の中に
なったとしても、
やっぱり
「GM」と
「監督」と
「キャプテン」と
「プレイヤー」みたいな役割は、
年齢に応じたものになるだろう。

また、二十歳代くらいまではまだまだ
先輩・年上の方が多いけれど、
四十歳代くらいになると徐々に
後輩・年下のほうが増えてくる。

そんな状況だと、
「後輩」とうまく接することができない。
というのは致命的な弱点にならざるをえない。

そういう状況を防ぐために、
中学生や高校生はなるべく
「部活」でもやって
「後輩」との接し方を身に着けてほしい。

令和元年一〇月十四日
アカセ(明瀬祐介)
acsusuk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)
■もちろん、
「先輩から可愛がられる」
というのがぼくの自己認識でしかないわけですが。

-作戦, 回想

執筆者:

関連記事

no image

友人の結婚式に呼ばれなくなる方法。

■友人の結婚式に呼ばれたことが少ない。 三十三歳で、披露宴からは二回、二次会からは二回。もうあと一回か二回しかないんじゃないかな。 世の中では少ないほうに入ると思う。 ■これは根本的には友人がいないか …

僕に「ライヴ体験」は要らない。

■大学時代、 TVで有名な俳優が出演する舞台演劇を、 何作か観に行った。 あるいは誰もが知っている名画(絵)が、 一堂に会する展覧会、なんてのがあると、 決まって足を運んだ。 「生で見ると、感動するか …

no image

二〇一〇年のモントリオールエキスポズ。

■以前にも書いたけれど、二〇一〇年夏、ぼくはひとりで上海に行った。 泊まったのはホステルで、四人部屋。 一緒の部屋になった人の中にに、二十歳代半ばの女性がいた。 まあ想像できる一番美しい人を頭に思い描 …

no image

三か月で三kg痩せるチャレンヂした。

■今年の正月はじめに「5月初めの新元号開始までに約4kg痩せよう」と思い立ったことがあった。やはり改元は気分を変える。 平成31年1月時点で33歳、身長約1700mm、1月の体重は67.6kg。 大学 …

no image

無敵の通信制大学、弱点もある。

■前回は、 「大学に通学し、講義を受けることで失ってしまう時間と費用を考えれば通信制大学が圧倒的に得だ」 「若者は通信制大学を選んで、その替わりに得た時間で他の活動を一生懸命するべきだ」 ということを …