アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

美大入試で「絵の巧さ」を問う必要はあるのか。

投稿日:2019年10月14日 更新日:

■世の中には、
「その能力自体は要らないけれど、
もっと大切な物を測定するために
試験でその能力を測る」
ということがある。

中学や大学の入学試験なんてそうで、
試験で勉強したことが
入学後に役に立つか、
といえばそんなことはほとんどない。
特に、
「試験用の難問を高速で解く能力」
が必要とされる場面は、
ほとんど皆無だと思う。

しかし、
(実際、ある程度は役に立つのと、)
競争の基準にするには、
そういう方法しかないからやっている。

(ただし、
私は普通の学校の入学試験に関しては、
学力試験をするにしても、
より適正な方法があるだろうと思う)


■会社の入社採用も、
みんな苦労している。
「ある仕事をやらせないで
その仕事ができるか測る方法」
なんて、ほぼないからだ。
実際、
「その仕事をさせてみて、
その仕事ができるかどうか測る」
のが一番よく分かるようだが、
それだって
短期では分からない部分もあろう。


■それに近いのが、
美大の鉛筆デッサンだ。

有名美大は実技試験をやっていて、
多くは「素描」つまり鉛筆デッサンだ。
私からみれば超人的に絵が「巧い」人たちが
さらに努力して美大に入る(入れない)。

たとえば、東京芸大の入試問題はこんな感じ。
http://admissions.geidai.ac.jp/data/past-exams/fine-arts/

武蔵美術大学の過去問は、
参考作品も見られる。
http://www.tamabi.ac.jp/admission/data/past.htm

「うわあ、神様だああ」
と素直に驚嘆する。


■しかし、入学後、その人たちの多くは
入学試験の鉛筆デッサンのような意味で、
「写実的な絵」「うまい絵」を目指さない。

ご存知の通り、多くの現代美術は
「写実的」「巧い」(だけ)を
目指してはいないし、
時にはあえて
「技術がない」(ように見える)
作品を作ることさえある。
純粋芸術寄りの部分だけでなく、
商業デザインだって、
工業デザインだってそうだ。
発想勝負みたいなところがあろう。

東京芸大の卒業制作は、
以下で見ることができる。
https://www.geidai.ac.jp/information/student_activity/graduation_work/h30

多摩美の卒業作品はこれ。
http://www.tamabi.ac.jp/pro/g_works/2019/

絵のことは分からないけれど、
「入学試験で使った技術を、
その後全部活用しているか」
「入学試験でやったことを、
さらに突き詰めれば
こうなるか」
というと、おそらくそうではない。

多摩美含む五美大の卒業作品展のポスターなんて、
こんなんである。
https://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/pro/gw/?id=3&n=2

よいポスターだと思うのだが、
これなんかある意味
「鉛筆デッサン」的な能力を
否定というか、笑い化しているわけで、
「結局そっち行くんかい!」
と言いたくなる。


■じゃあそれらの分野の試験に、
鉛筆デッサンが不要かというと、
鉛筆デッサンを試験に課した方が、
間違いなくよい結果が出るのだろう。
いろいろ記事を読んでいるが、
「実技試験を課さないような
“美大”には行くな」
という意見がほとんどだ。

「鉛筆デッサンができるような能力は、
あった方がよい」
というのが一つ。
上記の卒業制作を見ても、
鉛筆デッサンに近い能力が
ほとんど使われていなさそうなものもあるが、
やっぱり多くの作品では
その能力が少なからず活用されている。

そして、より重要なのは
「やる気」「努力」を測るためだと思う。
「これまでどれだけ真剣に
絵に打ち込んできたか」
「これからどれだけ真剣に
芸術に打ち込むと見込まれるか」
の計測が可能なのは、
実技試験しかないし、
それには統一基準で
一応測定が可能な、鉛筆デッサンが最適だ。

「確かにそれしかないだろうな」
と思いつつも、なんというかちょっと
釈然としないところがある。
「勿体ない感じ」というか、
「違うことやっとるやん」みたいな。


■ちなみにアメリカの名門美大では
ポートフォリオ(過去作品集)を作る、
という試験方法が一般的なようだ。
そっちの方が、
私が上記に書いてきた趣旨には合う
と思うのだが、
これを聞いた時、
反射的にこう感じてしまった。

あかん、そんなん美大受験ちゃう!

美大受験と何の関係もない私ですら
こう思うのだから、
美大受験に思い入れのある人は
もっと思うのではないか。

人々の中に存在する、
「受験準備の美しい思い出」が、
試験制度にも影響を与えている部分が
あるのかもしれない。

令和元年一〇月十四日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …

no image

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

■なんでも「の秋」をつけるとそれっぽくなるが、実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、秋が一番やりやすい。(「食慾」だけは分からん。春も夏も冬も「食慾の」、である) そしてスポーツも。 競技にもよるけ …

温水洗浄便座の操作が分かりずらすぎる。

■これは、以前から散々言われていることだと思うのだが、俺も言っておく。 W.C.、主に温水洗浄便座の操作が分かりづらすぎる。統一感もなさすぎる。 以前、絵文字が統一される、ということはあった。それはし …

「普通の大学」の「体育会系」にいた人たち。

■世の中で「体育会系」という言葉は、 決して良くない意味で使われる。 要は「単純莫迦」であろう。 「気合」や「根性」で何でもできると信じており、 酒、もっとひどいのになると拳で解決する、 時代遅れのマ …

学校は部活だけやってくれればいい。

■前々回・前回と、「教育における、“縛りプレイ”で厳しい競争するのってまじで意味ねえよな」ということを長々と語ってきた。https://acsusk.com/20190710- …