アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

各自治体に災害保険加入を義務化してはどうか。

投稿日:2019年10月15日 更新日:

■現代の日本で
大きな対立軸となっているのは、
「みんなを致命的被害から救いたい」
という社会民主主義的な思想と、
「みんなを救おうとすれば
自助努力をする人ほど損をするから、
自助努力をしなくなる。
みんなが自助努力をすることで
社会が発展するのが
資本主義のメリットだ」
という、新自由主義的な思想の対立である。
(もちろん誰もが
どちらか一方ということはなく、
みんなある程度共有している)


■しかし、
「みんなを致命的被害から救う」と、
「資本主義のメリット」
どちらの条件も
ある程度満たせる手段はないだろうか。

いろいろ考えられるが、
そのうちのひとつとして、
これまで任意とされてきた
「民間保険」への加入を
義務化してしまうことが考えられよう。

実はすでに一度書いたことがある。
「個人年金の義務化」案だ。


■現状でもこういった制度はある。
自賠責がそうだし、
任意自動車保険や自転車保険を
義務化する動きもある。

現代日本の大きな課題のひとつに
災害対策があるが、
地震や風水害被害への保険を
(あるいは自治体単位で)
義務化してしまうことも考えられる。


■ここではまず、自治体単位での、
地震や風水害被害への保険加入について
考えてみたい。

言うまでもなく、地震や風水害は、
被災地域に甚大な経済的被害を及ぼす。
一方で、地震などは明日起こるか、
数十年間起こらないか、全く分からない。

地震が起こった際、
仮にインフラストラクチュアの復旧を
自治体だけで行なうとすれば、
その自治体は次年度から
いきなり大増税や地方債発行を
しなければならなくなるし、
その大増税はさらにその土地からの
人口流出を加速させてしまう。
(実際は、国からの補助が出るが)


■しかし保険であればそのリスクを
平準化することができる。

すでに同様の試みを行なっている
自治体もあるが、まちまちだ。
住民側から自治体に、
「うちも保険に加入しておいてよ」
という圧力は働きにくい。

一方で、このような大きな影響がある物を、
「(自治体ごとの)自己責任」
としてしまうのは、
そこの住民の保護の観点からも望ましくない。
復旧の遅れが周囲の自治体に
影響が及ぶということからも
避けるべきだ。

これは、国による自治体への
「義務化」のような
形を取るしかないのではないか。


■「自治体と民間企業に任せるのではなく、
国がやればいいじゃん」
ということも考えられるが、
「○○町には○○のリスクが何%、
××のリスクが何%、
この橋とこの道路と…で、
被害額が○億円」
というようなことを、
国が、全自治体について効率的に
算定するのは困難だし、
改善のインセンティヴも働きにくい。
民間企業であれば、
保険料やオプションの販売などでの
競争作用が働くし、
計算のための情報システムの
導入や改良などを通じた、
日々の省力化が見込まれる。
やはりある程度は
各自治体と保険会社に裁量を任せ、
保険会社には競争を促す、
分散型の仕組みの方が望ましい。


■ほかにも「保険の義務化」で
「みんなを致命的被害から救う」
=「社会民主主義」と
「自助努力によって社会を進歩させる」
=「新自由主義」を
両立する方法は、いろいろ考えられそうだ。

これについてはまた次回以降に考えてみたい。

令和元年一〇月一六日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

no image

「女子大生」亡国ではないけど論。

■すでに誰か言っているだろうし、すでに定着した言葉について「おかしい」というのはおかしいのだが、共学に通う「女子大生」という言葉は改めて変だ。 「大生」(だいせい)と言う言葉はなく、「女子大」という言 …

時間&費用考えれば、大学は迷わず通信制だ。

■前々回くらいから再三唱えているのは、 「大学に行くのは無駄。でも大学の勉強は有用。大学卒業資格も強力」 「だから大学に行かず大学の勉強をして大学卒業資格を取ればいい」 「まず、高校に行かず高認試験に …

no image

なぜヒゲオヤジやのび助は和服を着ているのか。

■「鉄腕アトム」が再版される際、手塚治虫は、各エピソウドの冒頭に、作者自身がその作品のポイントを語る場面を追加した。 その中「赤いネコ」の冒頭では、「けっ、未来だってのになんであっしは畳にちゃぶ台で、 …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …