アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

保険の義務化が日本を救う。

投稿日:

■せんだって
「保険加入の義務化」
によって、
資本主義のメリットを維持しながら
各主体を緊急時の
致命的金銭負担から
守ることができるのではないか、
という趣旨のことを書いた。

前回は
「自治体の災害対応保険加入の義務化はどうか」
と書いたけれど、
他にもいろいろ考えられる。

例えば、
「各個人の、
加害者賠償責任保険加入の義務化」だ。


■世の中には、
なにか加害-被害の関係が生じたのち、
「加害責任が認められたのに、
被害者に賠償金が支払われない」
という事例がある。
加害者がお金があるのに支払わない、
という例もあろうが、
支払いたくてもお金がなくて支払えない
場合が多い。
これは双方にとって不幸だ。
あらかじめ保険があれば
この不幸は解消される。
自賠責や自転車保険、自動車任意保険と同様だ。


■「保険があるから
といって危険な行動を取ってしまう」
という、モラルハザードを警戒する声もあろうが、
どうだろうか。

人間、保険があるからといって
そう無茶をしたり、
故意に人を傷つけたりしない。
(また、刑事罰がなくなるわけではない )

自動車運転だって、普通に考えて、
「だいじょぶだいじょぶ、
保険なんか入らなくても、
俺は事故なんておこさねえよ」
という人の方がよっぽどモラルハザードだし、
そういう人はたいがい
「事故起こしちゃったけど
金ないんで補償できましぇん」
となるわけで、さらにモラルハザードである。


■もちろん、こうした
「保険加入の義務化」案には、
いろいろ問題もある。

保険料の支払は国民の負担になる。
もしやるなら減税が不可欠だろう。

また、実際に保険加入・保険料支払を
義務化するのは難しい。
自動車や住居の場合は、
あいだに自動車販売会社や不動産業者がいるし、
車検という関門もあるので
ある程度フィルタリングできるが、
「ふつうに生きているだけで保険」
は実質的強制が困難だ。
これには給与などからの
「源泉徴収」のような形が考えられるし、
「国選弁護人」のような、
「国選(自治体選)保険」を
一時的に指定する方法も考えられる。


■しかし何より危惧すべきは
「保険を義務化しているのだから
助ける必要はない」
「保険加入していない者は
助ける必要はない」
という風潮ができあがってしまうことだろう。

もともと私としては
「みんなを致命的な失敗から守る」
という社会民主主義的な理想を、
「民間保険」という資本主義的な手段で
効率的に実現したいから
主張しているわけだが、
やはりなかなか難しいのかもしれない。

令和元年一〇月一六日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

高校野球の球数制限に、”原理的には”、反対する。

■平成30年の夏は、高校野球が盛り上がった。毎年のことだが今年も何試合も一人で投げる投手が現れ、しかも今年は過去にない暑さだったため、投球過多の問題が、いつにもましてクローズアップされた。 「高校野球 …

「普通の大学」の「体育会系」にいた人たち。

■世の中で「体育会系」という言葉は、 決して良くない意味で使われる。 要は「単純莫迦」であろう。 「気合」や「根性」で何でもできると信じており、 酒、もっとひどいのになると拳で解決する、 時代遅れのマ …

美人税はなぜ導入されないか。

■A「イケ面や美人は 生まれでほとんど決まるが、 イケ面や美人はそれだけで人生得している。 顔によって、金銭的にもだいぶ格差があるようだ。 だから、国が”イケ面税”・&#822 …

no image

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

■なんでも「の秋」をつけるとそれっぽくなるが、実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、秋が一番やりやすい。(「食慾」だけは分からん。春も夏も冬も「食慾の」、である) そしてスポーツも。 競技にもよるけ …

no image

ノーサイドホイッスルの想い出。

■前にも書いた通り、ぼくは一〇歳代の頃、茨城県にある私立中高一貫校にいた。 この学校はラグビーが盛んで、校技扱いされており、部活は全国大会の常連である。ぼくは部活はやっていなかったけれど、授業で週二時 …