アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

保険の義務化が日本を救う。

投稿日:2019年10月16日 更新日:

■せんだって
「保険加入の義務化」
によって、
資本主義のメリットを維持しながら
各主体を緊急時の
致命的金銭負担から
守ることができるのではないか、
という趣旨のことを書いた。

前回は
「自治体の災害対応保険加入の義務化はどうか」
と書いたけれど、
他にもいろいろ考えられる。

例えば、
「各個人の、
加害者賠償責任保険加入の義務化」だ。


■世の中には、
なにか加害-被害の関係が生じたのち、
「加害責任が認められたのに、
被害者に賠償金が支払われない」
という事例がある。
加害者がお金があるのに支払わない、
という例もあろうが、
支払いたくてもお金がなくて支払えない
場合が多い。
これは双方にとって不幸だ。
あらかじめ保険があれば
この不幸は解消される。
自賠責や自転車保険、自動車任意保険と同様だ。


■「保険があるから
といって危険な行動を取ってしまう」
という、モラルハザードを警戒する声もあろうが、
どうだろうか。

人間、保険があるからといって
そう無茶をしたり、
故意に人を傷つけたりしない。
(また、刑事罰がなくなるわけではない )

自動車運転だって、普通に考えて、
「だいじょぶだいじょぶ、
保険なんか入らなくても、
俺は事故なんておこさねえよ」
という人の方がよっぽどモラルハザードだし、
そういう人はたいがい
「事故起こしちゃったけど
金ないんで補償できましぇん」
となるわけで、さらにモラルハザードである。


■もちろん、こうした
「保険加入の義務化」案には、
いろいろ問題もある。

保険料の支払は国民の負担になる。
もしやるなら減税が不可欠だろう。

また、実際に保険加入・保険料支払を
義務化するのは難しい。
自動車や住居の場合は、
あいだに自動車販売会社や不動産業者がいるし、
車検という関門もあるので
ある程度フィルタリングできるが、
「ふつうに生きているだけで保険」
は実質的強制が困難だ。
これには給与などからの
「源泉徴収」のような形が考えられるし、
「国選弁護人」のような、
「国選(自治体選)保険」を
一時的に指定する方法も考えられる。


■しかし何より危惧すべきは
「保険を義務化しているのだから
助ける必要はない」
「保険加入していない者は
助ける必要はない」
という風潮ができあがってしまうことだろう。

もともと私としては
「みんなを致命的な失敗から守る」
という社会民主主義的な理想を、
「民間保険」という資本主義的な手段で
効率的に実現したいから
主張しているわけだが、
やはりなかなか難しいのかもしれない。

令和元年一〇月一六日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

小説のない人生。

■告白しなければならない。 以前この日記で「村上春樹で一番面白いのは『1Q84』!」などと書いた覚えがあるが、何を隠そう、実は私は「1Q84」を最後まで読んでいない。俗にいう「エアプ」と言うやつだ。ご …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …

no image

教師も弁護士も医師も、試験と実習だけでなれるようにしては?

■現在の日本の制度では、基本的に、小中学校教師になるためには所定の大学に行く必要がある。弁護士になるためには、法科大学院に通う必要がある(*)。医師になるためには、医学部医学科に通うしかない。 が、下 …

俺たちはなぜVHSに惹かれるのか。

■かつて、「VHS」という物があった。 単行本くらいの大きさで、中に黒い磁気テープが入っている。 これをレコーダーに入れると、TVを九〇分くらい録画することができる。(画質を落とせば、三倍で録画するこ …

no image

各自治体に災害保険加入を義務化してはどうか。

■現代の日本で大きな対立軸となっているのは、「みんなを致命的被害から救いたい」という社会民主主義的な思想と、「みんなを救おうとすれば自助努力をする人ほど損をするから、自助努力をしなくなる。みんなが自助 …