アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

回想 所感

九〇年代後半、なんか異様に暗い時代があったよな?

投稿日:2019年10月20日 更新日:

■これはなかなか理解してもらえないし、
「世相」などというものを
説得的に判定することはできないのだが、
「一九九〇年代後半、
異様に暗い時代があった」
といったら、
同意してもらえる人はどれだけいるだろうか。

兵庫県南部地震が起き(九五年)、
地下鉄サリン事件があり(九五年)、
警察庁長官が狙撃され(九五年)、
酒鬼薔薇聖斗事件があり(九七年)、
山一証券が自主廃業し(九八年)、
和歌山カレー事件があり(九八年)、
東海村臨界事故があった(九九年)。

「新世紀エヴァンゲリオン」が流行し
(初回放送は九五年)、
「ドラゴンヘッド」や「モンスター」や
「ケイゾク」、「X Files」なんかにも
人気が集まっていたあの頃-。

ちょうど中学生だった私は、
世界は滅びるんだ
という絶望を、本気で抱いていた。



■もちろん、多感な中学生だったから
そんな気分になっただけかもしれない。

その後、上で挙げているのよりも
大きな事件や事故、災害も起きた。

しかしそれでも
「世の中全体がお先真っ暗」
という、あの時と同じ感覚にはなっていない。

その後、同じような気分になったのは
唯一、今くらいだ。
今日、
「この国はもう駄目だな」
という絶望を、
左右を問わず抱いていると思うが、
この感覚こそ、九〇年代後半に
私が持っていた気分に近い。

だから
「お前が九〇年代後半に感じていた
陰鬱さってどんな感じ?」
と知りたいときは、
今のような気分を想像してもらえればいいと思う。

令和元年一〇月二〇日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-回想, 所感

執筆者:

関連記事

no image

茨城県の田舎の景色が本当に残念。

■せんだって、茨城県かすみがうら市・行方市に行った。 「虹のタワー」という塔がある。のぼって、霞ケ浦側を観ると、青い湖水が広がり、なかなかの景色だ。が、反対側を観たとき、ちょっとがっかりしてしまった。 …

現代日本には大臣が多すぎる。普通の閣僚は”卿”を名乗れい。

■律令制下、大臣の定員は二名だった。 よく聞く、”左大臣”と”右大臣”という、あれである。 臨時職として”太政大臣”、&#822 …

no image

なぜヒゲオヤジやのび助は和服を着ているのか。

■「鉄腕アトム」が再版される際、手塚治虫は、各エピソウドの冒頭に、作者自身がその作品のポイントを語る場面を追加した。 その中「赤いネコ」の冒頭では、「けっ、未来だってのになんであっしは畳にちゃぶ台で、 …

なぜ、「個人年金の義務化」が議論されないのか。

■年金が話題になるたびに不思議なのが、(支払額や、支払主体に一定の規制をもたせた、)「個人年金の加入義務化」と「公的年金の(段階的な)縮小」が、ほとんど話題にならないことだ。 ■別にとりたてて突飛な意 …

GAB(言語)はちっとも論理的じゃない。

■採用適正試験のひとつに、GAB(言語)がある。 三、四行の短い「本文」があり、あとに、「設問」がついている。その「設問」が、「本文」の内容と合致するかどうかを判断する、というものだ。 昭和六十三年か …