アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「理系は大学で数学を使わない」説。

投稿日:2019年10月28日 更新日:

■大学の二年生の、
有機化学の講義でだったかと思うが、
教授が雑談の中で、
笑いながら話していたことがある。

「この前の講義後、入学したての一年生に
物理の本を持ってこられて質問されまして…。
どうも理科の先生と勘違いしてるらしくてね。

大学の先生がいかに自分の研究分野以外のことは
何にも知らないかということを
こんこんと説明したら
納得して帰りましたわ」


■これは、謙遜もあると思うのだが、
おそらく真実で、
化学の大学教授は、
別に物理(力学とか)が分かるわけではない。
(分かる人もいる)

そして同様に、
ぼくがちょっと疑問視しているのが、
数学だ。
高校生なんかに先生が、
「理系は大学入ってからも
数学が必須やからな、
今の受験勉強も将来役に立つで」
と、あたかも今やっている勉強と、
「理系が大学ですること」が
直結しているかのようなことを言うことがある。

あれ、怪しい。

理系は大学で数学を使わない


■いや、ごめん、それはさすがにうそ。
正しくはこうだ。

(一)「理系の中にも、
数学を(そんなには)使わない人も分野もあるし、
実は結構多い。」

(二)「特に、
大学受験でやっていることを
日常的に使っている、
と言う人はほとんどいないのではないか」


■上記(一)は、知っている人には自明で、
例えば化学系だと、理論化学を除く、
実験系はほぼ使わない。
おそらく、実験系の研究室の大学教員たちに、
自校の数学の入試問題で合格点を出せる、
という人はほとんどいないのではないか。

他の分野だって実験系はおそらくそうで、
分子生物学の研究者なんかが
日常的に微分積分を計算したりすることは、
ほとんどない。


■もちろん使う分野もある。

理論系のほか、
機械工学や情報学なんかは数学なんかはそうだ。

しかしそこでまた(二)がある。

「中学受験の難問は、
中学入学後は役にも立たない」
「高校受験の難問は、
高校入学後には何の役にも立たない」
のと同じように、
大学受験の難問は、
大学入学後にはあんまり役に立たない。

「大学受験でやっていることをバリバリ使ってる」
という人は、ほぼいないと思われる。


■では数学が必要ないかというと
全然そんなことはなく、
常に必要だ。

しかし必要なのは
(もっと高度な分野まで、)
「一応分かる」
「知ってる」
という力であって、
なんというか、
「入試問題を解く力」
とはちょっと違う感じがある。


■だから、先生が、高校生なんかに語る、
「理系は数学を常に使うから、
今の受験勉強も役に立つ」
と、あたかも、
「受験勉強が将来の研究に直結している」
かのような発言は、
ちょっとだけ方便だ。

理系(の一部)は大学で(受験)数学、使わない。

令和元年一〇月二十八日
明瀬祐介
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)

■とはいえ私は理系分野の研究者について、
実際のところというのをほとんど知らないので、
賛同や「いや、ばりばり使ってるし」
という人がいれば、
下記まで連絡いただければありがたく思う。

-所感

執筆者:

関連記事

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …

「誰でもストイックに集団競技ができる」という点で「部活」は貴重だ。

■ここ数年、「部活」のイメージは、かなり悪くなってしまった。 長時間の練習が、勉強の妨げになる。 無理のある練習で、健康を害する。 中学生・高校生は好きなことを楽しむべきだ。 部活のような強制的な訓練 …

no image

スタンドアロンのネットワーク環境がほしい。

■現在の私はヴィデオゲイムをやらないのだが、大学生のときは少しやっていた。 さらに一〇年以上前の「グランディア」、「ドラゴンクエストV」、「サクラ大戦」。 当時のゲイムは発売から一〇年たっても二〇年た …

保険の義務化が日本を救う。

■せんだって「保険加入の義務化」によって、資本主義のメリットを維持しながら各主体を緊急時の致命的金銭負担から守ることができるのではないか、という趣旨のことを書いた。 前回は「自治体の災害対応保険加入の …

学問研究は、スポーツを見習って商業化せよ。

■前々回、前回と、 「現在、公共事業として税金で行われている学術研究(自然も社会も人文も)の大部分を”民営化”して、研究者たちが自分たちでスポンサーを募ったり、事業を収益化した …