アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

回想 所感

「超難関大学の授業は難しすぎて天才しかついていけない」説はガセ。

投稿日:2019年11月3日 更新日:

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

■時折、ウェブなどで、

超難関大学では
その大学に合格するような人しか
絶対に理解できないような
難解な講義が行われており、
普通の人はついていくこともできない

というような言説を読むことがある。

さらには、

苦労して勉強して
合格したような人では
入学後に苦労するだけで、
一部の天才だけがついていける

というような話すら耳にする。

さて、それは本当だろうか。


■私個人の想い出噺から始めたい。

私が工学部化学系に入学した春、
最初の授業は微分積分学だった。
教壇に立ったのは、
理学部の「おじいちゃん」といえる
年齢の教授。

ε-δ論法が紹介されていた。
一時間ほど進んだところで、
おじいちゃんは
関西イントネーションで
学生たちに問うのだった。

「ここまでで質問ある方いますか。」
(関西イントネーション)

無言の教室。沈黙。

私と同じ化学系の一年生が、
やはり関西イントネーションで質問した。

あの…、
なにをやっているのか
さっぱりわかりません

(関西イントネーション)

私も同じ気持ちだった。


■一方、二〇一一年に
京都大学の入試不正事件の際に
京大在学中の知人が言っていたのは、

まあ京大であっても
入ってしまえばついてはいけるからな

(関西イントネーション)

ということだった。

「日本の大学は
入るのは難しいけど出るのは簡単」
説もまだまだ耳にする。

上記の私の体験談と、
一見して相反するではないか。


■大学の一回目の微分積分学の講義で
挫折した人間が言っても
何の説得力もないのだが、
現在の私は
高校の勉強がさほどできなくても、
超難関大学であっても
授業にはついていける

説を取っている。

さすがに高校の勉強を
全く勉強していない人だと厳しい

特に共通言語となる数学と英語はそうだ
文系科目だと歴史もそうかもしれない。


■しかし、実は、
高校の科目と一部重複するようなことを
やっていて、
大学に入ったところでまた
「よーいドン」
をするような科目も多い。

逆に高校で勉強しているものと
あまりにも隔絶した科目もあり、
(たとえば大学の理科は
一年生向けの科目なのに、
大学の数学を習得してからでないと
理解が難しかったりする)
それも結局高校の勉強が
直結しているわけではない。

前述の微分積分学の授業も、
順番に、丁寧に進んでいけば
理解はできるはずだ。
(これについては、
MITの人が書いた、
こんな記事がある)
https://b.log456.com/entry/20120110/p1


■(良い言葉ではないが)
「学歴ロンダリング」
が多数存在している、
というのが一応の傍証になっていよう。
その大学の入試を通っていなくても
大学院にも入れるのだ。
ましてや学部の
単位習得くらいできる。


■結論としては、冒頭の、
「超難関大学では
その大学の入試に
(余裕綽々で?)
合格するような人しか
絶対に理解できないような
難解な講義が行われており
それ以外の人は最初から
ついていくこともできない」
という言説は嘘で、
高校の勉強を
ある程度きちんと勉強した人なら、
どこの大学に入学しても
(大学入学後の勉強しだいで)
“卒業”はできる


■上記のようなことについて
考えてみたのは、前々回、
「通信制大学に入学・卒業して、
“学歴ロンダリング”
をするのがよい」
と書いたからだ。
これには
「大学入試の受験勉強のために
時間を使わなくていい」
というメリットがある一方、
「入学試験の勉強をしないまま、
大学の学部レヴェルの勉強を
独学でしなければならない」
部分がある。

問題はこれが可能か、
ということで、
結論としては可能だ。
難しいのは、学問内容ではない。
それを「独学で習得する」
ということなのだ。

令和元年十一月三日
アカセ(明瀬祐介)
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/


(つけたり)

■特に理科は、
(大学受験でかなりの時間
勉強しているのに、)
「大学入ってよーいドン」
の側面が強い、
ということは以前にも書いた。

■上記は入学試験の意義を
完全に否定しているわけではなく、
まず実務上の必要性として、
「そりゃ誰でも理解は
できるかもしれないけど、
誰でも入れるわけにはいかないので、
選抜試験を設けている」
というのは理解できる。

また、理系にとっての古典や地歴公民、
文系にとっての理科に関しては、
「確かに入学後に使うことは
ないかもしれないが、
将来どんな立場になるか分からないから
一般常識として知っておいてほしい」
というのも分かる。

が、なんというか
大学の入学試験は、

サッカーの代表を決める際に、
キックベイスの成績で決めることにしているので、
みんな必死にキックベイスの練習をしている

みたいな側面が強い。
それなら最初から
サッカーの成績で決めた方が
サッカーの練習をするしよいと思うのだが。


-回想, 所感

執筆者:

関連記事

あえて、「学術研究に税金を使うな」と言ってみる。

■せんだって、科研費についての記事で、統制経済・「一九四〇年体制」のことについて考えた。 「科研費」という戦時体制の遺物。 ■ところで、この「一九四〇年体制」という言葉を作った野口悠紀雄は、計画経済的 …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …

「懐かしい物についての新しいことを言えなくなった」問題。

■インターネットには、「もう誰も、懐かしいことについての新しいことを言えなくなった」という問題がある。 ■私が高校のとき、二〇〇〇(平成十二)年前後の「2ちゃんねる」では、いろんな「懐かしい物」につい …

無敵の通信制大学、弱点もある。

■前回は、 「大学に通学し、講義を受けることで失ってしまう時間と費用を考えれば通信制大学が圧倒的に得だ」 「若者は通信制大学を選んで、その替わりに得た時間で他の活動を一生懸命するべきだ」 ということを …

一般的な傾向として、高卒は大卒より仕事ができる。

■いつの時代も”就活”についての議論は盛り上がる。 特に今年は経団連の、例の採用活動時期のルール変更があり、いろんな人がいろんなことを言っている。 私も少し書いておきたいのだが …